就活の髪型はどんな風にするべき?おすすめ髪型7選

就活は人生を大きく変えることになる人生の中でも重大な活動です。就活の際にはスーツや靴などそろえて、身ぎれいな姿で挑むと思います。そこで重要になるのがヘアスタイルです。

学生の時には自由にしていたヘアスタイルも、社会人らしく清潔さのあるヘアスタイルにしなければ面接の際によい印象を与える事が難しいといわれています。就活の時、面接官によい印象を与える髪形を理解しておくべきです。

就活の髪型、抑えるべきポイント紹介

就職する、つまり社会人になる際の面接は人生を大きく変える時間となります。就活では髪形も重要な要素となる事です。就活の時、自分が納得できるファッション、なっとくで切るヘアスタイルにしているかどうかで、面接官への対応も違ってくると思います。就活している自分が、ファッション、ヘアスタイルなどの身だしなみを整え、自信をもって就活できるようにしていれば、面接の結果も違ってくるはずです。

どのようなヘアスタイルにすべきか理解しておくことが、希望する就職先に雇用される大切なポイントともいえます。押さえておくべきポイントを理解しておくべきです。カラー、形、それに利用するヘアピンやヘアのまとめ方などを理解しておくと、面接のとき、焦ることなく対応できると思います。就活の髪形について自分に似合う、しっくりくるものを選択すべきです。

髪に顔がかからないようにセットして!

髪の毛がぼさぼさした印象だったり、だらしない印象になるとやはり面接する方もいいイメージを持たないと言えます。そのため、髪の毛がなるべく顔にかからないようにまとめていくことがポイントです。

男性の場合、耳に髪の毛がかかるようなヘアスタイルを避けるべきですし、女性もきちんとしたイメージを作ることが必要となります。髪の毛が顔にかかっているとだらしないイメージになるのでしっかりカットしてすっきりしたイメージを作るべきです。

髪が長い女性は必ず縛りましょう

ロングヘアが自分の魅力と思っている女性も、就活の際にはしっかり縛っていくとスッキリした印象になります。流行りの「こなれ感」などは面接で必要とならないため、きっちり後れ毛などを出さずまとめるのがポイントです。

就職先がアパレルなどの場合、少し崩し目でおしゃれなイメージを出しておく方がいいといわれていますが、事務職、営業職などの場合、マイナスになります。しっかりと縛り、だらしないイメージにならないようにすべきです。

前髪も顔にかからないように


前髪がなく目が見えにくいと相手の表情がわかりづらくなります。面接官はその人の表情をみながら面接するため、前髪が長いと印象が悪くなるのです。

前髪が長い時にはカットする、もしくはピンでしっかり留めるようにします。目がスッキリ見える方が印象もよく、特に女性はおでこが見えている方が知的に見えるといわれているようです。

黒髪が必須です


いまどき黒髪なんて・・・と思う方も少なくないと思いますが、茶髪はイメージが悪くなります。面接のときには黒髪が基本、カラーリングしていない自分の髪の毛の色で臨むべきです。

今かなり髪の毛が明るいカラーになっている場合、黒髪に戻す、もしくは染めます。黒髪でしっかりまとめておくとスッキリした印象でさわやかです。

就活の髪型、お手軽に出来るのは?

就活の際にどのような髪形をすればいいのか?迷う方は非常に多いと思います。学生から社会人になる時、すっきりイメチェンする人が多いのは、ヘアスタイルが就活に重要という事を理解されているからです。髪の毛の色などは染めていくとして、ロングヘアの場合にはまとめていくことが必須です。

ただまとめ方がわからない、どんな風にすれば印象が良くなるか知りたいという場合、お手本を参考にするといいと思います。学生気分から抜け出すために、すっきりショートにしてもいいと思いますし、髪の毛を縛る、またすっきりとまとめ髪にしていくことが必須です。

やっぱり鉄板ポニーテール


ポニーテールといっても、高さのある華やかな印象のポニーテールではなく、低めの位置にまとめるポニーテールが理想的といわれています。前髪は長い方は横分けにしてワックスである程度固めておき、耳のあたりでピンを留めるとスッキリします。

ポニーテールの位置は生え際から少し上くらいにきっちりまとめ、耳を必ず出すように作ると美しくスッキリ完成です。後れ毛などがでないように軽くスプレーをしておき、特に前髪は崩れて落ちてこないようにスプレーしておくときれいに仕上がります。

耳にかけてさっぱりショートに


ヘアスタイルがショートの方もボブスタイルで結べないという人も、耳を見せる事でさわやかな印象です。耳を出すと「きっちり」した感じになるので、就活の時には必須と思っておきます。ショートの方でも前髪が長い場合、横わけでまとめてピンでしっかり固定しておくときちんとした印象です。

ショートの方は意外と耳をだしていない方もいますが、耳が隠れているとだらしないイメージに見えることもあるので、ワックスをつけて耳にかけスプレーで押さえておくとキレイに見えます。ボブの方も耳にかけてスッキリ見せるようにすると印象がよくなるはずです。

ヘアピンを使って前髪を分けると大人っぽい

前髪があるとどうしても子供っぽい印象になります。大人っぽくスッキリした印象にしたいという場合や、前髪を伸ばしかけている方などは、ヘアピンを利用し前髪を分けておでこを出すと知的なイメージです。

ヘアピンはいろいろなカラーのモノがありますが、就活の時には黒、こげ茶等の髪の毛の色に近い物を利用します。おしゃれにみせるという意味で利用するのではなく、きっちりまとめるという意味で利用するピンです。

就活の髪型おすすめ髪型

就活の時、思い切って髪の毛を切る方もいます。学生から社会人になる時、気持ちを変えるためにもロングからショートにする方も多いようです。

就活の際にはおしゃれというより面接官に清潔な印象を与える事が必要となるので、あとでアレンジできるように切っておくと、面接が終わってからも素敵な状態にできます。@ポイントは「さわやか」「知的」です。

シルエットが綺麗に決まるボブショート


ショートでもボブショートにすると就活後、アレンジもできて大人っぽくイメチェンできます。後ろにボリュームを持たせるボブショートは知的なイメージです。

下に向かって少しグラデーションがあるショートボブなら、耳に髪の毛をかけるとショートカットのように見えます。就職してからはカールをつけたり、前髪をポンパドールにしたり・・・楽しめるヘアスタイルです。

出来る女風なゆるふわショート


ゆるふわショートにするにしても、面接に行くときにはまとめていくべきですが、緩めにパーマをかけたボブ、ショートはアレンジしやすくおススメになります。前髪が長い方は前髪ごとゆるふわにパーマをかけておくと、まとめやすいヘアです。

ゆるふわを活かしたアレンジをするなら就活、面接後、内定が決まってからにします。就活前も、就活後もアレンジできるヘアスタイルです。

耳掛けショートで真面目さアピール


ごく普通のボブも耳にかけるだけで真面目、知的に見えるのでボブスタイルは便利なスタイルになります。顎のラインくらいの長さのショートボブでも、肩にもう少しでかかるくらいでも耳にしっかりかけると真面目な衣装です。

耳を見せると顔廻りがスッキリするので、さわやかに見えるのも面接にプラス印象となります。前髪が長い人は横わけにしてピンでとめて面接に挑むようにすべきです。

お団子アレンジもOK!


お団子をする場合にはプライベートシーンでしていた高めの位置のお団子ではなく、低めの位置にお団子を作ります。後れ毛などはなるべく出ないようにして、耳がしっかり見えるようにすべきです。

ゆるふわ、こなれ感があるお団子、メッシーバンなどが流行していますが、面接のときにはしっかりしたイメージのお団子の方がいいと思います。きっちり作りすぎるのが嫌な人はお団子を作る時にピンを使わず、ゴムだけで作るときっちりしすぎず知的です。髪の毛を低めの位置で結び、最後に髪の毛を抜ききらずに輪を作るようにしておき、残った髪の毛でゴムを隠すようにクルクルとまいてゴムに髪の毛を入れ込みます。

ハーフアップも最適!


ハーフアップはOLさんたち御用達の髪形ですが、ハーフアップも面接に行くときには、髪の毛を引き出してこなれ感を出すなどせず、しっかり目にアレンジする事がコツです。緩み感を出すとおしゃれですが、面接には不真面目な印象を与える事が多いと思います。

ハーフアップする位置も高くせず低めの位置にすると落ち着いた印象です。耳をしっかり出すことが面接の際のポイントになります。

就活の髪型を作る時の注意点

就活の時には普段おしゃれをするときとは気持ちを切り替えて、社会人としてだらしなく見えない、生活感のあるファッション、ヘアスタイルを考えなくてはならないのです。個性を出すことが必要な業界もありますが、一般的な企業の就活という場合にはやはりどこに行っても恥ずかしくない格好が求められます。

就活の際に作る髪型についても、きちんとした印象で学生っぽさが抜けていることが基本です。そのため注意すべき点なども多くなります。

ワックスやスタイリング材の使い過ぎNG


学生の時にはワックスやスタイリング剤などヘアスタイルに合わせていろいろと利用していたと思いますが、就活の際にはこうしたものを利用しすぎると真面目なイメージにならないのであまり使わないようにすべきです。この子はチャラい子だな・・・と思われることもあります。

ただ女性でロングヘアの人はおくれ毛が出ないようにしたり、前髪をしっかりまとめるとき、ワックスを利用することが多いです。この時、つけすぎたりしないように適度につけることが必要になります。

面接会社の社風に合わせて髪型を変えるのも良し

面接の際に企業によっては個性を出すべきところもあり、その場合、髪形をチェンジすることも必要です。アパレルの場合、「私服で来るように」と指定されることもありますし、社風が自由なところは個性を見るということもあります。

トレンドを感じさせないごく普通の就活ヘアというよりも個性重視ということなら、アレンジを崩していくことも考えるほうが安心です。最初に通常の企業、あとから社風が自由なところという場合、最初の面接を終えてから次の目説の前に、こなれ感を出すようにします。

髪の毛を結んでいる人は髪の毛を少しずつ引き出してこなれ感を出す、逆に最初が個性を見せたい企業なら次の企業の際に、髪の毛を結びなおす、耳をしっかり出してピンでとめるなど即席アレンジを行うこともできるはずです。

ヘアピンは1、2本にしておきましょう


ヘアピンを利用する場合、前髪、耳元など1本から2本程度にしておくと真面目な印象に見えます。ピンが目に付くとやはりいい印象にならないので、2本以上利用したいという場合でも、見えないような工夫をすべきです。耳元も奥のほうに入れると目立ちにくくなります。

髪の毛を後ろでまとめる場合も、ピンを利用するよりゴムでシンプルにまとめるほうがいいのでお団子を作る時にも、ピンではなくゴムに丸めた毛先を入れ込むようにするとシンプルで真面目な印象です。ピンを利用する場合には、黒、2本、多くても3本程度とすること、これを基本と考えておきます。

ヘアゴムは必ずシンプルな物を選ぶ

ヘアゴムも黒、こげ茶、紺色などの暗めの色を選択し、こちらもシンプルに利用することが必要です。間違ってもキラキラなゴムや飾りがついたゴムはしないようにします。太めにおゴムはちょっと目立つので、細めのゴムを利用するほうがいいようです。

細めのゴムを利用すると髪の毛でゴムを隠したいときにもきれいに隠すことができます。太めのゴムだと目立ちますし、髪の毛が立ちやすいので目立ちます。そうならないようにシンプルで細めの黒ゴムを基本と考えるといいようです。

毛先が汚いと小汚くみえる


髪の毛が傷んでいると不潔に見えるので、髪の毛がかなりあれているという場合、美容院でカットする、もしくは面接の前、プロにヘアトリートメントしてもらうほうがいいと思います。プロにヘアトリートメントしてもらい、丁寧にブロウしてもらうとツヤが出て本当にきれいに仕上がるのです。びっくりするくらいに違いがあるので、面接前に予約してブロウ、また就活用のまとめ髪にしてもらってもいいです。

毛先が汚くなっていると非常に不潔に見えますし、真面目さを感じないこともあるので、髪の毛の傷みにも気を遣うほうがいいといわれています。気になるようなら社会人になるということもありますので、カットしてヘアスタイルをチェンジしても素敵です。

ふけなどが無いか徹底してチェック!

意外と盲点となっていますが、就活で着用するスーツは濃紺や黒など暗い色が多いので、ふけなどがかなり目立ちます。肩にふけのような白いものが落ちている人も多く見かけるので、ふけにも要注意です。

面接会場に入る前に一度化粧室に行きます。そこで女性はお化粧のチェック、男性、女性とも、髪の毛の乱れのチェック、ふけなどがないかチェックします。面接会場には余裕をもって・・・といわれているのは、こうした身だしなみのチェックをゆっくりできるからです。髪の毛、服装、お化粧をしっかりチェックできると、面接の前にも少し余裕をもって対応できると思います。焦ることがないようにチェックもしっかりできるように余裕をもって面接会場に向かうようにすべきです。

まとめ

学生から初めて就活するというとき、経験がないことなので多くの方が緊張し、どのように対応していくべきかしっかり考えること必要になります。ヘアスタイルは特に、就活の際に大きなポイントとなることなので、ヘアスタイル、まとめ方、マナーなどしっかり理解しておくべきです。

面接官の方がよしと思える身だしなみで行くことで、安心して面接を受けることができます。就活の基本的なこととしてヘアスタイルについても学んでおくことも必要です。