日本人が脚やせしにくい原因は大腰筋(だいようきん)にあった!簡単な3つの鍛え方

脚を細くするためにいろいろなエクササイズを試している。でも中々痩せないと悩んでいる女子の皆さん。

脚痩せを求めるなら、体幹と骨盤を意識したエクササイズに注目しましょう。実はこの2つが脚を細くするためのポイントになるんです。

今回は特に日本人が鍛えたい、大腰筋のエクササイズについてご紹介していきます。

太もも痩せを目指したいなら、こちらをチェック!

太ももが痩せない人必見!太い理由と対策

あわせて読みたい

太ももが痩せない人必見!太い理由と対策

続きを読む

日本人が脚やせしにくい原因とは

日本人が脚やせしにくい原因① 脚は上半身も下半身も支えている

おへそから上の上半身は、鎖骨が見えるくらいホッソリしているのに、なぜか下半身がおデブな人。結構多いですよね。

ではなぜ下半身が痩せないのかというと下半身と骨盤は体全体を支えていて、重力で落ちてきた老廃物や脂肪が溜まりやすいからです。

日本人の脚が痩せにくい原因②脚の筋肉である大腰筋(だいようきん)が弱い

欧米人は例え上半身がお相撲さんのように丸々としていても、なぜかお尻がプリッと上がって足が細い人が多いので驚きます。

それに対して日本人は、足が太くて短いのが特徴。たとえ痩せていてもお尻が下に下がっているので、男性も女性もズンドウな体型が多いと言えます。

その原因は大腰筋の筋力の違いにあります。

私達には生まれながらに民族の特色があり、全身の筋肉量は黒人が一番多く、その次に白人そして最後が黄色人種と言われています。

黒人は黄色人種の2倍もの筋力がもともと備わっているそうです。

そのため、日本人は欧米人よりも比較的大腰筋が弱く、脚やせしにくいと言われています

大腰筋(だいようきん)とは?

大腰筋(だいようきん)は背骨と骨盤と下半身をつないでいる筋肉です。

大腰筋はお尻の筋肉、腰椎から骨盤、太ももと大きく関係しています。これが弱ってくると骨盤が上半身の体重を支えているのは難しくなるので、後ろへ倒れてしまったり左右に歪みが生じたりしてきます。

脚やせしにくい原因。そして脚が細くなる秘密。それは大腰筋(だいようきん)にあるようです。

大腰筋を鍛えることで、骨盤を引き上げてお尻を持ち上げ、脚やせにもつながります

脚痩せのための大腰筋エクササイズ3選

ここからは脚やせのための大腰筋エクササイズの方法を動画で紹介します。

腹筋も使うので、たるんだお腹にも一緒にエクササイズできちゃいますよ!

脚痩せ大腰筋エクササイズ①お尻歩き

 

両脚を伸ばして床に座ったら、腰を前後に動かしながらお尻で歩くように前に10歩進む

今度は後ろに10歩戻る

これを5セット行います。お尻歩きするときに両足やつま先が開かないよう気を付けましょう。

脚痩せ大腰筋エクササイズ②足踏み

背筋を伸ばして真っ直ぐ立ち、手を軽く握る

ひざの角度が90度になるようにその場で大きくゆっくり足踏みをする(太ももと床が平行になるように、足の付け根から上げる)

腕を曲げて前後に振りながら歩く(ゆっくりと確実に脚を上げて歩く)

50回から始めて最終的には300回くらいを目指しましょう!

脚痩せ大腰筋エクササイズ③大腰筋ストレッチ

両手を床につける

右のひざを曲げ、左のひざは真っすぐ後ろに伸ばし、そのまま体重を前にかける

この状態で20~30秒キープし、左右交互に合計3セット行います。

さいごに

脚痩せエクササイズには大腰筋を鍛えることが大事だと分かりました。ご紹介した大腰筋エクササイズを毎日続けて、引き締まった脚を目指しましょう。

あわせて読みたい

究極のながらダイエット!「ヒールダイエット」で痩せて美脚が手に入る♡

続きを読む

あわせて読みたい

5分ですっきり!リンパマッサージで簡単ふくらはぎ美脚

続きを読む