いちご鼻や小鼻の黒ずみの治し方

鼻のぶつぶつ毛穴や黒ずみで悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。ついつい気にして触ってしまったり洗いすぎて余計に毛穴が目立ってしまったという経験はありませんか?いちご鼻を正しい方法で解消する洗顔やケアなどを紹介します。

どうして鼻の毛穴は広がるの?

鼻は他の部分と比べると毛穴が深いのが特徴なんです。そして皮脂分泌も多い場所でもあるので、顔の中でも一番、皮脂汚れが溜まりやすいんです。一度毛穴に汚れが溜まってしまうと毛穴が開いてしまい、綺麗に洗ってもまたすぐに汚れが付いてしまうので正しいケアが必要です。

いちご鼻の特徴である黒いぶつぶつの正体

いちご鼻とは名前の通りいちごの表面にあるぶつぶつとした種と鼻の表面にできてしまった黒いぶつぶつの見た目が似ていることから付けられました。鼻の表面にできた黒いぶつぶつの正体は角栓です。角栓とは皮脂や古い角質などが酸化して黒ずんでしまったものなんです。無理やり毛穴パックで取り出す人もいますが、この方法だと一時的には綺麗に取れますが、毛穴が余計に広がっていちご鼻を悪化させてしまうのでやめましょう。

いちご鼻は洗いすぎちゃダメ

鼻の黒ずみを気にして1日に何度も洗顔するのは逆効果です。何度も洗顔してしまうと鼻が乾燥してしまって余計に皮脂を分泌してしまったり、洗う時の摩擦によって肌にダメージを与えてしまい角質が固くなってしまいます。どうしても気になってしまうのは分かりますが、洗顔は朝晩の2回を目安にしましょう。

正しい鼻の洗い方

鼻のぶつぶつ毛穴は皮脂の汚れということで洗浄力の強いもので洗いたくなりますが、弱酸性の石鹸や洗顔フォームを使用するのがおすすめです。鼻の脂をすべて取り除いてしまうと、肌の水分量が失われて角質が固くなってしまうんです。そうなると毛穴が角質でふさがれてしまって汚れが溜まりやすくなるので、いちご鼻の場合は弱酸性の石鹸で優しく洗って皮脂を落としすぎないようにしましょう。

セラミド配合の化粧水で保湿

洗顔後は鼻の毛穴に汚れが溜まるのを防ぐために保湿が重要です。おすすめの保湿成分はセラミドです。セラミドは肌の内側でスポンジのような役をしていて、肌の水分をギュッと閉じ込めてくれます。とにかく乾燥させないようにしっかりと保湿してあげるだけでも、毛穴に汚れが溜まることを防いでくれます。

角質を柔らかくしよう

洗顔をしっかりしても保湿をしても鼻の毛穴に汚れが溜まってしまうという人は、角質が固くなって鼻の毛穴の出口をふさいでしまっている可能性があります。角質が固く分厚くなり毛穴を覆ってしまっていると、いくら洗顔をちゃんとしても原因である皮脂汚れを取ることができないので、まずは角質を柔らかくしてあげましょう。ピーリングケア商品や酵素が配合された洗顔料などは角質を柔らかくして自然に取ることができるので試してみてください。

豆乳ローションで毛穴ケア

自宅で簡単に脱毛効果を得られるとして人気の豆乳ローションですが、実は豆乳ローションには毛穴の汚れを綺麗にしてくれる効果もあるんです。豆乳に含まれている大豆サポニンという成分には角質を柔らかくして毛穴汚れを洗浄してくれる作用があるのでいちご鼻のケアに一押しのアイテムです。

肌のターンオーバーを正常にしよう

肌の細胞は28日周期で生まれ変わるのが理想といわれています。代謝が悪いとターンオーバーが遅くなってしまい角質がいつまでも皮膚の表面に残ってしまいます。そうなると鼻の毛穴が広がる原因にもなるので、規則正しい生活やストレスを溜めすぎないように気を付けて代謝をアップしてみましょう。

鼻の黒ずみは美白成分で改善できる

鼻の黒ずみは毛穴に皮脂が詰まって酸化してしまうという原因の他に紫外線が原因のシミの場合もあります。もし毛穴汚れは綺麗になったのに黒ずみは消えないと悩んでいる人は、メラニンの生成を抑制してくれるプラセンタが配合された化粧品を使ってみてください。

いちご鼻になってもあきらめないで

いちご鼻は放置してしまうとどんどん悪化して黒ずみが目立つぶつぶつ毛穴になってしまいます。鼻の毛穴はあきらめずに正しい洗顔と保湿をすることで必ず改善します。女性は化粧をするため毛穴に汚れが溜まりやすく、いちご鼻に悩む人も多いですが、時間をかけてケアしてあげることで、ツルツルの鼻を手にすることができますよ。