ハーフアップのやり方のコツや、簡単アレンジのやり方紹介

お嬢様的な印象にもできるし、作り方によってはキュートな印象、大人っぽい印象にも作ることができるハーフアップは、今多くの女性が楽しむアレンジとなっています。後ろに髪の毛の一部を結ぶだけというアレンジになるので、楽にできるアレンジです。

作り方によって雰囲気を変えることができるので、いろいろなアレンジを覚えておくと幅広いアレンジを楽しむことができます。基本的な方法も含めて理解しておくとよりアレンジが楽しくなると思います。

簡単なハーフアップのやり方のポイント

ハーフアップのやり方はそんなに複雑ではないので誰でもできるアレンジです。覚えてしまえば時短アレンジとなるので便利に活用できます。

基本的なハーフアップの方法を覚えてからアレンジの方法を覚えることでより、アレンジも楽しくなるはずです。基本から理解して何度も行ってみるといいと思います。

髪をしっかりととかしてワックスをつける

どのアレンジでも同じですが最初にしっかりと髪の毛をとかしておくことが必要です。髪の毛をしっかりとかすことでワックスやスタイリング剤を利用しやすくなります。

ワックスをつけるときにはべったり全体につけるのではなく、少量利用するとうまくアレンジしやすくなるようです。水でワックスを少し溶かしてからも見込むようにつけると髪の毛にボリュームが出てアレンジしやすくなるので、慣れていない方は濡らして利用するとうまくいくようです。

クシを使ってハーフアップ部分と残す部分をブロック分けする

クシを使ってハーフアップする部分と下におろす分をブロック分けします。慣れてくるとブロック分けしなくてもすんなりできるようになりますが、最初はしておくほうがやりやすいようです。

ブロック分けするとき、クシの先、とがっているほうを利用してすくうようにして髪の毛を分けるとうまくいきます。ブロック分けしておくときれいなハーフアップができるのです。

ヘアゴムを使って結ぶ

ブロック分けしたハーフアップするほうの髪の毛をきれいにまとめてゴムで結びます。ボリュームをトップ、後頭部に出したい時には、いったんゴムで結んでからゴムの裏側、頭部に近いほうの下を引っ張ることでうまくボリュームをつけることが可能です。

うまくいかない方は一旦ハーフアップをしてから、ボリュームを付けたい部分の髪の毛を少しずつ引き出してボリュームを付けます。基本的にはヘアゴムを利用するだけでハーフアップという形はできるので、そこからアレンジを考えることが可能です。

アレンジを加えるとより一層可愛く仕上がる

ゆるふわにカールをつけたり、ねじりや三つ編みを利用するなどしてアレンジを加えることで、ハーフアップがより華やかになったり、キュートな印象になります。

アレンジ方法を理解して髪の毛に施すだけで、ハーフアップはイメージを大きく変えることができるのです。幅広い年齢の方々に利用できるヘアスタイルなので、覚えておくとお子さんにも活用でき便利だと思います。

きれいなハーフアップのやり方を身につけるコツは?

ハーフアップが作れるようになるとだんだんきれいに作りたいと思うようになってくる人が多くなるようです。ただハーフアップをしているというだけではなく、きれいに作っているなと思われるためにはコツ、ポイントを理解することが必要になります。

巻く、またスタイリング剤などをうまく活用するときれいに作ることができるので難しく考えることはないのです。そのコツを紹介します。

髪を巻いたり三つ編みを足してアレンジをすると大人可愛い

ハーフアップを作る前に髪の毛をアイロンやコテで巻くと作りやすく、うまくまとめることが可能です。髪の毛が軟かい人はアイロンで巻いてからワックスやスタイリング剤を使って髪の毛に空気を入れるようにも見込んでおくとうまくできます。

スタイリング剤もつけすぎるとべたついた印象になるので、少量ずつつけていくのがコツです。ワックスもつけすぎることが多いので、最初は水など利用して薄めて使うとうまくいきます。

ヘアアクセが違うと雰囲気が変わる

うまくハーフアップを作れるようになってもう一工夫したいという場合、ヘアアクセをつけてアレンジしてみるのも素敵です。ヘアアクセもクールなものからキュートなもの、また個性あるものがたくさん販売されています。

つける位置を低くしたり、わざとずらして付けても楽しいアレンジです。ヘアアクセをいくつか持っているとアレンジの幅も広がります。

スタイリング剤をタップリ使いましょう

濡れ感を出したアレンジも流行しているので、ハーフアップをつくってからスタイリング剤を利用して濡れ感を出すのも今風です。少し多めに利用するといつもと違うイメージが作れます。

スタイリング剤もカール専用や固めるタイプ、そのほかにいろいろなタイプがあるようです。自分の髪質を理解し、どんなイメージにしたいかによって使う量を考えるとイメージに近くできると思います。

髪の長さ別!ハーフアップアレンジのやり方

ハーフアップはショートでもミディアムでも、またもちろんロングでもできるアレンジです。髪の毛の長さ別にアレンジ方法を理解しておくと、お子さんの髪の毛や友人の方にしてあげることもできます。

ショートでもキュートに作ったり、クールな雰囲気に作るなどいろいろアレンジ可能です。方法を理解し様々なシーンに活用していくとアレンジはもっと楽しくなります。

ショートにおすすめ!フィッシュボーンハーフアップ!

ショートでもかわいくハーフアップしたいときに試してほしいスタイルです。トップ部分からフィッシュボーンを編んでいく簡単スタイルになります。

フィッシュボーンを細かく編んだり、緩めに編んだりするとイメージを変えることも可能です。フィッシュボーンができない場合には編み込みでアレンジするとかわいく作れます。

リボンヘアハーフアップのやり方

ロングヘアの方はいろいろなアレンジを楽しむことができますが、自分の髪の毛を利用してリボンを作ってしまう個性あるアレンジです。サイドの髪の毛を後ろにねじりながらもっていき、ゴムでとめてからリボンを形作るとうまくできます。

ワックスだと柔らかくなってリボンの形を作るのが難しいので、スプレーなどで固めつつ行うときれいなリボンを作ることが可能です。リボンの太さを太くすると非常に印象的なスタイルになります。

編み込みを合わせたハーフアップスタイル

トップの少し下くらいから両サイド編みこみをしていき、両サイドを合わせてから三つ編みするアレンジです。編み込みしていないトップの部分の髪の毛を少しずつ引き出すとこなれた印象になります。

おろす髪の毛もランダムにコテでゆるやかに巻くとゆるふわなイメージが簡単に出せるアレンジです。伸ばしかけのミディアムの方も、この方法ならかわいくハーフアップができます。

カジュアルさが魅力のハーフアップお団子

ハーフアップの変わり種、カジュアルな雰囲気がいっぱいの楽しいハーフアップお団子です。髪の毛をラフに分けて手櫛で高いところにもっていきお団子を作ります。

大き目のバレッタなどでとめると印象的でキュートです。残りの髪の毛をアイロンで緩く波打たせておくとよりキュートに仕上がります。浴衣などにも似合うスタイルなので夏場、試してほしいアレンジです。

くるりんぱで簡単ハーフアップ

レトロな雰囲気を出せるくるりんぱとハーフアップのアレンジも素敵なイメージになります。少し高めの位置でハーフアップしてくるりんぱしてから、残りのサイドの髪の毛を編み込んでハーフアップのいちにもっていくアレンジです。

大き目のリボンやバレッタなどを付けてもいいですし、細いカチューシャを2本つけしたりしてアレンジを楽しめます。おろす髪の毛はストレート、また内巻きくらいにしておくと、ハーフアップ部分が際立ちレトロなイメージ満載のアレンジです。

まとめ


男性も前髪をピンでとめたり、カチューシャをするなど、ヘアスタイルのおしゃれを楽しまれています。女性はよりセルフアレンジがうまくなり、街を歩く女子たちのアレンジは目を引くものがあるのです。

可愛くしたい、いつもとちょっと違う簡単アレンジを試したいときハーフアップは最適だと思います。アレンジをいくつか覚えておくと便利です。