ポニーテールの上手な巻き方とかわいく見せるコツ&アレンジを伝授!

今回は、可愛いポニーテールを作る方法を画像付きで詳しくご紹介します!

ご紹介するのは、下記の5つ。

・基本的なポニーテールの巻き方
・外国人風!ゆるめポニーテール
・可愛らしいローポニーテールの作り方
・ミドルポニーの作り方
・ビジネスウーマンにオススメ!ハイポニーテール

詳しくみていきましょう!

結んで巻くだけ!ポニーテールの基本的な巻き方


画像引用元:latte

ここからは、ポニーテールの作り方を画像付きで詳しく解説します!まずは、髪を結んでから巻く簡単なポニーテールの作り方から解説します。

ポニーテールをする

まずは、ポニーテールを作りましょう。

一般的に綺麗に見えるポニーテールの位置は、耳の高さより少し上くらい。明るくて華やかな印象になります。

最初にポニーテールをすることで、仕上がりを見ながら髪を巻くことができ、仕上がりが決まりやすくなります。

ポニーテールにした部分を4等分に分ける

4等分に束を巻けて巻くことで、ふわふわ感を出しましょう。感覚でいいので、4つに分けて1つの束ずつ巻いていきます。

束の外側二つは外巻き、内側は内巻きに巻く

巻く方向を変えることで、より柔らかい雰囲気が出る仕上がりになります。

顔に近い内側の方の束は内巻きに、外側は外巻きに巻いていきます。

数分待ち、巻いた部分をほぐす

コテで巻いた後のカールは、熱で巻かれたあと、熱が冷めることでクセがつきます。なので、しっかり熱が冷めるまで待ってからほぐしましょう。

巻きが取れやすいという方は、軽く丸めた手で髪が冷めるまでカールを包んでいると、より巻きが定着します。

外国人風なルーズなポニーテールの作り方


画像引用元:latte

ここからご紹介するのは、「外国人風のルーズなポニーテール」です。柔らかく女性らしい雰囲気が出るのが魅力!詳しく見ていきましょう。

コテ、スタイリング剤、ピン、ゴムを用意する

ルーズなポニーテールは、しっかり固定しないと崩れやすいです。固定できるよう、スタイリング剤やピンを必ず用意しましょう。

後ろ、左右の毛を簡単に巻いていく

全体的に巻いていきます。仕上がりはゆるめを目指したいので、きっちり巻かなくてOK。簡単に巻いていきましょう。

毛先、表面中心にスタイリング剤をつける

ゆる巻きをキープしたいので、全体的にスタイリング剤をつけていきます。

手ぐしで毛をまとめ、もみあげをおくれ毛で出す

スタイリング剤をつけたら、手ぐしでゆるく毛をまとめ、1つに結びます。もみあげあたりからおくれ毛を出しましょう。

後頭部よりやや上で結ぶ

ポニーテールの位置は好みによりますが、ゆるめで作りたいなら低めがおすすめ。

後頭部の少し上くらいでゆるく結ぶと、仕上がりは抜け感のある低めポニーテールになります。

ゴム下部分の毛を出し、ボリュームやたるみを出していく

結び目より下の部分を少し出しましょう。崩れない程度に少したるみを出すことで、こなれ感を演出できます。

ゴム上の部分も同じようにボリュームを出す

ゴム上部分も、少し毛をつまんで頭頂部を中心にボリュームを出しましょう。

後頭部にボリュームが出るだけで、おしゃれ感が出て垢抜けます。

毛先の部分をゴムの部分に丸め、ピンで留める

ポニーテールから少し毛を摂って、結び目に巻きつけます。ゴムが隠れるので、おしゃれな見た目に。

おくれ毛の部分をコテに巻きつけ、形を作る

最後に、おくれ毛を巻きましょう。くるくるコテに巻きつけることで、ゆるく綺麗なおくれ毛ができます。

スタイリング剤で整える

これで完成です!ゆるめポニーテールは崩れやすいので、この形をキープできるようにスプレーなどでしっかり固めましょう。

巻き髪が可愛い!ローポニーテールの作り方


画像引用元:latte

巻き髪とローポニーテールの組み合わせは、大人っぽさが出るスタイル。ビジネスシーンや大人っぽいファンションスタイルにオススメです!

髪を全体的に巻く

最初に、髪を巻いておきましょう。

巻き具合は、好みでOK!ワンカールだとナチュラルで上品な雰囲気に、ミックス巻きにすれば華やかな雰囲気になります。

左右をいじらないようにしながら、髪を結ぶ

顔まわりの毛は残しておいて、低めのポニーテールを作りましょう。

耳の部分の毛を被さるくらい引き出す

ポニーテールができたら、耳の上の髪をつまんで引き出します。

耳に覆いかぶさるくらい、少しで大丈夫。ここで出しすぎてしまうと、崩れやすくなってしまいます。

トップの髪を数回引き出す

次に、トップの髪も耳の上の毛同様につまんで引き出していきます。

この毛をつまんで引き出す工程を行うことで、抜け感がでてこなれた印象になります。

サイドの毛をゆるく巻く

最後に、サイトの髪をゆるく巻けば完成です!キツく巻いてしまうと「頑張ってる感」が出てしまって垢抜けないので、あくまでゆるく。

ミドルポニーの作り方

 


画像引用元:latte

ミドルポニーは、高すぎず低すぎないちょうどいい高さのポニーテール。明るく可愛い印象になるミドルポニーの作り方を見ていきましょう。

髪を全体的に巻く

ミドルポニーは、一般的によく見るポニーテール。

まず最初に、全体的に髪を巻きます。内巻きと外巻きの両方を混ぜるミックス巻きがおすすめです。

横をピシッとさせることを意識し、耳より少し高い部分に結ぶ(おくれ毛はもみあげのみ出す)

ポニーテールが一番綺麗に見えるのが、耳より少し高い位置と言われています。

ただ、しっかり結ばないと崩れやすいポニーテールでもあるので、ゴムが緩まないようしっかりピシッと結びましょう。

おくれ毛はもみあげ部分の毛のみ出します。

キャリアウーマンにおすすめ!ハイポニーテールの作り方


画像引用元:latte

高めのポニーテールは、より元気で明るい印象に。巻きを弱めにすればビジネスにもちょうどいいスタイルです。作り方を見ていきましょう。

髪を全体的に巻く

最後にご紹介するのは、キャリアウーマンにおすすめのハイポニーテール。目の位置と同じくらいか、それより少しの高めのポニーテールです。

ハイポニーテールも、まずは全体的に髪を巻きましょう。

もみあげの毛を出すように、頭の上の部分を少しだけかき集め結ぶ

ハイポニーテールを結ぶときのポイントは、最初に上の部分をかき集めること。下からまとめようとすると、上の方でまとめるのが難しくなってしまいます。

上から全部をかき集めたら、1つに結びます。

頭の上の緩みの部分を生かし、少しだけ引き出す

ポニーテールができたら、耳の上、頭の上部分をつまんで少し引き出しましょう。

ポニーテールの位置が高くなると、しっかりした印象になるのでビジネスにピッタリです。

まとめ

ポニーテールは、色々なアレンジがあります。

そのため、色々なスタイリング方法を理解するとTPOやファッションに合わせたポニーテールを作ることができるのでおすすめ!

今回ご紹介したスタイリングをぜひ試してみてくださいね。