人に言えない悩み【頭皮のフケとかゆみ】原因と対策法は?

毎日シャンプーしているのに、なぜか頭がかゆい。頭を掻くと同時にフケまで出てくると悩みます。
髪や肩にフケが付いていると、顔はキレイにメイクしていても、見た目にはとっても不潔な印象になってしまいます。
頭皮トラブルで多いのがこのかゆみとフケ。フケは不潔なイメージですし、かゆみは我慢できなくなると本当に辛いもの。
実はどちらも頭皮の機能が低下している可能性があります。
今回は頭のかゆみの原因と対策方法についてご紹介していきます。
#頭皮 #フケ #かゆみ

かゆみの原因は“頭皮の乾燥”

代表的なかゆみの原因は、頭皮の乾燥です。
頭皮が乾燥するのはシャンプーのし過ぎや爪を立てて洗っている、そもそもシャンプーが合っていなく、刺激が強すぎて必要な頭皮の油分まで奪ってしまっている、等が考えられます。
こんな状態で更に刺激を与え続けていると、頭皮が傷ついて炎症を起こしてしまうことにもなりかねません。頭皮にも身体と同じく水分が必要です。だからと言ってシャンプーせず髪を何日も洗わないでいると、頭皮に余分な皮脂が溜まって、そこに細菌が繁殖しかゆみが引き起こされる可能性があります。
それに余分な皮脂は毛穴をふさぐので細毛や薄毛の原因になりますし、新陳代謝が上手くできなくなった頭皮はどんどん不健康な状態になっていきます。

このように頭皮の機能が弱まると、シラミなど寄生虫の感染症にかかってしまうこともあるのであなどれません。かゆみがかなり酷い場合は、一度皮膚科に受診してみることをおすすめします。

フケの原因は“異常なターンオーバー”

髪の毛の合間から見える細かい白いフケ。本当に厄介ですよね。
このフケの正体は頭皮の角質細胞から剥がれ落ちたもの。ただ人間の身体は皮膚のある部分は全部ターンオーバーと言って、一定の期間で皮膚が生まれ変わる機能を持っています。そのため古い角質細胞が剥がれ落ちて、新しい細胞に生まれ変わることは健康な証拠。

でも、正常にターンオーバーしている時に剥がれ落ちる角質細胞は、目では見ることができないくらい小さいのです。フケは明らかに肉眼でとらえられますので、これは正常にターンオーバーができていない状態だと言えます。

頭皮も顔と一枚の皮で番っている皮膚ですよね。頭皮が正常にターンオーバー出来ていないと、お肌のトラブルにも繋がります。もしフケが出てきたら、そこからまた違う部分の頭皮トラブルに発展してしまう可能性もあるので、ただのフケだと軽く考えるのは止めた方が無難です。

かゆみとフケの改善方法

ホホバオイル

頭皮のかゆみは乾燥が主な原因でした。そこで頭皮のケアにはホホバオイルがおすすめです。

このオイルは皮脂と同じ働きをする、ワックスエステルという成分が含まれています。乾燥した皮脂の足りない頭皮に補ってあげると、体内の水分を溜めてくれます。

それにフケ対策にも効果があって、ホホバオイルに含まれているビタミンやミネラル成分が、頭皮に栄養を与えてターンオーバーを元の正常な状態に治してくれます。

使い方は簡単で、シャンプーした後に髪をタオルドライし、ホホバオイルを頭皮にもみ込むだけです。ホホバオイルはお肌にももちろん良いので、顔やボディケア製品の中にも入っているものがあります。

シャンプーを変える

思い切って今使っているシャンプーを低刺激のアミノ酸が入ったシャンプーに変えてみることも一つの方法です。
シャンプーを変えただけでフケが治まったことは私にも経験があります。

頭皮に優しい製品を使いましょう。そしてかゆみが出ている時にカラーやパーマはしないこと。カラー液とパーマ液は頭皮に非常に良くありません。最近の美容室では低刺激性のものを使うサロンも増えてきましたが、中には刺激の強い液を使っているところもあるので注意しましょう。

《この記事もおすすめ》
【髪のぱさつき】感じる人はチェック!!5つのやばい勘違い

頭皮のフケ・かゆみ対策まとめ

頭皮のかゆみとフケの対策は、シャンプーを見直してみることと、ホホバオイルでケアすることで大半は改善するでしょう。
自宅で手軽に出来る対策法なのでおススメですが、状況が深刻なら皮膚科で診てもらってくださいね。