【ココナッツオイル】には3つの違いがあった!?本当に体に良いのは?

皆さん!話題のココナッツオイルには3種類あるのを知っていますか?本日はその違い、そして何がいいのかについてご紹介致します。

どんな違いがあるの?実は3タイプあった

ココナッツオイルは3タイプありますが、大きく分けるとどのくらい精製されているかの違いです。

高温精製、漂白工程、脱臭等の工程を加えているのが『ココナッツオイル』です。熱を加えたり漂白、脱臭をしているため、ココナッツの良い香りや成分が大きく消えてしまってもいます。しかしお値段は安いですし独特の匂いが苦手な方にはおすすめ!!

逆に、無精製、無添加、非加熱油出をしているのが『ヴァージンココナッツオイル』です。化学物質や添加物を一切含みません。採りたてのココナッツの白い実の部分を絞り出し、水とミルクとオイルに分けたものです。ココナッツオイルよりも成分も値段も高いです!!!

ヴァージンココナッツオイルより、さらに香りも質も高いものが『エキストラヴァージンココナッツオイル』です。いくつかの認証を取得した物のみがエキストラヴァージンと称することができます。前の2種類と比較すると値段がかなり高いです。

【エキストラヴァージンココナッツオイル】

エキストラバージンココナッツオイル 436g
参考価格 ¥2,880

【ヴァージンココナッツオイル】
Dr.ブロナー オーガニック バージン ココナッツオイル 375g (414ml)
参考価格: ¥2,700

【ココナッツオイル】
プレミアムココナッツオイル 460g
参考価格 ¥1,000

こちらはココナッツオイルなのでお値段がお得。
しかし薬剤は使用していないので、他のココナッツオイルよりも品質が高いです。

ココナッツオイルはダイエットに効果的

ココナッツオイルは中鎖脂肪酸に分類されます。

中鎖脂肪酸とは・・・

脂肪というとなんだか体に悪い感じがしますよね?

確かに一般の食用油に含まれる長鎖脂肪酸はカラダに吸収された後、リンパ管、静脈を通って脂肪組織、筋肉、肝臓に運ばれ体の中に溜まります。そして必要に応じてエネルギーとなります。

それに比べて、ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は、肝臓へ通じる門脈を経て、直接肝臓に運ばれ、効率よく分解されてエネルギーになります。

つまり、中鎖脂肪酸は体に溜まるのではなくすぐにエネルギーになりやすいので、太りにくい脂肪酸なのです。

さらに、中鎖脂肪酸は、牛脂やラードといった動物性脂肪の燃焼を助けてくれます。なので、体についてしまった体脂肪を減少させる効果もあるので、ダイエットにも効果的なんですよ。

テレビ番組『世界ふしぎ発見』では、身体でブドウ糖となる炭水化物を控える糖質制限ダイエットの効果を高めるとして、ココナッツオイルを活用した『ケトン体ダイエット』が有効だと紹介されました。

更に、『免疫力を高める』『髪にも使える』『肌のたるみ回復など美容効果が期待できる』などの評判が高まっているためでもあります!

そして、海外セレブの『ミランダ・カー』モデルの『ローラ』などの発信でテレビでも取り上げられ、ダイエット以外の効果も知られるようになり、あこがれて買ってみよう!って思われた方もきっと多いはず!

日本のCMや雑誌でも多く活躍する、世界的に大人気のミランダ・カー。

ミランダさんは常に料理にココナッツオイルを使うみたいで、なんと1日に大さじ4杯はとっているそうです!!

ミランダカーも注目!!美肌にもダイエットにも効く【ココナッツオイルの効果とは】

簡単にできるココナッツオイル料理♡

ローラが以前テレビで紹介したココナッツオイルを使った料理がこちら!!

リンゴを切ってバターで焼いて、シナモンなど好きなものをトッピングするだけの超簡単レシピ♡

ぜひ皆さんも一度作ってみては??

ローラ流ココナッツオイルリンゴ レシピ

食べるだけじゃない!!ココナッツオイルヘアパック☆

紫外線や乾燥で大事な髪の毛がバサバサなんてことありませんか?

ココナッツオイルには分子量の小さい中鎖脂肪酸がたっぷり含まれているので、髪の毛に塗ることでスイーっと浸透していって、サラツヤな髪になれちゃうんですよ。これでもう高いトリートメントなんかもいらなくなっちゃうかもですね♪

知ってる?簡単にできる傷んだ髪の補修・ヘアケア徹底ガイド!!

さいごに

早速ココナッツオイルを試してみてはいかがでしょうか??

きっと皆さんはまると思いますよ~♡