意外と知らない!?時短でかわいくなれる【正しいメイクの順番】

意外とメイクの仕方は人によってバラバラだったりします。でもメイクには正しい順番があるのをご存知でしょうか?仕上がりを綺麗にして、朝の忙しい時間でも手短にできるルールがあります。今回はメイクの正しい順番をご紹介していきます。どこから始めてどこで終わるかが分かれば、効率的にお化粧ができますね。

メイクの基本順番をマスターしよう

メイクの基本は

1. 化粧下地
2. リキッド・パウダーファンデーション
3. フェイスパウダー・お粉
4. 眉毛
5. アイメイク
6. リップとチーク

の順番でしていくと仕上げやすいのでおススメ。この基本をマスターしたら今度は強調したい部分を最初に仕上げたり、自分の好みに合わせて自由にメイクを楽しんでください。

コンシーラーはファンデ前と後どっちがベスト?

出典:instagram.com

ファンデによります

ところでコンシーラーは、ファンデーションを塗る前と後のどちらに使えば良いのか、迷いやすいアイテム。

答えはファンデーションのタイプで違うようです。もしリキッドタイプのファンデーションなら、ファンデの後に使います。こうすると自然に馴染んでお肌を綺麗にカバーしてくれます。

またパウダーファンデーションの場合は、化粧下地などベースメイクの後に使い、その後ファンデーションを使います。

コンシーラーの後にパウダーファンデーションやフェイスパウダーを重ねることで、ヨレないきめ細かな肌を演出できます。

アイメイクとリップメイクはどちらが先か?

ポイントを決めよう

アイメイクでもリップメイクでも、強調したい部分を先に仕上げると、最後に全体のバランスを調整しやすくなります。

例えばリップメイクが主役のときはリップメイク→アイメイクの順。口元が目立つメイクとアイメイクの濃さを調整できます。どちらも濃くて魔女みたいに怖い顔になってしまう心配はありません。

またばっちりアイメイクの場合は、反対にアイメイク→リップメイクの順で行っていきます。目のメイクの濃さやボリュームに合わせて、リップは薄めのメイクにするなど調節してください。

ちなみにリップメイクは失敗しても直しやすいパーツです。

顔の印象を大きく左右するアイメイク

出典:instagram.com

人を見た時に最初に目に入るのがやはり「目」ではないでしょうか。

それだけ目のメイクは相手に印象的に写るので、念入りにお化粧したいもの。

デイリー使いにぴったり♡ドラッグストアで買える優秀プチプラアイシャドウ5選

アイラインのこつ【意識するのはきわ】

アイラインのコツとしては、まつ毛とまつ毛の間を埋めるように目のきわからしっかり引いていくと、綺麗に描けます。

ブラウンよりブラックのアイラインを使うとデカ目効果がアップしますよ。逆にナチュラルに仕上げたい時はブラウンがおすすめです。

マスカラのこつ【滲みにくくするには】

マスカラは上まぶたに付けてから、下まぶたに付けていきます。目の下が滲みやすいという悩みを持っている人は、下まぶたのきわにお粉やフェイスパウダーをのせて滲んでも取りやすくしてから、マスカラを付けましょう。

アイメイクの前に眉毛作りを【バランス命】

ちなみにアイメイクをするまえに、眉毛を先に描きましょう。眉毛のバランスは結構大切なので、この段階では完璧でなくても良いのである程度形や眉尻を決めておきます。そしてメイクの最後に好みのイメージに合わせて太さや長さを微調整してください。

時短メイクのこつ【間にできること】

またリキッドアイラインや付けまつ毛のノリなど、乾く時間が必要なアイテムを使ったときは、乾かしている間にできるメイクをしていきます。例えばチークやリップを塗る、眉マスカラを使うなどです。ほんのちょっとの工夫でもお化粧時間を短くできます。

さいごに

出典:instagram.com

メイクの順番を把握しておけば、失敗したからメイクを落としてもう一度メイクをし直す…ということが避けられます。それにバランスのいいメイクができますよね♫

迷ったときには今回ご紹介した順番を参考にして、メイクをばっちりキメてくださいね。

乃木坂46白石麻衣ちゃんfaceになれる♥︎魔法のメイクSTEP4♥︎
男ウケ!たぬき顔になる実は簡単なメイク方法♥︎3STEP♥︎