糖質制限中でも、もつ鍋は食べても大丈夫!?

マカロンのダイエット記事を読んだ方から寄せられる質問で多いのが「糖質制限中にもつ鍋は食べても大丈夫ですか?」というご質問です。もつ鍋おいしいですよね・・想像しただけで食べたくなってきます。もつ鍋は低糖質・低カロリーな料理ですが、ダイエットにおすすめかというとちょっと考えもの・・。そんなもつ鍋の特徴や注意点についてご説明します。

もつ鍋は低カロリー・低糖質

もつ鍋の一人前のカロリーは下表のとおりです、低糖質・低カロリーな料理だと言えます。

524.75g(1人前)
カロリー 388kcal
炭水化物 19.73g
脂質 26.39g

脂質が多めの食べ物ではありますが、食後すぐに寝たりせず3時間程度起きていれば普通の生活で代謝される量です。

もつ鍋に含まれる糖質(炭水化物)の量であれば、野菜から先に食べつつ良く噛んでゆっくり食事をすれば血糖値が急激に高騰することもないので、この程度の脂質は気にするレベルではないでしょう。

むしろ524.75gも食べてこのカロリーなら、腹持ちも良くめちゃくちゃダイエットに向いてるように見えます。

もつ鍋はダイエット向きか?

そんな、お腹いっぱい食べても低糖質・低カロリーなもつ鍋ですが、ダイエットに向いているかというとちょっと考えもの。ダイエット中の方に安易にはおすすめはできない料理でもあります。

なぜかと言うと、もつ鍋は味が濃くておいしいため食欲が刺激されてしまうからです。

もつ鍋単品がいくら低糖質・低カロリーでも、食欲を刺激されてお酒を余計に飲んでしまったり、他にも1品2品食べてしまえば、あっという間にカロリーオーバーです。

また、もつ鍋の締めにお米や麺を入れて食べてしまえば、糖質制限ではなくなってしまいます。

関連記事
糖質低め・低カロリーで野菜もしっかり摂れるダイエットの心強い味方サブウェイ

ダイエット中はたまの息抜き程度に食べるのがおすすめ

せっかく、もつ鍋を食べているのに、締めのご飯も麺もダメ。追加の1品2品も控えてね・・なんて、何だかせっかくのもつ鍋が不完全燃焼じゃありませんか?

せっかく美味しいものを食べるんだから、そんな時くらいは羽目を外して思い切り食べたいものです・・。

なので、筆者がおすすめするのはたまの息抜きに、もつ鍋を気兼ねせず食べること。

ダイエットもたまには息抜きをしたほうがトータルで頑張れますし、1日くらい食べ過ぎたとしても翌日のご飯を抑えめにすれば、少しくらいのカロリーオーバーなんてあっという間になかったことにできちゃいますから。

記事のまとめ

  • もつ鍋は低糖質、低カロリーだけどダイエット中はおすすめしない
  • 食欲が刺激されてうっかりカロリーオーバーする可能性があるから
  • ダイエットの息抜きにたまに食べるのがおすすめ
  • 1日くらいカロリーオーバーしても翌日の調整で簡単リセット