ホメオスタシス?ある時から痩せない・・ダイエット停滞期の原因と対処法

「停滞期」…ダイエット経験者ならその言葉位は耳にしたことのある方が多いのではないでしょうか。ではその原因や理由・仕組みをご存知ですか?

この停滞期が乗り越えられるかでダイエットが成功するのか、もしくはリバウンドしてしまうのか。運命の分かれ道といっても過言ではありません(つω-`)

今回はまず停滞期の仕組みを理解して、さらにその乗り越え方を伝授していきます。

ダイエットの停滞期とは・・・?

ダイエットの停滞期とはその名の通り、体重が落ちなくなる停滞する期間のことです。

個人差はあれど、大きく痩せ始めて3ヶ月目くらいに1〜2ヶ月間起こるそうで、体重を落とせば誰にでも起こりうる現象です。

例えば、食事制限によるダイエットを始めて3ヶ月で5kgおちた。最初はするする面白いくらいに減っていたのにある時期を境に落ちなくなってきた…。というのがまさにこの典型例。

停滞期はなぜ起こる・・・?

それは身体のホメオスタシス(恒常性)という機能によるもの。これはいわば私たちの人間の身体の生きようという生存本能のようなものなんです。

ダイエットのためにカロリーや栄養素を制限すると、身体は生命の危険を感じます。そこで、生き延びるために、少しのカロリーで生きていけるよう、身体の内部の機能をせっせと「省エネ」し始めます。

これがいわゆるダイエットの繰り返しで代謝が落ちてしまう原因です。

身体が省エネしてしまうと…
少し食べただけで太る、それまでのカロリー制限や運動では痩せなくなる、いわゆる「停滞期」が訪れます。

停滞期はずっと続くの・・・?

停滞期がずっと続くことはありえません。ですが、もしあなたの行っているダイエット法が間違っている場合は改めていく必要があります。

例えば、極端に食事を減らし過ぎている、糖質の量を減らし過ぎている場合など。停滞期かな、と思ったらやるべき5つをまとめてみました。

1.食生活を見直そう

これを機にもう一度食事を見直してみましょう。
足りていない栄養素はありませんか?
逆に偏っている栄養素はありませんか?

停滞しているからと言ってさらに極端に量を減らしたり、逆にやけを起こしてドカ食いに走っては意味がありません。

!正しい食事療法!を心がけてください。

参考記事
朝活♫栄養もとれる簡単ダイエット朝ご飯♥︎5選♥︎

2.運動を取り入れるor運動のメニューを変える

食事制限のみで減量して、並行して運動をしていない方は、是非体を動かしてみましょう。既に何かやっている方はプログラムを見直してみたり、途中でストレッチを加えてみたり、一工夫入れてみましょう。

参考記事
無酸素運動も取り入れたダイエットで目指せメリハリボディ

3.代謝UPに着目する

代謝を上げるには身体を冷やさないこと、暖める事です。体が温まる食材を取り入れてみましょう♫

ショウガやスパイスなど、代謝アップに有効な食品もありますので是非食卓に入れていきましょう。他にも積極的に水分を摂ってデトックスを促したり、睡眠・入浴をしっかりとるなども意識して。

参考記事
ダイエットの効率が上がる!?基礎代謝の上げ方(食べ物編)

4.サプリメントを導入する

足りていない栄養素を補うという意味でサプリを取り入れてもいいでしょう。ダイエットしながらも美容にも力を入れている方はビタミン補給のサプリ。運動をがんばっている方はアミノ酸の燃焼系サプリなど。

自分で力を入れているダイエット法をサポートしてくれるサプリを探してみましょう。

DHC
フォースコリー 30日分
通常価格 ¥2,715(税抜)

除脂肪体重に着目
脂肪が気になる人の燃えるダイエット

マルチミネラル 30日分【栄養機能食品(鉄・亜鉛・マグネシウム)】
通常価格¥458
カラダを支えるミネラル10種類をバランスよく配合!

5.メンタルコントロール!大事!

そして恐らく最も重要なポイントがメンタル面でしょう。

こんなに頑張っているのに痩せなくなってしまった…そんなことはありません。

ホメオタシスはいわば人間の生存本能です。本能に意思の力で抗うことなど無理なんです。でもここでやけを起こして暴飲暴食しては全く意味がありません。

今一度、痩せた自分をイメージして、どんな自分になりたいのか問いかけてみましょう。

このつらーい「停滞期」

仕組みを知ってある程度心構えをしておけば怖いことはありません。勝負に勝つにはまず敵を知ることから。