ローソン・ファミマ・セブンで徹底比較【ダイエットの強い味方サラダチキンのカロリーと栄養価】

「もはや太ることが難しい」そんな食べ物があったら?実はあるんです。ダイエットに敏感な方はご存知の方もいるのではないでしょうか。最近スーパーやコンビニで見かけるこの「サラダチキン」。この子、出来る…!というので話題なんです。今日はこのサラダチキンの魅力を徹底解剖、グルメなあなたのために各社製品のまとめも作っちゃいますよ。

#ダイエット #サラダチキン

サラダチキンは高タンパク質で低カロリー

下表は、セブンイレブンで売っているサラダチキンの栄養素です。

内容量 125g
カロリー 131.25kcal (100g 105kcal)
たんぱく質 29.75g (100g 23.8g)
脂質 1.125g (100g 0.9g)
炭水化物 0.375g
ナトリウム 585mg (100g 468mg)

サラダチキンの特徴は、高タンパクなのに低カロリーであるということ。

卵1個で摂れるタンパク質はおおよそ6gですが、サラダチキンは1パックを食べるだけで、卵3個以上のタンパク質が摂取できるんです。更に、卵一個の脂質は6gですが、サラダチキンの脂質は約1g。サラダチキンがいかに脂質を抑えつつ、効率よくカロリー・タンパク質を摂取できる食品であるか、イメージしていただけましたか?

低GIで低糖質

今話題の糖質制限ダイエット。このサラダチキンは、糖質制限ダイエット法の代名詞と呼ばれるくらい、糖質量が低い食品です。

また、血中の血糖値の上がりやすさの指標を示す、GI値も低く、血糖値が上がりにくい食品であるといえます。脂肪をためないためには、インスリンや血糖値をコントロールすることが非常に重要です。そういう意味でもサラダチキンはまさに神食材であるといえますね。

《関連記事》
GI値の低い食事を選んで低インスリンダイエット

むね肉なのにおいしい♥︎

このサラダチキン、鶏肉のむね肉が原材料なのですが、むね肉というと筆者はあまり美味しいというイメージを持っていませんでした。パサパサ、固い、味気ない…といったネガティブな印象でした。

しかしこのサラダチキン、おいしいんです!やわらかいし、パサつきも感じられず、むしろ食感もしっかりジューシー。味に癖がなく、はまる人が続出。

コンビニ3社で比較

ダイエットの強い味方と一躍有名になったサラダチキン。口コミの評判を聞きつけ、コンビニ各社ともにサラダチキンを販売開始。最近ではスーパーなどでも見かけるようになりました。

ダイエットに効果的な食べ方

このサラダチキン、もちろんメインのタンパク質代わりに食卓に取り入れる他にもこんな活用の仕方も。

運動前にサラダチキン

運動前にサラダチキン、運動後に残りの半分といったとり方で、効果的に筋肉増強を図る作戦。ダイエットだけでなく、ボディラインを引き締めたい方にもおすすめ。

おやつや夜食に

食事の間のエネルギー補給には、クッキーや甘いチョコレートは糖分脂質のかたまりですよね。断然、このチキンに変えるだけでカロリーもカットできる上に太りにくく、脂肪を燃やしてくれること間違いなし。間食にうまく取り入れれば、次の食事の食べすぎも防いでくれますし、代謝も上がりやすいといわれています。

1食おきかえ

意外と噛みごたえも腹持ちもいいので置き換えにも使えそう。サラダ+サラダチキンでお昼を済ませたり、朝のパンの代わりにするのもありですよね。

さいごに

いかがでしたか。手軽に買えてダイエットにもぴったり。しかも筋肉を保ちつつ、美しく痩せられたらこれ以上のことはありませんね。コンビニに立ち寄ったら、是非一度サラダチキンを試してみてはいかがでしょうか。