【毎日髪の毛サラサラ】お家でできる8つのお手入れ方法

サラサラとなびく綺麗な髪。とても憧れますよね。でも毎日のちょっとしたお手入れで、誰でも簡単に髪の毛はサラサラになります。このお手入れをするかしないかで、結果は大きく変わりますよ。今回は髪をサラサラにする方法をご紹介していきます。

#髪の毛 #ケア

サラサラテクニック【髪の毛編】

1. 夜にシャンプーをする

昔、朝シャンという言葉が流行りましたね。でも実は髪は夜洗う方が良いと言われています。なぜなら髪の毛を保護する皮脂は、夜寝ている間に分泌されます。皮脂は髪をサラサラにする大切な油分。朝シャンをしてしまうと必要な油分が洗い流されてしまうので、シャンプーは夜にした方が良いのです。

2. シャンプーはノンシリコンかアミノ酸系

市販の安いシャンプーで、ラウリル硫酸系の化学物質が入っているシャンプーは、とても洗浄力が強いのでおススメしません。髪に必要な油分も奪ってサラサラどころかパサパサになってしまいます。またシリコン入りシャンプーも避けた方がいいでしょう。シリコンは毛穴や髪に蓄積していく性質があり、使い続けると質感の重い髪になるようです。

そこで近頃よく耳にするノンシリコンシャンプーや、アミノ酸シャンプーを使うと良いでしょう。髪をサラサラに仕上げてくれます。

《関連記事》
【美容師直伝】シャンプーの本当に着目すべき成分は!?それ大丈夫?
ノンシリコンシャンプーがいいわけではない!?シリコンとの違いは外か内か♥︎

3. トリートメントも髪をサラサラにするタイプを

シャンプーだけでなくトリートメントもサラサラタイプを選びましょう。髪の毛の内部を補修してキューティクルを整えてくれます。

【現役美容師直伝】効果倍増!乳化!?本当にちゅるんとなれるトリートメントの正しい3つの使い方♥︎

4. 髪をサラサラにするドライヤーを使う

ドライヤーにそんな種類があるの?と思われるかもしれませんが、性能の高いドライヤーは髪の状態が本当に変わります。イイお値段ですが、絶対に髪をサラサラにしたい!と強い思いがある方はドライヤーを買い替えてみるのも一つの方法です。

全部欲しい!口コミ付き【パナソニックの2016年最新最強美容家電7選】

5. ドライヤーは冷風で仕上げる

冷風は主に温風でブローした髪にあてて、その形をより強く固定したり、キューティクルを引き締めるのに効果的です。髪を乾かすとき、仕上げに冷風を当てるとキューティクルが引き締まってサラサラな髪になります。

健康的な髪を維持するためにキューティクルについて学ぼう

髪は頭皮から生えてきます【頭皮編】

6.頭皮マッサージで柔らかくする

柔らかい頭皮は健康的な髪を発育します。反対にストレスや乾燥で凝り固まった頭皮は、薄毛細毛の原因になります。一日数分程度でいいので、頭皮を持ち上げるようにぐるぐるマッサージすることをおススメします。血行が良くなってサラサラになれますし、コリがほぐれますよ。

【美容師直伝】お悩み別!!お家で髪・頭皮のお手軽ホームエステ♥︎

7. 木製のくしでとかす

プラスチックではなく木製の櫛は、静電気が起きませんしフケや余分な皮脂を取り除いてくれて、髪の流れも整えてサラサラにしてくれます。100円ショップにも売っていますよ♥︎

特につげ櫛はストレートヘア向き。つげ櫛に椿オイルなどをなじませてとかすと、髪はサラサラになります。

髪を本来の美しい状態に【ナチュラル編】

8. 残留物のない素の髪へ

普段使っているシャンプーでは、水道水に含まれているカリウムなどの物質を、完璧に洗い流すことは難しいです。髪にこういった残留物がないと、トリートメントの効果も数倍アップするのだとか。

そこで例えば、市販されているレセソーダベースメイクを使ってみてください。これは炭酸で落としきれない汚れを落としてくれます。また水で希釈した水酸化ナトリウムで髪を洗います。こちらはよりしっかり残留物を取り除いてくれますが、美容室でやってもらいたいという方は、行きつけの美容室でできるのか聞いてみて下さい。

さいごに

難しいことは何もなく、どれもサラサラヘアになるための基本的なことばかりでした。ただ地道な積み重ねが必要です。毎日コツコツ頑張って、美しいサラサラな髪になってくださいね。