「いいな」を届けるWebメディア

スポーツ 感動

2017年02月10日 更新

WWEがコナー君に捧げたプレゼント「プロレスがあるべき姿」

「小さなスーパースター」「夢を与える職業ってすばらしい」「プロレスがあるべき姿」

WWE(プロレス団体ワールド・レスリング・エンターテインメント)が、癌と闘病している8歳の男の子コナー・ミシャレック君に捧げたプレゼントが全世界で感動を呼んでいます。

リングネームを“コナー・ザ・クラッシャー”ことコナー君(享年8歳)。

プロレスが大好きな少年の身体は癌に蝕まれていて、プロレスを十分に楽しむ時間はあまり残されていませんでした。

コナー君

ある日を境に病状は悪化。なんとか希望を持ってほしいと願ったWWEは、レッスルマニア30のリングサイドにコナー君を招待することに。

「コナー! コナー! コナー!」

試合前にはWWEのスーパースターが見守る中、ダニエル選手と入場します。

ダニエル選手と入場するコナー君

リングに上がったコナー君はWWEを代表するレスラー・トリプルHと対決。

トリプルH

コナー君

大観衆の中、ダニエル選手が勝利をおさめると、コナー君を探します。

ダニエル選手

そして、ハグ。

「コナー、君はとても大切な存在だ」
「君は僕に大きな力をくれる」
「君は僕がチャンピオンになるのを助けてくれた」

コナー君に抱きつくダニエル選手

これがコナー君に捧ぐ最後のプレゼントとなりました。

その映像は7日間で約190万回再生、多くの人々に感動と勇気を与えました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです