【勝負は48時間】ダイエット中でも大丈夫!食べ過ぎた翌日の対処法8ポイント

ダイエット中なのに食べ過ぎてしまった!!
どうしても断れず高カロリーな食事に…でも大丈夫。食べすぎはなかったことにできるんです。
これさえ読めばもう太る心配なし♪

勝負は食べ過ぎたあとの48時間

食べ過ぎてから、消費しきれなかった分が体脂肪にかわるまで
およそ48時間と言われています。
その間に、食べ過ぎた分を消費、排泄するのかor蓄積させるのかは、あなたの48時間の行動によって決まるのです。

食べたものは胃に入り、消化され、消化器官へと運ばれます。
まず吸収の早いブドウ糖などはここで血中に入り、身体に回り始めます。
そして小腸~大腸で水分、塩分、そして栄養分と吸収され、大体余分な残渣が排泄されるまでが48時間。

食べ過ぎた時のダイエット、あるあるNGパターン

翌日に引きずってしまうほど落ち込む

食べ過ぎたあとにダイエット中の人でよくありがちなのが
あ~ダイエット中なのに食べ過ぎた!ヽ(`Д´)ノウワァァァン!!
となって、1回の食べすぎを翌日に引きずってしまうパターン?

あきらめてヤケ食いする

そして…
もうだめだ…今まで頑張ってきたのに…
もういいや!食べてしまえ!やけ食いだ!!

こうなっては、もうリバウンドまっしぐらですね。

落ち着いて…

ここで48時間ルールを思い出しましょう♪
人間だれしも食べ過ぎてしまうこと、ありますよ(o´・ω-)b ♪

ダイエットしているからいつもいつも完璧な人なんていません✨
あんなに細いモデルさんや女優さんでさえ、食べ過ぎる日だってあるんです。

でも、太っている人と痩せている人、違いはこの48時間にあるんです♡

食べ過ぎた時の48時間ダイエット♡ポイントは8つ

ではここから実際の48時間過ごし方のポイント8つご紹介致します。
この8つに忠実に過ごせば、太るどころかむしろマイナスになれちゃうかも?

①水をたくさんのんで、ひたすら洗い流す

いつもより多めに水分を取りましょう。

水分をとることで余分な塩分、水分を素早く排出させます。
目覚めの1杯に始まり、朝、昼、夜、寝る前と1.5l を目安に摂取しましょう。
身体を冷やさないようお白湯などがおすすめ。
レモンを絞ったものをプラスしたりしても脂肪燃焼を促進させてくれます。

②食事の量は調整する

そして食べ過ぎたから断食してしまうと、代謝が下がり、食べたものの排泄が遅れるだけではなく、リバウンドの原因にも。
大切なのは「抜く」のではなく「減らす」こと。

朝はもし胃もたれが激しいようなら抜いてもok。
食べ過ぎた後の食事は、お腹が減ってから。
もし起きておなかがすいていたら普通に朝食にしてok

朝 0.5食
昼 いつも通り
夜 0.5食

大体いつもの75%のカロリーを目安に摂取しましょう。

③カリウム、繊維をとってデトックス!

食事の内容にも注意しましょう。
積極的にとりたいのが

・カリウム
・食物繊維
・タンパク質

カリウムは、余分な塩分水分の排出を促し、繊維は便秘解消、脂肪をたまりにくい身体を作ってくれます。野菜、果物は積極的にとりましょう♪

タンパク質は魚、特に青魚が脂肪燃焼効果がありおすすめ。
できれば肉は控え、和食にしておくのがいいですね。
減らすのは、炭水化物や糖分を意識して?

④調理法にもこだわる

調理法も排泄を促す調理法がおすすめ。

・いつも以上に水分を含んだメニューにする。
・調理の際も塩分を控える。
・油を使わない調理法(蒸す、煮る、焼くなど)を選ぶ

以下のようなメニューを積極的に取り入れていきましょう。

・おかゆやリゾット(このとき雑穀や玄米にするとよい)
・味噌汁やスープ
・青汁、野菜ジュース、スムージーなどのドリンク
・辛いものをプラスして脂肪燃焼

⑤動いて消費!

少しでも動いて消費しましょう。
この日は筋トレよりも、カロリーを燃やすことを意識しましょう。

有酸素運動が、血中に入ってしまったブドウ糖を燃やすにはもってこいです。

身体が重ければ、簡単なウオーキング、エアロビクスなどできるものでok
仕事で時間が取れない場合でも、ちまちま動くことを意識して。
階段を使ったり、物をとりに行く、などの仕事は積極的に引き受けましょう♪

⑥マッサージ&ストレッチ

出典:instagram.com

ヨガやストレッチ、マッサージなどで代謝を促しましょう。
リンパマッサージが食べ過ぎによる浮腫み解消にはもってこい。

余分に塩分や水分が吸収されるのを防いでくれます✨

セルライトや腸もみの事が書いてある
以下リンクもぜひ参考にしてくださいね。
セルライトの原因と対策・消し方
これであなたもくびれ美人!腸もみマッサージでダイエット

⑦お風呂に入る

食べ過ぎ当日はもしかしたらシャワーで済ませてしまうかもしれませんが
翌日はじっくりお風呂に入りましょう?

半身浴などでたっぷり汗をかくのもおすすめです。
水分をいつも以上に取りながら、じっくり汗をかきましょう。

一方でがっつりカロリーを燃やす高温入浴でもok
もしお休みならサウナや岩盤浴に行くのもいいですね♪

おふろ1回でジョギング5㎞分!?今すぐ痩せるなら【高温反復入浴♡】

⑧よく寝る♪

48時間ダイエットポイントのやることをやったらよく眠りましょう。
睡眠不足はさらなる過食の原因に。
良質の睡眠は代謝アップ、カロリーを消費するダイエット方法なのです。

ただ、胃にものがあると睡眠の妨げになります。
食べ過ぎた日はもしかしたら睡眠が浅いことが多いかもしれません。
翌日は特に空腹で寝ることを意識して♪

まとめ

いかがでしたでしょうか。
食べ過ぎた時は48時間が勝負!
いかに
「すばやく消費」し、「スムーズに排泄」させるか
がポイントですね。

そして何より引きずらないこと♡
一回の食べすぎでは太りませんよ。大丈夫。
食事もダイエットも楽しめる女性を目指しましょう。