インスリンを制するものはダイエットを制す!低インスリンダイエット方法

何度ダイエットしてもうまくいかない…。そんなあなた。もしかしてインスリンというホルモンが原因かもしれません。3回の記事にわたってインスリンとダイエットの関係を説明していきます。

インスリンとは?ダイエットでも重要なホルモン

インスリンは、ダイエットするうえでも重要なホルモンです。

キレイのため、細くなるためにダイエットを考えている方も、将来の生活習慣病を防ぐという意味でもこのインスリンについての知識をつけておくことが必要と言えます。

ついてしまった脂肪を落とすのは大変。でも今から溜めない生活を意識しておけば将来健康診断で大慌てにならずにすみますよね♪

インスリンを制することができれば、ダイエットを制することができますよ。

インスリンとダイエットの関係

冒頭でインスリンがダイエットをする上で重要なホルモンと述べたのは、身体が脂肪を貯めこむ過程に、インスリンの分泌が関係しているからです。

インスリンは血糖値を一定に保つためのホルモンです。

そのため、どのくらいインスリンが分泌されるかは、血糖値の上昇具合によります。糖質の摂取によって血糖値が上昇すると、より多くのインスリンが分泌されます。

ダイエットをするには糖質の摂取量及びインスリンの分泌量に注意するのが重要なのです。具体的には、食事を摂ると体内では以下の処理が行われます。

食事をする

血糖値が高くなる

血糖値を下げるためにインスリンが分泌される

インスリンが、血液中のブドウ糖を貯蔵可能なグリコーゲンに変えて肝臓や筋肉に貯蔵しようとする

余ったブドウ糖を中性脂肪として脂肪細胞に取り込む

摂取した糖質(ブドウ糖)の内、余った余分な糖はインスリンの働きによって脂肪として身体に蓄えられます???

インスリンの分泌を抑えるには・・

インスリンが多くなると脂肪がつきやすくなることはイメージしていただけたでしょうか。ダイエットのためにインスリンの分泌を抑える必要があります。インスリンを上げないためには急激な血糖値の上昇を防ぐことがポイントです。

他にも以下の3つを意識することで、インスリンの増え過ぎは防ぐことが出来ます。

インスリンダイエット① 食べ順に気を付ける

「食べ順ダイエット」って聞いたことがありますか?血糖値の上がりにくい物から食べ始めることで、血糖値の上昇を防ぐというものです。

具体的には野菜→汁物→タンパク質→炭水化物の順番ですね。

この順で食べることで、血糖値を穏やかに上げるだけではなく、ダイエットの大敵、炭水化物に到達する前にお腹を膨らませてしまう効果も。

結果、炭水化物を無理なく減らすことに成功している方が続出しているんです。

インスリンダイエット② ゆっくりよく噛んで食べる

血糖値を上手にコントロールしてダイエット成功!でも書きましたが、急激な血糖値の上昇を防ぐポイントはゆっくり食べる事です。

また、よく噛むことで満腹中枢が刺激され、食べ過ぎの防止にもなります。

インスリンダイエット③血糖値の上がりにくい食品をとる

食べ物によっても血糖値の上がりやすい食品、上がりにくい食品が存在します。インスリンを抑えるためにはインスリンが上がりにくい食品をとることが大切。

野菜やタンパク質は総じて低いものが多いので、意識して取りましょう。

さいごに

このインスリンを上げにくい食品で作る「食事療法」として低インスリンダイエットというものがあります。ダイエットといっても、美容目的のみならず、実際の糖尿病の治療にも使われています。

低インスリンダイエットについて知りたい方は、「GI値の低い食事を選んで低インスリンダイエット」をご覧くださいね。