冬でも注意!!【頭皮のべたつきと嫌な匂い】3つの原因と対策方法

今回は頭皮の皮脂が多く出てしまうことで頭がべたつく原因3つと、その改善方法についてご紹介していきます。

原因その1☆シャンプーの仕方

画像引用元:latte

べたつきを防ぐには、汚れをしっかり落とすことに尽きます。

頭皮の皮脂はいろいろな物質と合体しやすい性質を持っているので、そのためもし整髪料と合体すると、頭皮に張り付いて毛穴をふさいでしまったり、空気中の雑菌などと合体すると、べたつきや嫌なニオイを発生させてしまうこともあります。

原因その2☆乾かさない

画像引用元:latte

髪を洗った後、乾かさずに濡れたまま寝ることは非常に髪に良くありません

頭皮の湿度が異常に高いと、雑菌が繁殖しやすいのでべたつきとニオイの原因になります。

それに髪が濡れていると、キューティクルが剥がれやすい状態にもなっています。髪へのダメージにつながるので、きちんと頭皮と髪は乾かしましょう。

《関連記事》
>>健康的な髪を維持するためにキューティクルについて学ぼう

あわせて読みたい

健康的な髪を維持するためにキューティクルについて学ぼう

続きを読む

>>その日から効果を実感!お風呂あがりのドライヤーのかけ方で変わる髪の艶

あわせて読みたい

その日から効果を実感!お風呂あがりのドライヤーのかけ方で変わる髪の艶

続きを読む

原因その3☆中性脂肪の多い食べ物

意外かもしれませんが、食べ物が頭皮のべたつきの原因になることがあります。

頭皮の皮脂の分泌が多いということは、体の中の中性脂肪など脂肪が多いと言うことで、多ければ多いほど体の外へ排出されます。

頭皮のべたつきが気になる人は、糖質や脂質を多く摂取している可能性があるので、一度自分の食生活を振り返ってみましょう。

例えば、普段から肉類や揚げ物を好んで食べている人。こういう人は脂肪が体の中に溜まりやすくなっているので、頭皮の皮脂が多く分泌されることになります。

またチョコレートやケーキなどの洋菓子にも脂質と糖質がふんだんに使われています。甘いものをよく食べている人も要注意です。

それに食品添加物や化学物質がてんこ盛りのインスタント食品やコンビニ弁当ばかり食べている人も、栄養が偏っているので体に悪影響を及ぼします。

この影響は頭皮にも関係するので、頭皮のべたつきだけでなく、長く食べ続けることによって、将来は抜け毛や薄毛になっていくことがあります。

いきなり毎日自炊をしようと思っても大変だと思います。まずは野菜や果物を今までより積極的に食べようと、意識することから始めてみましょう。

改善方法

画像引用元:latte

頭皮のべたつきに効果のあるシャンプーを使ってみる

スーパーやドラッグストアでよく見かけるシャンプーのほとんどは、高級アルコール系シャンプーと言って非常に強い洗浄剤が使われています。

刺激の強い成分なので頭皮に必要な油分まで奪い取るため、乾燥やフケ、髪のきしみの原因になります。これらの化学物質は人工的に大量生産できるのでコストも安く、私達消費者にも買いやすい製品ですが髪や頭皮トラブルも起こりやすいので注意が必要です。

そこでおすすめはアミノ酸シャンプー。低刺激ですが髪と頭皮の洗浄には全く問題がないという調査報告があります。

他には湯シャンといって水かぬるま湯のみで髪と頭皮を洗う洗い方です。湯シャンは今までシャンプーで落とし過ぎていた皮脂を残し、人間が本来持っているバリア機能を戻すことです。やり始めの時は皮脂が沢山出てしまいますが、そのうち皮脂が落ち着いて頭皮のべたつきが無くなっていきます。時間はかかりますが、自然なやり方なので試してみる価値はありますよ。

>>ノンシリコンシャンプーがいいわけではない!?シリコンとの違いは外か内か♥︎

まとめ

頭皮をケアすることは美しい髪を作ることでとても大切です。頭皮のべたつきを治してキレイな髪の毛を育てましょう。