お風呂上がりの時短【5分で髪を乾かす5つの裏技】

いろいろなアレンジやヘアスタイルが楽しめるロングヘア。けれども洗うのに時間がかかるし、その後のドライヤーも結構大変…。

長い髪だと乾くのに時間がかかります。かと言って濡れたままで寝てしまうと、髪へのダメージがとても大きいのも事実。そんな悩みを抱えている女子のために、今回は手短に簡単に髪を乾かす方法をご紹介していきます。

#髪 #乾かす #時短

濡れたままの髪はダメージをうけやすい・・・

特に髪の毛が多くて長いと、なかなか乾きませんよね。もう面倒くさい!と思って髪を乾かさないで寝てしまうと、翌朝の頭は大変なことに。くせ毛や寝癖はもちろん、枕と髪との摩擦でキューティクルが剥げて傷むだけでなく、湿気によって頭皮に雑菌が繁殖しやすくなります。これがフケやかゆみの原因になってしまいます。このように髪を洗った後にきちんと乾かさないで寝ると、髪への負担がスゴイのだということを覚えておいてください。

冬でも注意!!【頭皮のべたつきと嫌な匂い】3つの原因と対策方法

髪を早く乾かす裏技

濡れた髪にダメージを与えないために、必要なのはドライヤーで乾かすこと。でも正直なところ時間はかかるし面倒です。そこで髪を3倍速く乾かす裏ワザをご紹介します。

まずはタオルドライ

こで、まずシャンプーした後はタオルドライを念入りにしましょう。これでかなり髪の毛の水分を取ることができるので、ドライヤーの熱から髪を守ることができますし、使用時間も短縮できます。

1. タオルドライの仕方はシャンプーやリンス後、手で髪を絞ってギュッと水気を切ります。

2. 乾いたタオルを頭に当てて、指の腹を使い小刻みに動かしていき、髪の根元の水分をふき取っていきます。

3. 次にタオルで毛先から髪の中間まえを軽くはさみ、水気を吸い取っていくようなイメージで優しく抑えていきます。

爪を立ててゴシゴシ拭いたり、強く髪をこすらないようにしましょう。キューティクルと頭皮を傷つけてしまいます。

タオルの上からドライヤー【タオルサンド法】

それはずばりタオルを髪に巻いて、ドライヤーをかけるだけ。これだけです。これをタオルサンド法と呼びます。なぜ速く乾くかと言うと、タオルの中がサウナのような状態になり、水分が早くタオルに吸収されるためです。

またタオルドライをした後の髪をキッチンペーパーで水気をふき取ると、更に早く髪は乾きます。タオルが熱くなり過ぎないよう少しずつ動かしながら、ドライヤーを使ってくださいね。

ドライヤーをする場所

ドライヤーを使う場所も意外と大事。お風呂上りで湿度がむんむんしているバスルームでしている方が多いと思います。でも浴室の近くは湿気が多いので、髪が乾きにくい場所です。ドライヤーを持ってリビングへ移ったり、自分の部屋に行ったり湿気の少ない部屋で乾かすと、より時短になります。

ドライヤーの使い方も一工夫

冷風モードも使う

ドライヤーには温風と冷風機能が付いていますよね。温風しか使わないと言う人はもったいない。実は冷風は重要な役目を果たしてくれます。髪を熱風のみで完全に乾かしてしまうと、オーバードライと言って乾かし過ぎになります。

髪を乾かすことは頭皮にも髪にも良いことなのですが、オーバードライの状態まで行ってしまうと、乾燥しすぎて髪が傷み枝毛の原因になってしまいます。それに髪の毛は熱にとても弱い性質。ずーっと当てていると、髪への負担は大きくなります。そのため、8割程度乾いたなと感じたら、冷風を当ててください。キューティクルを引き締めて、サラツヤな髪が仕上がります。

その日から効果を実感!お風呂あがりのドライヤーのかけ方で変わる髪の艶

根元から乾かす

また美容室でシャンプーしてもらうと分かりますが、美容師さんは髪の根元から乾かしますよね。そうすると早く乾くので、タオルサンドをするときもまず根元をドライヤーで乾かしてから、タオルを乗せて乾かすとより早く乾くでしょう。

さいごに

時間も電気代もお得になるタオルサンド法。根元から乾かし、その後タオルを巻いて熱風を当てる。小刻みにタオルを動かしていき、最後は冷風で締める。簡単に手短に、髪をサラツヤにしてくれますよ。

ちょっとした工夫で大変なドライヤーの作業が楽しくなりそうですね。ドライヤーとタオルをうまく使って、今日からラクして髪を乾かしてくださいね♥︎