大人かわいいツインテールオススメアレンジ12選!

ツインテールは子供の髪形と思っている方が多いと思います。確かに幼稚園、小学校の女子がツインテールにしている姿をよく見ますし、よく似合っていると感じるスタイルです。

でも作り方によって大人可愛く仕上げることもできるアレンジの多いスタイルとなります。アレンジ方法を理解すると幅広い楽しみ方があり、シーンによって利用でき便利です。

大人かわいいツインテールアレンジ

タレントさんなどでもある程度の年齢でツインテールのアレンジを楽しまれている方がいます。森ガール的な洋服にもよく似合いますが、上品なスタイルにも合うアレンジです。

作り方によってキュートにも大人っぽくも仕上げることができるツインテールは大人もしてほしいアレンジの一つになります。くるりんぱ、波巻きなどを組み合わせて楽しんでほしいです。

三つ編みもどきのツインテールアレンジ

トップからツインテールにして三つ編みしているアレンジです。ツインテールでも耳の横、その上のほうに作ると子供っぽくなりますが、後頭部に近い位置に作ると子供っぽさを感じさせないスタイルになります。

ツインテール三つ編みの一番下にわざと玉ねぎ風の人こぶを作っているのがキュートです。三つ編みの毛を少しずつ引き出すと華やかな印象になります。

くるりんぱを合わせたボリュームアップスタイル

これもツインテールをトップ、後頭部近くから作っているアレンジです。編み込みも大きくランダムに編み込んでいるので作りこみすぎないのがトレンドを感じさせます。

ちょっと髪の毛にツヤ感を出しても今風ですし、クシャっとした感じに作るほうがより今年らしい雰囲気です。後れ毛もサイドの髪の毛もちょっと残したり、無造作に作ったイメージになると大人でも全く違和感がないツインテールになります。

ウェーブ巻きを合わせて大人ガーリーに

耳の下くらいの低めの位置にツインテールを作っているスタイルです。ツインテールを作る前にアイロンで波巻きして軽くウェーブが付いているのが大人を感じさせます。

トップとサイドの髪の毛をランダムに引き出してこなれ感のあるアレンジです。このアレンジなら大人可愛いスタイルになります。

連続くるりんぱを合わせて

耳の低い位置でツインテールにして、くるりんぱを2回施しただけでも、ヘアアレンジをしっかり行ったイメージがありキュートです。きゅっと詰めてくるりんぱしてもかわいいのですが、あえて緩く編むと大人イメージになります。

くるりんぱをゆるめに2回繰り返し、髪の毛を少しずつ引き出しニュアンスをつけるのです。前髪が長い人は横に流すようにするか、アイロンであらかじめカールをつけておきます。

かわいいツインテールはパーティーシーンにもピッタリ

ツインテールというと中学校くらいまでの女子が学校にしていくヘアスタイル、アレンジと思いがちです。でも作り方によってパーティなど大人のシーンにも活躍してくれます。

逆毛を立てたり、ロープ編みを組み込んだり、お団子を作ってもキュートです。ヘアアクセなどを準備しておくとさっとアレンジできます。

ロープ編みを使ったキュートアレンジ

ロープ編みを利用したキュートなスタイルですが、子供っぽくなりにくいアレンジです。ツインテールの位置が低いことと、トップ、またロープ編みをした部分の髪の毛を引き出すことでゆるふわになり子供っぽさが少なくなります。

左右を二つに分けてさらに上下に分けロープ編みし、うなじ近くになってからツインテールにし、髪の毛を少しずつ引き出して完成です。ふんわりしたイメージになるので甘さがあっても子供っぽい感じが少なくなります。

ツインテール編み下ろしアレンジ

ツインテールにして編み下ろしする際も、ツインテールが膨らまないように作ると甘くなりすぎない大人アレンジです。ツインテールがウサギの耳のように浮き上がった状態になるのはゴムをきゅっときつく絞って根元が上がるからです。

サイドの耳の上あたりから下に向けてボリュームが出すぎないように編んでいく編み下ろしなら浮き上がることもなく大人っぽく仕上がります。編んでから髪の毛を少しずつ引き出してこなれ感を作り完成です。

リボンヘアと合わせて華やかに

キュートなイメージだけどパーティなどにもしていけるツインテールアレンジになります。髪の毛を二つに分けてトップから編み込み、耳くらいの位置で結び、最後に毛束を抜き切らずにわっかを作り、その輪を二つに分けてリボンのようにして完成です。

髪の毛で作るリボンを大きめに作るとキュートさが増します。甘さを抑えたい時にはリボンを小さく作ると大人女子的なイメージです。

お団子アレンジ

ツインテールをお団子にしたアレンジになります。きっちり二つに分けるのではなくサクッと無造作に髪の毛を分けてから、目のラインくらいから編み込みし、耳の下まで来たらお団子を作ります。お団子は最後に毛先をゴムから抜き切らずにわっかにして、ゴムを隠すようにくるくる巻いて隠して出来上がりです。

お団子を少し崩したり、後頭部あたりの髪の毛を引き出すと無造作なイメージがさらに強くなり今風になります。サイドの落ちてくる毛はアイロンで巻いておくとかわいいです。

セルフで出来る、かわいいツインテールアレンジ

セルフでも凝った作りに見えるツインテールアレンジがあります。アレンジをいくつか覚えておくと、いろいろなシーンで活用できるので便利です。

ただ毛先を巻くというぶきっちょさん向けのアレンジもあります。トレンドとして作りこまないというポイントがありますので、少々崩れ気味のほうがかわいいのです。

毛先を巻くだけアレンジ

不器用さんでもできるツインテール楽々アレンジは毛先を巻くだけという超簡単なアレンジになります。ツインテールを好きな高さで作り、甘さを強調したい場合、アイロンでくるくると縦巻きして完成です。

大人っぽくしたいなら、低めの位置、耳の下くらいで結び、毛先だけをくるっとカールするようにアイロンします。カールのつけ方でイメージが変わるので、いろいろ試してみると楽しいと思います。

たまねぎヘアーアレンジ

こちらも楽々できるツインテールのたまねぎヘアアレンジです。耳の上、少し後ろ気味にツインテールを作り、ゴムを絞って根元が浮き上がるようにします。

ゴムで結んだ3㎝から5㎝くらいのところにゴムを結びゴムをつかんでゴムの根元を分けるようにギュッと引っ張りたまねぎのような形を作り、これを3回くらい繰り返して完成です。長さがない人は2つ、長さがある人はたまねぎが4つくらいできます。

編み込みを合わせた簡単お下げ

学生さんなどにお勧めのアレンジはトップから編み込みをして耳の後ろ、低めに根元が浮き上がらないように下に引っ張りながらゴムをつけます。お下げですが、編み込みをしているので複雑なイメージのアレンジです。

編み込みも覚えてしまえば簡単にできるようになります。段が付いていて髪の毛をうまく結べないという人も、編み込みができるといろいろなアレンジが可能です。

清楚な四つ編みスタイル

三つ編みよりも太さを出すことができる四つ編みのツインテールになります。髪の毛の長さがある程度ないとできませんが、ボリュームが出て通常の三つ編みとはまた違うツインテールアレンジです。

ツインテールをするときに耳の横にもっていくとかわいいイメージ、後ろにもっていくと少し大人っぽくなります。太さのある四つ編みがキュートなスタイルです。

まとめ

ツインテールもアレンジを入れるとすっきりさせたり、華やかなイメージにできます。アレンジ次第でイメージを大きく変えることができるのです。

複雑に見えても実は編み込みや三つ編みなどを入れているだけという簡単スタイルもたくさんあります。不器用さんでもやってみると案外簡単にできるのです。