実はそれ間違っている!?美肌になれる【洗顔の本当に正しい使い方】

メイクをしていなくても、スキンケアの一部として必要なのが洗顔。歯を磨くことと同じように毎日の習慣です。

洗顔するとき、冷たい水やお湯で洗っていませんか?実はこれはNGなやり方。今回はツルツル美肌になるために、知っておきたい正しい洗顔ルールをご紹介していきます。

洗顔するときの水は…冷たすぎても熱すぎてもよくない

冷たいお水も熱いお湯も、洗顔には不向きです。冷水だと毛穴を引き締めてくれそうなイメージがありましたが、違うようです。

お湯はお肌に必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥肌にしてしまいます。そして冷たいお水は毛穴汚れをキレイに落とすことが出来ません。そのため洗顔するときに最適な水はぬるま湯が1番。熱くなく冷たくない30度~35度くらいの温度がベストです

また洗顔フォームが残らないよう十分すすぎましょう。洗い残しはニキビや肌荒れの原因になります。その後は、タオルで優しく押さえて水気を取るのがポイントです。間違ってもゴシゴシとお肌を擦らないようにして下さいね。

筆者が検証!!最も早く効果的な【ニキビの治し方】◯◯◯

正しい洗顔の順番

1. ぬるま湯で顔を濡らす。
2. 洗顔料を十分泡立てます。
3. その泡をまずテカりやすいTゾーンに乗せます。この時こすったりせずに、優しく馴染ませるようにしましょう。
4. 顎、頬にも泡を乗せていき全体に馴染ませていく。
5. 最後はぬるま湯で十分すすぐ。洗い残しのないようにしてくださいね。

洗顔料を顔に乗せたとき、放置はせずにすぐにすすぎます。特に界面活性剤など化学物質が入った洗顔料は、お肌の水分や必要な皮脂まで洗い流してしまうので、手早く丁寧にすすぎます。そして洗顔したあとはすぐに化粧水をつけるなど、必ず保湿しましょう。

もっちり潤い肌♡ドラッグストアで買えるプチプラ優秀保湿クリーム5選

どのタイプが1番自分に合うのか?洗顔の種類

洗顔料には様々な種類が売られていますよね。どれにするかは自分の肌や好みに合ったものを選ぶと良いでしょう。

次に洗顔料のそれぞれの特徴について解説します。

・固形型石鹸=オイリー肌向け

【人気固形型洗顔】
草花木果 整肌洗顔石けん・どくだみ
参考価格 20g・300円 / 100g・1,200円

昔からあるお馴染みの固形石鹸。洗浄力は中から強で、色も透明なタイプや色付きがありますね。余計な油成分が入っていないので、洗い上がりが少々つっぱる感じがしますが、オイリータイプのお肌向きです。また透明な石鹸は色付きのものよりも比較的に石けん分が少なめにできているので、オイリーでかつ敏感肌の方にも向いています。

透明石けんの特徴

・極めて高い透明度・滑らかな手触りで、視覚的に差別化が行なえます。
・濁りの無い透明感と高い経時安定性により、ピュアなイメージを作り出します。
・多用されている透明化剤は保湿剤としても作用し、シットリした洗いあがりになります。
・石けん分が約50〜60%と低いため、皮脂を取り過ぎることなく、肌への負担が少ないマイルドな洗顔石けんです。
・きめ細かな泡立ちで、しかも溶け崩れし難い性質を持っています。

・パウダータイプ=ナチュラル思考な敏感肌向け

【人気パウダー洗顔】
パパウォッシュ
参考価格 40g・1,800円 / 80g・3,300円

洗浄力は中から強。パラペンなど防腐剤が入っていない無添加製品が多いのが特徴です。お肌に優しい製品が多いのでデリケート肌におススメ。

・泡タイプ=毛穴の汚れが気になる強い肌向け

【人気泡タイプ洗顔】
ミノン  アミノモイスト ジェントルウォッシュ ホイップ
参考価格 1620円

洗浄力は弱から中。泡立てする手間が省けるので便利ですが、その分洗浄力の強い界面活性剤が含まれているものが多いです。

・ミルクタイプ(泡立ちがない)=肌が弱い乾燥肌向け

【おすすめミルクタイプ洗顔】
ビオレ メイクも落とせる洗顔料 さっぱりミルク
参考価格 637円

洗浄力は一般的に弱いので、皮脂や汚れが十分に落ちない場合もあります。でも肌荒れが酷い人には良いでしょう。

洗顔もスキンケアの一つ

固形石鹸も洗顔フォームもそれぞれ特徴があるので、自分の肌質や好みで選ぶと良いでしょう。お肌は弱酸性なので、アルカリ性の洗顔フォームは良くないということを聞きますが、健康なお肌のペーハーは一時弱アルカリ性になっていても、一時間もしないで元の弱酸性に戻る力を持っています。

重要なのは、現在の自分の肌質が洗い上がりの状態に満足しているかどうか。肌の状態が弱っていれば洗浄力が弱めのものに変えてみたり、弱酸性タイプの洗顔料を使うなどしてみましょう。

メイクをバッチリ決めた日や、皮脂汚れが気になるときは洗浄力の強いものを使って、その時々の状況に合わせてみて下さい。毎日使うものなので、一度見直してみるのも良いかもしれません。

さいごに

あなたのスキンケアにお肌はとっても正直です。丁寧に扱っていれば美肌に育ってくれます。毎日の積み重ねが美肌への近道。早速今日からぬるま湯で洗顔しましょう。