無酸素運動も取り入れたダイエットで目指せメリハリボディ

ダイエットの話になると有酸素運動のほうが注目されがちです。じゃあ無酸素運動はしなくてもいいの?そんなことはありません。美しく引き締まった身体になるには併せてやったほうが断然おすすめ。無酸素運動について学んでみましょう。

無酸素運動とは?

「運動」は2種類の運動に分けることができます。有酸素運動と無酸素運動です。

前回( 脂肪を燃やすなら有酸素運動ダイエット )は有酸素運動についてお話ししましたが今回は無酸素運動についてです。

無酸素運動とは、筋肉内に貯蔵されたグリコーゲン(糖質)をエネルギーにして瞬発的に大きな力を発揮する運動です。短距離走や筋トレが無酸素運動に該当します。

有酸素運動は、血中の糖や脂肪をエネルギーにして行う運動の事で、ウォーキングやランニングなどが当てはまるんでしたね。こちらは直接的に体脂肪を燃やすのに効果的な運動ということでした。

さて、ここまでの内容を読んで、

「手っ取り早く痩せるなら有酸素運動だけやってればいいや。」

と思ったあなた。

確かに脂肪を燃やすには有酸素運動が効果的です。でも、きれいなボディラインになるには無酸素運動は欠かせませんし、無酸素運動と有酸素運動を組み合わせると嬉しい効果も。順に見ていきましょう。

筋肉をつければ基礎代謝が上がる!

基礎代謝とは、人が全く動かない状態で消費するエネルギーの事ですが、筋肉の多い人は生きているだけで何もしなくても消費するカロリーが多いんです。

基礎代謝が高いということは、太りにくく痩せやすい体質と言えます。ダイエットしたけれどリバウンドしてしまった、という経験をお持ちの方も多いのでは?痩せると人はすべからく基礎代謝が落ちますので、とてもリバウンドしやすい状態です。筋肉をつけて基礎代謝を上げて、リバウンドしにくい身体になりましょう。

見た目もスマートに

女性なら誰もが憧れる、メリハリボディ。

くびれを作ったり、二の腕をシャープに見せたり、そういった気になる部分を鍛えることで、ほっそり見せることができます。

筋肉を増やすと体重が増えるのではと気にされる方もいるかもしれませんが、大丈夫。ボディビルダーの人でも1kgの筋肉を増やすのは大変なんです。エクササイズレベルの筋トレで身につく筋肉の重さは気にする程じゃありません。脂肪だらけのたるんだ体より、筋肉質の体のほうが痩せて見えます!

ダイエットで脂肪を落とすだけでなく、程よい筋肉もつけてきれいな理想の身体を手に入れましょう。

有酸素運動の前に無酸素運動をすると脂肪の燃焼効果UP!

そして最近注目を浴びているのが、無酸素運動→有酸素運動の順に行う運動法です。

無酸素運動をすると、強力な脂肪分解作用をもつ成長ホルモンというものが分泌されます。成長ホルモンが分泌された状態で有酸素運動をすると脂肪燃焼率が高いという事がわかっています。

無酸素運動には、運動が苦手な人にも取り組みやすく時間も10分程度でできるスロトレがおすすめです。有酸素運動の前には、ぜひスロトレを行いましょう。

いいとこどりのスクワット

無酸素運動と有酸素運動、ダイエットしたい方には両方取り入れるのが一番効果的なのはわかったけれど…。

「両方やるのはめんどくさい。」というアナタにおすすめしたいのがスクワット。

何とスクワットって、やるだけでどちらもやったことになっちゃう優れもの。

やってみたらわかると思いますが、確かにそうですね。ある程度息も上がるけれど、筋肉にも負荷がかかっているのを感じるハズ。しかもテレビを見ながら、お部屋で寝る前に…等、場所も取らないし天気も関係ないのがいいですね。

最後に

いかがでしたでしょうか。

有酸素運動で体脂肪を燃やしつつ、無酸素運動で代謝アップを図る。痩せて綺麗になりたい方は是非両方取り入れることがおすすめです。

両方とも実践してメリハリボディを手に入れちゃいましょう。