タレ目のアイラインはモテメイク♡基本の引き方をご紹介!

タレ目はふんわりとした柔らかな雰囲気を持つ特徴的な目元。「優しそう」「可愛らしい」という印象を引き出してくれる強い味方ですので、ぜひアイラインの力を活用して、更なるタレ目の魅力を引き出していきたいところ。

ここでは、

についてまとめてみました。

タレ目の魅力とは

こんな目元を手に入れたい!目元パックの効果
中には「つり目が良かった」と思うタレ目さんもいることでしょう。しかしタレ目の魅力は実に数多く、つり目にはない女性ならではの表情がたくさん生まれます。アイラインの引き方は、まずタレ目の持つ可能性を知ってから覚えていきましょう。

甘く可愛らしい表情

タレ目と言えば、目尻が釣り下がって優しそうな印象がありますよね。ふんわりと甘くて、可愛らしい小動物的な表情を生むことができます。思わず男性が「守ってあげたい」と思うような、か弱くていじらしい顔つきになることがほとんどです。

「甘くて可愛らしい」と言えばピュアなイメージが強いですが、これは小悪魔系にもおフェロ顔メイクにも活かせる特徴。とろけるような目元が、特有の色気も持っています。

キュートでモテ顔になれる

タレ目の持つ最大の魅力が「キュートさ」です。つり目だとキリッとした美人顔になることが多いのですが、タレ目にはキュートで甘い、少女のような印象に導く力を持っています。キュートな顔を好まない男性はほとんどいません。隣に立つと尚一層可愛く見える、そんなモテ顔になれるのです。

美人よりキュートな方が、男性も身近に感じやすいので、アタックもされやすいのが特徴。アイラインとタレ目を組み合わせれば、男性が女性に対して抱くような、憧れのヒロイン顔に変身できます。

タレ目メイクのアイラインに使う道具


タレ目のアイメイクには、どんなアイライナーを使えば良いのでしょうか?テクスチャーや実際に引く時のことを想像しながら、おすすめのアイライナーについて見ていきます。

ペンシルはアイメイク初心者でも使いやすい

鉛筆のような書き心地のペンシルライナーは、アイラインを引くのが苦手な人でも使いやすいおすすめのアイテムです。タレ目メイクにはいろんなアイラインの引き方がありますから、使いやすいペンシルタイプで、いろんなラインに挑戦できますね。

アイメイク慣れしていない初心者さんには特におすすめ。芯が柔らかくて線を引きやすいアイライナーを選びましょう。

リキッドアイライナーはアイラインが引きやすいのでおすすめ

メイク崩れやラインがよれるのが気になる人は、肌に密着しやすいリキッドアイライナーがおすすめです。ペンシルタイプと違って、より細くて正確な線を引くことができますので、アイラインでいろんな表情を引き出したい人には最適です。

リキッドライナーは色が濃いイメージがありますが、ブラウン系など色の薄い物を選べば、ナチュラルメイクにも十分適用します。

タレ目メイクのアイラインの引き方


タレ目の魅力が分かったところで、さっそくタレ目さんに似合うアイラインの引き方をチェックしていきましょう。

まつ毛の隙間をアイライナーで埋めていく


タレ目と言えばキュートでナチュラルな印象だからこそ、目の存在を主張することが大切。まつ毛とまつ毛のすき間をアイライナーで少しずつ埋めていくことで、瞳や目力がアップします。一本線で引くラインよりも、まつ毛の生え際を繋げていくような細いラインになるように意識しましょう。

目尻に少し下がり気味のラインを2~3mm入れる


タレ目の魅力である下がった目尻を、アイライナーでさらに主張しましょう。目尻に少しだけ下がり気味のラインを、目尻から2~3mm程度入れることで、よりタレ目の視線が活かされます。目尻にいくに従って、少しずつ線を濃く太らせていくと、尚目力がアップしますよ。

下まぶたの目尻をアイシャドウでぼかす


目尻までしっかりアイラインを引いた後は、下まぶたの目尻にアイシャドウを乗せるのもおすすめです。目尻をアイシャドウでふんわりとぼかすことで、女性らしいナチュラルで包容力のありそうな、優しい目元に演出されますよ。

失敗しないタレ目メイクのコツ


タレ目メイクをしようとすると、思った以上にアイラインが悪目立ちしてしまうことがあります。タレ目メイクで思わぬ失敗をしないために、こんなコツを掴んでおくと安心です。

目の際からアイラインを離さないように引く

アイラインが目の縁からズレてしまうと、大変悪目立ちします。目の際からアイライナーが離れないように、慎重にラインを引いていきましょう。上まぶたは少し指で持ち上げるなどして、目のキワをなぞるように細くゆっくりラインを引いていきましょう

もちろん下まぶたも同様に、目のキワを細くなぞってください。

目尻からのラインを少し下げる

目尻までラインを引いたら、ラインを少しだけ下向きに伸ばしましょう。タレ目さんは下がり気味な目尻を強調することで、セクシーさや可愛らしさに磨きがかかります。短めにしておくとナチュラルな印象に、少し長めに引くと切れ長のセクシーな印象になります。

ただし角度が急すぎたり、不自然に伸ばし過ぎな目尻のアイラインは、メイクが悪目立ち原因になってしまうので要注意。

アイラインを引くときの姿勢に注意する

奥二重さんのアイラインの引き方・メイクのポイントとは?
アイラインを引くときは、鏡に向かって猫背になったり変な姿勢にならないように注意。ラインが曲がりやすくなります。上まぶたのアイラインを引く時は目線を下に、逆に下まぶたのアイラインを引く時は上目遣いになるようにすると、まぶたがアイラインを引きやすくなっておすすめです。

鏡を置く場所やドレッサーの位置も調整してみると、アイメイクがしやすくなりますよ。

黒目の上のラインはアイシャドウでぼかす

黒目の上のラインは、瞳の大きさを強調する上で欠かせません。ただしアイラインばかりに頼りすぎると不自然な印象になるので、黒目の上に引いたラインはアイシャドウでぼかして、シャドウを少し縦長に入れるのがおすすめです。瞳が大きくて丸い目の、可愛らしいタレ目メイクが完成しますよ。

タレ目メイクに似合うアイラインカラー


タレ目な人のアイメイクは、アイラインのカラー次第で印象が大きく変わります。どんなカラーでどんなタレ目メイクに仕上がるのか、おすすめのアイラインカラーをご紹介。

ブラウン系は柔らかい印象のタレ目

ブラウン系のアイライナーは、まぶたや瞳の色と上手くマッチして、ナチュラルで優しげな印象になります。温かみのあるタレ目さんには特に似合う印象ですね。ブラウンベースのこげ茶色やベージュ色など…ブラウン系のアイライナーを試してみてください。

ちなみに肌の色やアイシャドウの色、瞳の色などとアイライナーのカラーを合わせるのもおすすめです。

ブラック系は目力のあるタレ目

ブラック系のアイライナーは、使いようによっては力強い目元を演出してくれます。か弱い・甘い・キュートなタレ目の印象を払拭したい人は、ブラック系のアイライナーでキリッとしたクールさを取り入れても良いですね。

ただしブラック系のアイライナーは、線を太らせ過ぎたりずらしたりすると、大きく悪目立ちしてしまいますので要注意。上手く使えば印象的なタレ目メイクが完成です。

ボルドー系のアイラインは女性らしさがアップする


赤味のあるボルドー系のアイラインは、目元や目尻に血色感を与え、温かみのある優しい女性らしさを演出してくれます。華やかで可愛らしい印象になることはもちろんですが、色気のあるセクシーで高級感な目元にも変身できちゃいます。

目の中央と目尻でアイライナーのカラーを変える、という方法もあります。目尻にだけ引かれたボルドーのアイライナーは、女性としての魅力を大きく引き出してくれますよ。

まとめ

可愛いメイク・ナチュラルメイク・セクシー系メイク…どんな印象にもできちゃうのがタレ目の良いところです。アイラインの引き方やアイライナーのカラーを複数使えば、毎日違った印象のメイクが楽しめますよ。タレ目な人は、ぜひタレ目ならではのメイクを楽しんでください。