no-image

定番巻き・美容院巻き・羊巻き!!お風呂後もかわいい【タオルの巻き方】

お風呂上りの他に、意外と頭にタオルを巻く機会は多いもの。温泉やサウナ、スパやエステなどなど。

タオルを巻かないで髪を縛ると変なクセがつきますし、ただ巻いてもすぐに落ちてきます。実は筆者も頭にターバンのようにタオルを巻くのが苦手です。でもお風呂上りに髪をタオルで上手に巻けるといいですよね。うまく巻けるコツが分かれば、見た目もカッコいいだけじゃなくとても便利。そこで今回はタオルを簡単にしかも崩れない巻き方と、速乾性のあるタオルもご紹介していきます。
#巻き方 #お風呂上がり

耳にひっかける美容院巻き

出典:www.photo-ac.com

まずは崩れてこない安心の巻き方です。手順は以下の通り。

1. おでこを出して全部の髪を後ろに流します。

2. 両手にタオルをピンと張って持ち、タオルの真ん中とおでこの真ん中を合わせます。そうしてタオルを髪の生え際に当てます。

3. タオルの両端を後ろに回して耳に引っ掛けます。

4. 右のタオルを左耳の下に回し、左のタオルを右耳に引っ掛けます。この時、髪の長い人は髪の下を通すように左耳の下に回してください。左のタオルを右耳に引っ掛けるときは、右のタオルと髪の上を通るようにしてください。

5. 左の耳の下に垂らしていた右のタオルを頭の上に持って行きます。

6. 長めのタオルは端が余ってしまうので、頭のまわりをぐるっと巻いて最後にヘアピンなどで留めます。

これは美容室でも使われている巻き方です。確かにサロンでも最後はピンで留めますよね。きつくないのに崩れてこないので、筆者もこんな風に自宅でも巻きたいなーと思ったことがあります。

ゴムなどで縛らないので変なクセがつきませんし、タオルをピンと張った状態で巻いていくと、かなり頑丈で崩れにくくなります。

ちなみに使うタオルは薄い方が扱いやすいですが、上記のやり方であれば厚手のタオルでも問題なくできます。お風呂上りに便利な巻き方ですよ。

羊さんみたい🐑韓国発のサムスン巻き

サムスン巻き(羊巻き)を聞いたことがあるでしょうか🐑?韓国のサウナでよく使われている巻き方で、濡れた髪をタオルで巻く韓国人にとっては一般的なやり方です。使うタオルはちょっと長めのハンドタオルがおすすめです。

1. タオルを三つ折りにします。
2. 両端をくるくると袖をまくるように3回ほど折り返していきます。
3. タオルを広げてかぶれば完成です。

韓国ドラマの「私の名前はキム・サムスン」で役者さんがやっていたことからサムスン巻きと呼ばれているそうですが、出来上がった形が羊の頭に似ていることから羊巻きとも呼ばれています💞見た目も可愛いのでぜひ試してみてください。

動画でもやり方をチェック

macaron編集部公式アカウント @macaron_press

編集部も実際にやってみた

編集部も実際にサムスン巻きをやってみたところ意外と簡単💓タオルの端をゆるめに巻くと垂れ耳羊(右)、しっかりめに巻いたらスタンダート羊(左)になります🐑

ただし髪の毛を全てタオルの中に入れないと、お風呂あがりにタオルを頭に巻く意味が全くありませんね(笑)

編集部 いくみん
サムスン巻き(羊巻き)って意外と簡単だし可愛いメ〜🐑

編集部 みお
でもこのサムスン巻きはどこでやればいいんだメ〜🐑
結構浮いている感じもする・・・💦

編集部 いくみん
韓国の銭湯ではおじさんやおばさんが普通にサムスン巻きをしているそうなんだメ〜🐑だから恥ずかしがることはないメ〜!

日本の場合、温泉に入る時のシャワーキャップ代わりとしてサムスン巻き(羊巻き)をやってみるといいかもね💓


編集部 みお
それならプールに入った後もいいかも🌼

プールだったら写真も撮れるから皆で撮影してSNSに投稿もできちゃう🌟

定番でシンプルな巻き方

次はヘアピンを使わないタオルのみの巻き方です。

1. タオルの中心を頭の後ろに持ってきて、前方にタオルの端を持って行きます。

2. タオルの下は生え際に沿うようにして、耳の上を通っていきます。

3. おでこの真ん中と生え際の辺りでタオルの端の下の角と、反対側の端の下の角を結びます。こうするとタオルの下の辺りが髪の生え際をぐるっと一周して縛った形になります。

4. 縛っていない方の角をピンと張って持ち、反対側の耳の上の方に持って行きます。反対側も同じく持っていって重ねます。

5. 頭の後ろはだらんとなって余る部分が出来ます。その余ったタオルの上の中央部分を持って、前に持ってきて完成です。

こんなタオルが巻きやすいし乾きやすい♥︎

出典:www.photo-ac.com

濡れた髪に巻くタオル選びも大切です。素材や長さでフィットする感じが全然違います。

例えばおススメはマイクロファイバー。これは本当に速乾性があるので、お風呂上りのバスマットや洗面台の手拭きタオルとしても売られています。速乾性があるのに柔らかい肌触りが人気のようです。

他には長めのタオルを使うこと。ロングタオルだと頭を簡単にすっぽりと覆ってくれるので、初心者でも簡単に巻けます。またタオル選びには吸収性も大事です。吸収性が優れていると、それだけ髪を乾かす時間も短縮できるので便利です。

さいごに

タオルをグルグル巻いてお風呂上りをクールにかわいく過ごしてくださいね。