洗顔ブラシは肌に悪い?肌に負担をかけないための使い方とは

洗顔ブラシは、いつもの洗顔では落とすことができない毛穴の詰まりや角栓、古い角質などをきれいにとって、つるつるの肌にしてくれると評判です。しかし、その一方でブラシを使ってデリケートな顔の肌を刺激することから、肌にダメージを与えてしまうのではという不安があって使用を躊躇しているという方もいるでしょう。

そこで、洗顔ブラシは本当に肌に悪いのか、洗顔ブラシの使用を控えた方がいい人、洗顔ブラシの正しい使い方などについて解説します。

洗顔ブラシは肌に悪い?

まだ一度も洗顔ブラシを使用したことがない方にとっては、ブラシで顔の皮膚をこするというイメージが強いことから肌を傷つけてしまうのではないかという不安があるでしょう。

普通の洗顔では落とせない汚れなどを効果的に洗い流すことができる洗顔ブラシは、使い方を誤ると肌に悪い影響を与えることも事実です。どのようなことを避けるべきなのかについて説明します。

洗顔料を泡立てないのはダメ

洗顔ブラシはどんなに質のいいものでもそのまま肌に使用すると摩擦によるダメージを与えることになります。事前に濡らしてから洗顔料を十分に泡立てて肌の上を滑らかに滑らせるようにすることが大切です。

洗顔料が泡立たないまま使用する洗顔料の粒子で肌を傷つけることになります。なるべくたくさんの泡を立ててから使用するようにしましょう。

ゴシゴシ洗いすぎるのはダメ

肌を清潔に保つための洗顔も洗い過ぎは逆効果となります。洗顔ブラシは先端の細い毛によって毛穴の奥の汚れまで除去することができます。

優しく撫でるように使用するだけで効果は得られるため、ゴシゴシと力を入れて洗い過ぎると肌を傷つけることになります。長時間の使用も肌にダメージを与えることになるため避けましょう。

使いすぎはダメ

洗顔ブラシは汚れや皮脂などを落とす効果が高いものであるため、毎日使用すると肌のバリア機能に必要な皮脂を奪ったり、肌に負担をかけたりすることになります。

毎日の使用は避けるとともに、1回当たりの洗顔にかける時間も長くなり過ぎないようにしましょう。特に、高速の振動を発生させる電動タイプのものは長時間の使用によるダメージが大きくなります。

洗顔ブラシが合わない人もいる

洗顔ブラシは肌にダメージを与えないように、なるべく柔らかくて細く毛の密集したものを選ぶようにすることがポイントとなります。肌触りのよさとともに短時間で洗顔できるので、肌への負担を軽減することにもなります。

どんなに質の高い洗顔ブラシを使っても、毛先で刺激することによって肌トラブルが生じる敏感肌の方もまれにいます。洗顔ブラシが肌に合わない場合は無理して使用しないようにしましょう。

質の悪い洗顔ブラシもある

洗顔ブラシの毛の素材には化学繊維や動物の毛などさまざまな種類があります。価格が高いからといって一概にいいとは言えませんが、中には質の悪い洗顔ブラシもあります。

汚れや古い角質を落としてツルツルの美肌を目指す目的で洗顔ブラシを使用するのに、質の悪いブラシで肌の状態を悪化させることもあるため注意が必要です。

洗顔ブラシを使わない方が良い人


洗顔ブラシは手指で洗顔するよりも汚れや古い角質などをすっきり落とすことができますが、万人に向いているアイテムとは言えません。

敏感肌の方などは、洗顔ブラシを使用することで肌トラブルが悪化することも考えられます。どんな方が洗顔ブラシの使用を控えた方がいいのかについて説明します。

敏感肌な人

敏感肌の方は、洗顔料や基礎化粧品が肌に合わないだけでも赤みや炎症、発疹などができることがあります。

化学成分などの刺激だけでなくブラシで肌をこするなどの物理的な刺激によっても肌トラブルが生じることがあるため、洗顔ブラシの使用は控えましょう。無理して使用すると炎症などが顔全体に拡がってしまうおそれもあります。

乾燥肌の人

洗顔ブラシを使用すると古い角質と一緒に一部健康な角質を剥がしたり、肌のバリア機能に必要となる皮脂まで除去してしまったりすることがあります。

乾燥肌の人は、洗顔ブラシを使用することによってさらに乾燥したり、逆に過剰に皮脂が分泌されたりすることがあるため控えた方がいいでしょう。

ニキビなど肌荒れがひどい人

肌のターンオーバーのサイクルが乱れたり、食生活や生活習慣の乱れやストレスなどで肌荒れや大人ニキビができてしまったりすることがあります。

このような場合は、添加物が入った洗顔料を使うだけでも刺激が大きいため悪化させることになります。洗顔ブラシで刺激を与えることも避けましょう。

洗顔ブラシの正しい使い方

洗顔ブラシは、皮脂汚れや古い角質など、一般的な洗顔ではなかなか落とせない汚れをすっきりと取ってくれます。しかし、洗顔効果が高いだけに誤った使い方をすると肌に大きな負担やダメージを与えることになります。

肌のダメージを軽減しつつ洗顔ブラシの効果を最大限に発揮できる正しい使い方について説明します。

洗顔料はしっかりと泡立つものを使う


手指を使った洗顔、洗顔ブラシを使用した洗顔を問わず、洗顔料はよく泡立ててから使用することが大切なポイントとなります。ゴシゴシこすって摩擦で汚れを落とすのではなく、泡で汚れを浮かせて吸着して除去することが目的となります。

洗顔ブラシは毛先がスムーズに肌を滑ることができるよう、洗顔料はしっかりと泡立つものを使用するようにしましょう。

先にメイクを落として顔は濡らしておく

洗顔ブラシを使用する際には、摩擦による肌のダメージを防ぐために、使用する前にぬるま湯を使って顔を濡らしておくようにしましょう。ブラシも洗顔料をよく泡立たせるためにも濡らしておきます。

メイクしているまま使用すると、ブラシが汚れて雑菌が繁殖するだけでなく、洗浄成分と化粧品の成分が混ざった状態で洗顔することになります。クレンジングでメイクを落としてから洗顔ブラシを使いましょう。

洗顔ブラシは使用前と使用後にしっかりと洗う

洗顔ブラシは、顔の隅々まで毛先が届き、マッサージしながら汚れをしっかりと落としてくれます。肌を清潔に保つことで肌トラブルを解消しようというアイテムであるため、ブラシ自体が不衛生だと逆効果となります。

使用後はきれいに洗って乾燥させるとともに、使用する前にも洗ってから洗顔料をつけるようにしましょう。

顔に押し付けるのではなく優しく洗う

肌の黒ずみやざらつき、毛穴の詰まりなどが気になるとついゴシゴシ力を入れて洗顔してしまいます。洗顔ブラシは、細い毛の先端が肌をマッサージするように汚れをかきだして除去する作用があるため、力を入れ過ぎると肌を傷める可能性があります。

ブラシが肌に垂直になるようにして、優しく滑らせるように洗うようにしましょう。力を入れて押し付けても効果に差がないばかりか、肌トラブルの元となります。

最初は週1~2回から

初めて洗顔ブラシを使用する人にとっては、たとえ柔らかい毛のブラシであっても肌に与える刺激は大きいものとなるため、毎日使い続けることは避けなければなりません。

最初は週1~2回程度から始めて肌を慣らしましょう。普通に使用できるようになっても毎日の使用を避けて、週2~3回程度にとどめるようにすると肌へのダメージを軽減することができます。

肌を傷めない洗顔ブラシの特徴

洗顔ブラシが毛穴の汚れや角質などを落とすのに効果があるとわかっていても、躊躇してしまう人のほとんどが洗顔ブラシによって肌を傷めるのではないかと悩んでいるからでしょう。

洗顔ブラシにもさまざまな種類があるため、肌を傷めない洗顔ブラシのポイントさえ押さえれば、不安やストレスもなく美肌を目指した洗顔ができます。

毛が柔らかい

洗顔ブラシのブラシには化学繊維や動物の毛、シリコンなどさまざまな素材が使用されています。毛が硬いとそれだけ肌を刺激して傷つける可能性が高くなるため、敏感肌の方でなくてもなるべく柔らかいものを選ぶことが大切です。

価格は高くなりますが、ファンデーション用としても世界的に使用されている熊野筆などを選ぶと、肌触りのよさとともに肌への過度な刺激を避けることができるでしょう。

毛の量が多い

洗顔ブラシの毛の量が少ないと肌に当てたり、滑らせたりする時間を長くしないとしっかりと汚れを落とすことができません。ついつい使い過ぎてしまって、肌へのダメージが大きくなることがあります。

なるべく毛が柔らかく毛の量が多くて密集した洗顔ブラシを選ぶと、洗顔にかける時間も短くて済み、肌へのダメージを軽減することができるでしょう。

肌が弱い人は電動は避ける

電動タイプのブラシは、スイッチを入れて肌に当てるだけで音波振動などによって超高速な振動の力によって肌の奥の汚れをかきだしてくれます。

片手に持って肌に当てるだけで楽に使えるものですが、ついつい使用時間が長くなってしまいがちになるとともに、敏感肌の方にとっては肌への負担が大きいものとなるので注意が必要です。

良いブラシでも不衛生だと意味がない

柔らかく毛量が多い質の高い洗顔ブラシを選んでも、ブラシが不衛生であれば肌には逆効果となり肌トラブルを引き起こす原因にもなります。

使用後はきれいに洗ってよく乾燥させ、雑菌が繁殖しないように注意することが必要です。たまにクレンジング剤などを使って洗うと清潔に長く使うことができます。

まとめ

洗顔ブラシは、柔らかな毛の先端が肌を滑らかに滑ることによって手指での洗顔では落とすことができない、毛穴に詰まった汚れや皮脂、古い角質などを落とすことができます。しかし、肌をブラシで刺激することになるため、使い方を誤ると肌に悪い影響を与えることになります。

肌にダメージを与えずに洗顔ブラシを効果的に使用する方法を理解して、肌トラブルを起こしにくいツルツル美肌を目指しましょう。