簡単ハーフアップのやり方とアレンジ特集8選

ちょっとしたお出かけや、デート、結婚式に出席するときや、パーティーなど、おしゃれをして出かけたいときには、ヘアスタイルもかわいくアレンジしたいものです。しかし、ヘアアレンジは手が込んでいて、自分ではできないと思っていませんか。実は簡単にできて、仕上がりは華やかにできるヘアアレンジのテクニックはたくさんあります。ヘアアレンジを身につけておけば、急なお出かけにもすぐに対応できるので、ぜひチェックしてみてください。

基本の簡単ハーフアップのやり方

ブラッシングをして髪を整える

まずハーフアップをするときに大切なのが、ブラッシングをして髪の毛を整えておくことです。絡まっている部分があったり、指やブラシがスムーズに通らないと、なかなかアレンジがしにくいだけでなく、髪の毛が切れてしまったり、抜けてしまう原因になります。髪の毛のダメージも少なく、きれいな仕上がりにするためにも、ヘアアレンジを行うときには、必ずブラッシングをして、髪の毛の状態を整えておきましょう。

前髪を残して、耳から上の髪を後ろ手一つにまとめる

ハーフアップの基本は、耳の上の髪の毛を後ろで一つにまとめることです。このときのポイントは、前髪を残すことです。前髪が短い人は、前髪とサイドの毛との区別がつきやすいものですが、前髪が長い人は丁寧にパーツ分けをするとよいでしょう。前髪も一緒にまとめてもOKですが、落ち着いた雰囲気に仕上がるのでかわいらしいアレンジがしたいときには、前髪を残すほうが良いでしょう。

くるりんぱアレンジやアクセをつけるなど、アレンジを加えて完成

ハーフアップをするときに、取り出したサイドの髪の毛を後ろで一本にまとめるだけでなく、少しアレンジを加えると、おしゃれな雰囲気に仕上がります。ハーフアップで簡単にできるテクニックが「くるりんぱ」です。

「くるりんぱ」とは、一本にまとめた毛束をヘアゴムで留めたら、ゴムを少し下に下げて毛束を二つに裂きます。毛先の方から、最多部分に通して、毛先をしっかりと広げてゴムを固定したら出来上がりです。上から通した時と、下から通した時で、仕上がりの雰囲気がかわるのも面白いポイントです。簡単にできるアレンジなので、忙しい朝のお仕度時間にもパパっと出来るテクニックです。

ゆるふわ巻きなどは髪を結ぶ前に行う

ハーフアップにする時には、残った襟足の髪の毛をふんわりと巻いておくと、よりガーリーで華やかな雰囲気に仕上がります。ゆるふわ巻きなどをする時には、ヘアアレンジを行う前に巻いておきましょう。髪の毛を結んだあとでは、根元のほうまできれいに巻くことができなかったり、アレンジをした部分は巻くことができないので、巻いてある部分と巻いていない部分の差が目立ってしまいます。

くるりんぱを使った簡単ハーフアップアレンジ

簡単清楚系ハーフアップくるりんぱ

簡単なハーフアップアレンジとして「くるりんぱ」がおすすめです。毛先を束ねたヘアゴムの根元を割いて通すだけという、とても簡単なアレンジです。留めたら毛先を崩したり、毛束を少し引き出したりして、ボリュームを出すと、より華やかな雰囲気に仕上がります。シンプルなアレンジで、清楚感のあるハーフアップアレンジができます。

ウェーブ巻きと合わせるとふんわり可愛い

ハーフアップくるりんぱは、ウェーブ巻との相性がばっちりです。全体をふんわりとしたウェーブ巻にしたら、サイドの髪の毛をざっくりととり、後ろでまとめたら、くるりんぱをします。仕上げに結び目周辺や、髪の毛の根元など、少しずつ毛束を緩めて抜け感を出したら、全体的にふんわりとした印象で、かわいい仕上がりになります。

ねじりと合わせてお呼ばれにもピッタリ

ハーフアップアレンジで、くるりんぱとねじりのテクニックを合わせると、とても華やかな仕上がりになるので、お呼ばれにもピッタリのスタイルができあがります。トップの部分を少量取って、後ろでまとめたらくるりんぱをします。サイドの髪の毛はねじりながら同じように後ろで一つにまとめます。全部の毛束を一つにまとめて、ヘアゴムやヘアピンをヘアアクセサリーで隠せば完成です。

ショートにもおすすめスタイル

ショートヘアーや伸ばしかけの髪の毛でも、簡単にアレンジできるのが、くるりんぱの魅力です。少し多めにサイドの髪の毛をとって、後ろでまとめたらくるりんぱをします。これだけでボリュームたっぷりな、サイドヘアーのアレンジができるので、髪の毛の長さが短い人でも、おしゃれで華やかなアレンジをすることができます。簡単なアレンジなので、自分でもできるのがうれしいポイントです。

ハーフアップ簡単ゆるふわアレンジ集

結婚式にもピッタリの華やかウェーブハーフアップ

結婚式に出席するときに、意外とお金がかかるのがヘアアレンジです。ヘアセットの料金が意外と高額で、美容室に行くのをためらってしまう人もいるでしょう。くるりんぱやねじりのテクニックを身につけておけば、簡単に自分で華やかなヘアアレンジをすることもできます。全体をゆるふわ巻で仕上げると、華やかな雰囲気になるので結婚式などのお呼ばれにもピッタリな仕上がりになります。

ロープ編みと合わせてゆるふわアレンジ

上級者のテクニックの一つが、ロープ編みです。三つ編みよりも緩い雰囲気になるので、ボリュームアップした仕上がりになります。ロープ編みは、三つ編みよりも簡単です。編みたい部分の髪の毛を二つに分けて、二本の毛束を左右交互にねじっていくだけです。ロープのような編み目ができるので、毛先を止めたら毛束を緩めたり、少し引き抜いたりして抜け感を出すと良いでしょう。

リボンヘアがキュート

キュートな仕上がりになるのが、リボンヘアです。髪の毛を使って、リボンの形にまとめることで、ヘアアクセサリーを使わなくても、華やかにかわいい仕上がりとなります。ヘアアクセサリーと違い、自分の髪の毛でリボンを作るので、可愛らしくなりすぎず、大人でも可愛いものが好きで、リボンを使いたいという人にも、馴染みやすいのでおすすめです。

サイドの毛束を細くとったら、輪っかを作って、中心を根元の毛束を少量取って巻き付けます。ピンなどを使って、しっかりと固定したら、輪っかの部分の髪の毛の量や、輪っかの大きさを整えて出来上がりです。髪の毛の長さが必要なアレンジなので、ロングヘアーお人におすすめです。

ゆるふわハーフアップお団子

個性的なアレンジをしたいという人は、ゆるふわハーフアップお団子がおすすめです。サイドの髪の毛を後ろでまとめたら、その髪の毛を3~5本のパーツに分けて、回しながら根元に巻き付けていきます。固定したら毛束を少し取り出しながら、緩めていくことで、ふんわりとしたお団子が出来上がります。毛先をほぐしたり、トップの毛束を少し出して抜け感をだすと、おしゃれな仕上がりになります。

まとめ

いかがでしょうか。普段ヘアアレンジをしない人でも簡単にできるアレンジばかりなので、お出かけやお呼ばれの際には、いつもと違ったヘアスタイルを楽しんでみるのもよいでしょう。簡単にできるのに、見た目はとても華やかになるアレンジは、いろいろなシーンで役に立つでしょう。