【エマワトソンから学ぶ】今すぐできる!!フランス人流おしゃれファッションの3つのポイント♡

おしゃれを代表する町、フランス。そんなフランスに住む人たちはもちろんおしゃれですよね?

「フランス人は10着しか服を持たない」というベストセラー本がありますが、フランスの人は服をたくさん持たずにどのような着回しをしているのでしょうか?

フランス人にとっておしゃれとは?【シンプルに個性をだす】

日本人にとって、昔も今もフランス人は憧れの存在♡

マネできたらとっても嬉しいわけですが、、、一体どうしたらいいのでしょう?

フランスの人は、ごてごてに色や物を使わず、シンプルな印象のコーディネートをする人が大半に思えます。つまりシンプル=おしゃれという考えの人が多いそう。

でもただシンプルなだけでなくどこかに抜け感や個性をだし、トレンドにのるというよりは自分の好きなものを着るのがフランス流なのです。

もう少し具体的に見ていきましょう♪

フランス人コーデに近づくポイント☆

1. 色物は1点!!あとは基本的にシンプルに

色をたくさん使わず、黒と白を基盤とし、ボーダーや細かいドット柄など、シンプルな柄を使っています。

色物を1点にすることでチープに見せず、かといって地味感も消しています。

2. ベーシックなアイテム

ワイシャツやTシャツなどのベーシックなアイテムを着ることがポイント!

地味になりすぎそうな時は、色物を一点入れたり、アクセサリーを身に着けることで、ゴージャス感や女性らしさをうまく出します。

3. 小物でこじゃれ感

モノトーンなコーデの中にも、カバンや小物、ストールを使って色や柄を取り入れて、こじゃれ感を出しているのがポイント。

買うべきおすすめアイテム!

1. デニム

穴の開いたものや普通のデニムを履くときも、ハイヒールでカジュアル過ぎを防止し、大人の女性らしく履くことができます。

2. レザー

かっこよい服装の時もかわいい格好の時も、レザー1つでコーデがしまり一気におしゃれ上級者に💛

3. ぺたんこ靴

フランスや多くの外国の女性は、厚底靴を履くよりも、スリッパのように履きやすくラフ感も出る靴を履いています。

有名なフランス人

Audrey Tautou (オドレイ・トトゥ)

Paris, 12 octobre 2016. © Patrick Swirc / Mods pour Polka Magazine. #audreytautou #paris

A post shared by Audrey Tautou (@audreyjustinetautou) on

instagram @audreyjustinetautou

フランス映画『アメリ』の女優で、フランス国内だけでなく世界的に有名女優。愛らしい顔で演技も素晴らしいのです💛

フランスの人気モデルとして、圧倒的支持を持ち1位を維持しています。

Emma Watson (エマ・ワトソン)

ハリーポッターシリーズで優等生ハーマイオニーを演じたことでも有名。

フランス生まれで
実際に名門ブラウン大学を卒業している超優秀なエマ。

写真からもわかるように、上品な顔立ちで25歳にして、より色気も増し全世界でも人気の女優ですよね。

instagram @emmawatson

Eva Green (エヴァ・グリーン)

35歳には見えない美貌の持ち主で、大人気のモデルであり女優。

チャームポイントともいえるグリーンの目にとても惹きつけられますよね💛

スタイルの良さからか、セクシーな役が多く、多くの人を魅了する女優です。

instagram @eva_ggreen

instagramでファッションチェック♡

そんなフランス出身の世界的人気女優Emma Watson(エマ・ワトソン)のinstagramからフランス流コーデを学んでみましょう♡

さいごに

まずは、ベーシックなアイテムを集めて、そこに1ポイントプラスしていくことがフランス人のように大人っぽく上品なおしゃれをすることができるのではないでしょうか♡

目指せパリジェンヌ!