no-image

その日から効果を実感!お風呂あがりのドライヤーのかけ方で変わる髪の艶

さらさらで艶のある髪は女性なら誰しも憧れますよね?髪の毛のコンディションはドライヤーのかけ方でとても変わるもの。お風呂あがりにいつもやっているドライヤーの使い方に改善点はないか、一緒に確認していきましょう。

あなたのドライヤーの当て方を点検

ドライヤーの前にまずはしっかりタオルドライ

入浴後、水がポタポタしたたる状態からドライヤーをあて始める人はさすがにいないと思いますが、ぱぱっと簡単に水気を取っただけでドライヤーを開始してしまう方は少なくないはず。

でも、ちょっと待って下さい。ドライヤーの熱風で乾かすまでもない、タオルで十分拭き取れるレベルの水分がまだ残っていませんか?タオルで吸い取れるだけ吸い取っておくことでドライヤーをあてる時間を短くできるため、髪の毛にとってはいいことなんです。1分でもいいので、今日はいつもより少し長めにタオルドライしてみてください。ドライヤーの使用時間が短くなるはずです。

また、タオルドライのときに髪をゴシゴシこするのは絶対に避けてください。濡れた状態の髪はとてもデリケートな状態になっているので、ゴシゴシこすってしまうと髪が傷んでしまいます。

参考記事:健康的な髪を維持するためにキューティクルについて学ぼう

なお、マイクロファイバーのタオルを使うと拭き取りの効率がいいという声もあるようなので、そういうものを検討してみるのもいいかもしれません。

ドライヤーは髪から距離を15〜20センチ離したところからあてる

市販のドライヤーは、一般的に100〜110度程度の熱風が出ます。至近距離でドライヤーの熱風をあてると、頭皮を火傷したり、髪の毛が本来含んでいるはずの水分まで奪ってしまい、縮れ毛や枝毛を引き起こしてしまいます。

また、距離は離していても、同じ箇所に熱風を長時間あてすぎるのも髪の毛の痛みの原因となりますから、美容師の人がやるようにドライヤーを小刻みに動かして熱風が一箇所に集中して当たらないようにしましょう。

髪の根本を目がけて熱風をあてる

髪の毛は根本ほど水分を多く含んでいます。毛先の水分は、根本にあてた熱風が通り過ぎていく過程で十分に乾かせますので、根本の乾燥のみに集中するくらいでOKです。

また、髪のキューティクルは根本から毛先に向かって閉じる構造になっているため、根本から毛先に向けて手櫛してやることを意識すると、髪の毛が艷やかにまとまった仕上がりになります。

仕上げは冷風モードに切り替えてドライヤーする

80〜90%くらい乾いたかなというところでドライヤーを冷風モードに切り替えましょう。熱風で完全に乾燥させようとすると前述のとおり髪や頭皮が火傷する原因になるため、仕上げは冷風でやるようにしてください。

髪が完全に乾燥するこの段階で髪のキューティクルが閉じるため、髪に艶が出てきます。

効果は即日!さっそく今日から実践を

いかがだったでしょうか?ドライヤーのやり方を点検して、できていないことがあった方はぜひ今晩から改善してみてください。髪の艶・まとまりが明らかに変わるので効果がすぐに実感できると思います!