「いいな」を届けるWebメディア

CM 感動

2017年07月20日 更新

【運命は変えられる】身長156cmのバレエダンサーが教える、持って生まれた「自分自身」の乗り越え方

頑張れば人は変わることができるーー。

そうは言っても身長や声など、自分のDNAによって形成された部分を変えるのは難しいこと。

でも、決して不可能ではない。

そんなことを教えてくれるのが、SK-ⅡのCMに起用された日本人バレエダンサー「倉永美沙」さんです。

倉永美沙さん

彼女は日本での成功をきっかけに、世界的にも有名なサンフランシスコ・バレエ団に抜擢されたものの、1シーズンで解雇。

母国では有名で実力もあると評されていた彼女の活躍を阻んだのが、156cmの身長。

小柄な、いわゆる「アジア人らしい」体格でした。

倉永美沙さん

DNAはいつも私を支配しようとする。

黒い瞳を通して、世界を見る。

華奢な腰つきが、動きを抑制する。

平たい目鼻立ちが、感情を隠してしまう。

足は、優美に舞うには、短すぎる。

体格は、目立つには小さすぎる。

しかし、彼女は諦めませんでした。

倉永美沙さん

でも、こんなDNAの支配に、私はもう惑わされない。

彼女はニューヨークのスクールで体の正しい使い方を学び直し、素早い動きを身につけることで華奢であるが故にと思われていたダイナミックな表現ができる動きを習得。

もちろん、ただ頑張るのではなく、「人の2倍は努力しなければ」と、一心に練習したそうです。

倉永美沙さん

傷ついたプライド、自分よりも若く、高い身長を持つ人たちに囲まれての練習…並々ならぬ努力や精神が必要だったと思います。

でも、彼女はやり遂げた。鏡の中の自分に向かって、「私はできる」と繰り返し、世界でも著名なボストン・バレエ団のプリンシパル・バレリーナという大きなステージを勝ち取ったのです。(アジア人初)

運命よりも、きれいになろう。

SK-Ⅱでは今、この言葉をキーにCMが放送されていますが、正にその言葉を人生で体現する倉永美沙さん。

バレエなど、何も大きなステージに限ったことではありません。

日常の中であなたを悩ませている、苦しめていることも、同じように乗り越えることができるはず。

その強さこそが、あなた自身の魅力になります。

倉永美沙さん

これが私のDNAだから、運命だからなどと諦めてしまいそうになったときは、倉永さんのことを思い出してみてはいかがでしょうか。

倉永美沙さんが踊る白鳥の湖【映像】

本当に、お綺麗です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

こちらもおすすめです