アイラインでナチュラル感を引き出すコツ!アイライナーの種類と特徴

目元の印象はその人の印象に直結するといわれるほどに重要な存在です。そのため、アイメイクに特に時間をかけて準備をおこなう女性は多いものですが、様々な方法があるアイメイクの中でもアイラインを重視する女性も多いものです。

しかしながら、アイラインは引き方によっては印象が左右されるため、どのように引くべきかで悩む女性もまた多いのです。そこで、ここではナチュラル感を引き出すアイメイクについてご紹介していきます。

ナチュラルに見えるアイラインの引き方

目のメイクの中でもアイラインをどのように引くのかによって、顔の印象は大きく変わってきます。そのため、アイメイクにどうこだわるかが自分の見た目を決めるともいわれるために、女性の誰もがこのポイントを意識してメイクをしています。

また、いかにもメイクをしているという形ではなく、自然体のメイク顔に仕上げたい場合には特にアイメイクの引き方には注意が必要ですから、独特の引き方に関してルールを覚えておきましょう。

まぶたを引っ張りながら目尻から中央へ引く

アイラインを用いてナチュラルな目元を作り上げたい場合、アイラインの引き方にもこだわりをもっておきたいものです。そして、アイラインの基本的な引き方の部分でも、独自の方法をとっておきたいのですが、ナチュラルさを意識する場合にはまぶたを引っ張る形で、目尻のほうから中央に向かって引いていくことを意識しましょう。
この引き方がまったく逆という女性も存在していますし、どのようなメイクを目指すのかによってはそれが正解となりますが、ナチュラルさを意識する場合には目尻から目頭へと引いていくのが正しい方法となっています。

リキッドアイライナーでまつ毛とまつ毛の間を埋める

自然な目元を演出する際、アイラインをしっかり引くよりも、まつ毛の隙間をリキッドタイプのアイライナーなどで埋めていく意識を持つことも大切です。つまり、線を引くというよりも点をつなげていく感じです。これによってまつ毛に馴染むラインが完成して、結果的にナチュラルで違和感のない目元ができあがる可能性が高いといわれているのです。

アイライナーといえば線を引くものという印象が強いはずですが、タイプによってはこうした使い分け方もできますので、リキッドアイライナーを使用してナチュラルな目元を意識しましょう。

目尻は長く伸ばし過ぎない

ナチュラルさを重視した顔に仕上げたい場合、アイラインの引き方のポイントとしては目尻を長く伸ばし過ぎないことを心掛けてください。パッチリした目を作り出したいと考える場合、目尻を長くしている女性も多いものです。

たしかに目尻から長く伸びたアイラインは目元をハッキリとした印象にさせるほか、顔の中でも目の印象が強くなります。しかし、それは逆に言えばいかにもメイクをしている感じが他人にも伝わるということです。つまり、目尻を必要以上に長く伸ばさないことはナチュラルな目元を作り上げるために大切なのです。

目尻部分を綿棒でぼかす

アイラインのメイクにおいてナチュラルな印象を打ち出したいのであれば目尻をぼかすというテクニックも使ってみましょう。人それぞれですが、アイラインを引く際には引いたらそれで終わりにしている女性もいますが、アイラインを引いたあとのひと手間でより自分を美しく魅せられる可能性があるので覚えておきましょう。

そして、ナチュラルな目元を作るためには目尻部分に引いたアイラインを綿棒などを使用してぼかすような形にすると、境界も曖昧になって自然体の目元になるといわれていますので試してみてください。

特徴で選ぶアイライナーの種類

アイラインを引くためにはアイライナーを使用することとなるわけですが、このアイライナーには様々なタイプのものが存在しています。

そして、様々なタイプがあるということは当然ながらそれぞれのアイライナーには特徴があります。もっと言えば長所も短所もありますので、それぞれの特徴を把握した上で自分に最適なアイライナーを選んでください。

ペンシル・・初心者でも引きやすい

アイライナーには様々なタイプがありますが、その中でも最もポピュラーな存在ともいわれているのが、ペンシルタイプのアイライナーです。このペンシルタイプのアイライナーは使用しやすいアイテムでもあるため、初心者であっても扱いやすいといわれています。

メイクが初めてという若い世代の女性も多用するアイテムですが、こうした方々であっても気軽に思い通りのラインが引けるともいわれています。そのため、アイライナーを自在に操って自分の思い通りのアイラインを引きたいと考えている際にはペンシルタイプのアイライナーに興味を持ってみましょう。

ジェル・・細いラインを引ける

アイライナーを引く際、細いラインを引きたいと考える場合もありますが、このようなシーンで役立つといわれるのがジェルタイプのアイライナーです。

ナチュラルな仕上がりを期待する際には特にこうした細いラインが重宝するわけですし、細いラインのおかげで自然な仕上がりを目指すことも可能となります。だからこそ、ジェルタイプのアイライナーは手元に置きたいアイテムのひとつともいわれています。

リキッド・・柔らかなテクスチャー

ナチュラルさを意識してのアイライナー選びをおこなう際にはリキッドタイプのアイライナーも重要な存在になります。柔らかいテクスチャーが期待できるといわれるのがリキッドタイプのアイライナーです。そのため、見た目にも自然な仕上がりを期待することができます。

また、細かいメイクにも向いているといわれていますので、自然な仕上がりを期待しつつも美しい仕上がりを目指したいというような場合にも、このリキッドタイプのアイライナーは重要な存在になってきますし、ナチュラルメイクをおこなう上で重宝する存在になってきますので、ぜひ手元に置いておきたいものです。

ナチュラルメイクにおすすめのアイライナー

ナチュラルで自然な仕上がりを期待してアイラインを引く際には、アイライナーにも強いこだわりを持っておきたいものですが、アイライナーとして存在する製品には多種多様なものがあります。

そこで、これからナチュラル感にこだわってアイライナーを手に入れたいと考えている女性におすすめのアイテムをここではご紹介していきます。参考にして今後のメイクに有効活用してください。

ケイト アイライナー アイフレームデザイナー


リキッドタイプのアイライナーとペンシルタイプのアイライナーがひとつになったアイライナーがこちらの「ケイト アイライナー アイフレームデザイナー」です。

極細の筆として使用できるペンシルタイプのアイライナーは上まぶたなどに使用でき、リキッドタイプのアイライナーは下まぶたなどに愛用することが可能となっており、上下からのアイメイクによって目元の美しさを際立たせることができ、尚且つナチュラルな仕上がりにも期待することが可能といわれています。

さらに、一つで二役をこなしてくれるため、持ち歩きの面でもありがたいアイテムといわれていますし、値段もリーズナブルなのでその点でもありがたいアイテムといわれています。

フローフシ モテライナー


アイライナーを使用する際、自分で書いたとおりに書けなかったり、書いたラインがにじんでしまうなどして、結果として思っていたような仕上がりが期待できないということもあります。その点、「フローフシ モテライナー」はありがたいアイテムといわれています。

こちらのアイライナーは滲まないというのが特徴のひとつなので、自分が思った通りに動いてくれて、思いのままに書けるというアイテムです。さらに落ちにくいのも特徴のひとつなので、アイメイクを長時間維持させたいと考えている女性にとっても重宝するアイテムになるといわれています。

ラブ・ライナー リキッド アイライナー


アイライナーを使用する上で耐久性や使用のしやすさも大切なポイントとなってきます。その点、「ラブ・ライナー リキッド アイライナー」は耐久性が優れたアイテムといわれていて、汗や皮脂などによるメイク落ちを防いでくれるアイテムといわれています。

さらに、速乾性があるアイライナーなのでラインを引いてすぐに乾いてくれるアイライナーでもあります。滲んでしまうことが防げるためにラインがキープされ、ナチュラルながらも美しい目元をキープできるといわれています。

カネボウ ケイト ダブルラインフェイカー


極細のペンシルタイプのアイライナーでありながら、ふたえのラインを書き足して大きな目元を印象付けられるといわれるアイライナーが「カネボウ ケイト ダブルラインフェイカー」です。ナチュラルさにこだわりつつも大きな目元で好印象を残したい、美しさをアピールしたいという思いがあるのであれば、こちらのペンシルタイプのアイライナーで目元を彩ってみてください。

しっかりラインが引けるものの、極細のペンシルタイプのアイライナーなのでそれがメイクではなく、まるで影のような印象になりますので、自然な仕上がりを期待する方にとってもありがたいアイテムといわれています。

まとめ

アイラインはその引き方によってナチュラルにもそうではない仕上がりにもなります。そのため、ナチュラルにこだわりたいのであれば、ぜひアイライナーにこだわり、日々のメイクを少しずつ変えていきましょう。

ナチュラルな仕上がりを維持できれば、メイクをしている感じを周囲には受け止められず、素顔がきれいな女性という印象も与えることが可能といわれています。そのため、こうした自分を手に入れるためにもアイライナーにこだわり、自然な目元を作り上げていくようにしましょう。