寝るだけで1ヵ月-1㎏!?話題の【睡眠ダイエット】でみるみる痩せ体質へ♡

いきなりですが、毎日きちんと睡眠取れていますか?えっ?ダイエットと関係あるの?と思ったあなた。その止まらない食欲、減らない体重の原因は睡眠不足かも?!

眠るだけでダイエットできるとしたら最高ですよね!!そのためには質の良い睡眠と眠りテクが欠かせません♡

痩せたいけど努力したくない~というあなたは是非チェック!

寝不足は、肥満の元!

睡眠不足と肥満、関係ないように見えて実は大ありなんです。寝具メーカーのアイシン精機が約1200人の社会人の男女を対象に調査した研究結果では…

5時間睡眠:肥満の割合52%
4時間睡眠:肥満の割合73%

との調査結果がでています。

ほかにも睡眠不足は肌荒れ、集中力の欠如、イライラする、情緒不安定など生活の上でも支障をきたします。

見た目だけでなく、仕事も「スマート」な女子になるためには睡眠不足は大敵!

よく寝るダイエット、効果は?!

①痩せホルモン分泌効果

この睡眠ダイエットのポイントともいえるのが「成長ホルモン」。

成長ホルモンは、別名痩せホルモンとも呼ばれ、分泌されることで「痩せ体質」になれるんです。脂肪を燃焼したり、筋肉の合成を助け、基礎代謝を上げてくれます。さらにお肌やストレス解消効果なども持ち、美しくなるうえで重要といえますね。

逆に睡眠不足だと、「コルチゾール」という物質が分泌され、これは脂肪をため込むことで知られています。

②300kcalのカロリー消費効果

睡眠中に消費されるカロリーはおよそ300kcal前後と言われています。

私たちの体は寝ている間もいろいろと生命活動を営んでいます。むしろ寝ているから行われる臓器のメンテナンスなどもあるんです。せっかく筋トレや運動を行っても、きちんと睡眠がとられないと筋肉も作られません。腸の中も睡眠中に代謝、排泄活動を行うので、きちんと睡眠がとられないと余分に脂肪や塩分が吸収されたり便秘の原因にも。

便秘解消はダイエットと関係あるの?【腸内環境の正しい知識】

③食欲抑制効果

寝不足だと、食欲中枢がうまく働かないことがあります。これも脳内のホルモンの動きによるものだと言われています。

寝てなくてしんどい時、つい食べ過ぎてしまった、なんて経験ありませんか?筆者はドカ食いしてしまう時は必ず寝不足の時でした。体が疲れて眠りたい、そんな欲求を脳が食欲と間違えてとらえてしまいます。だってほっとする、リラックスするという意味では睡眠も食もよく似ていますよね。

寝るだけダイエット、ポイント

だからといって寝続ければ痩せるというものでもないんです。ポイントを押さえ、この痩せホルモンに活発にお仕事をしてもらう必要があるんです♪

そのために実践するべきことを5つまとめました。

鉄則1:22~2時の間に入眠!

成長ホルモンが最も分泌されるのが22時~2時と言われています。22時に毎日寝るのは無理でも、少なくとも2時までに、できれば日付が変わるころには眠るようにしましょう。

そして最初の3時間はまとまって寝ることがポイント。目覚めはそれ以降にしましょう。

鉄則2:寝る2時間前は食べない

寝る前の食事は、太ると言われているばかりではなく、睡眠の質をも低下させます。よく、食べ過ぎ飲みすぎの翌日、しっかりと睡眠はとれているのにだるい、眠気がとれないなんてことありませんか?

それは寝ているようで、実は体は消化活動に追われているため、眠りが浅いためなんです。消化吸収に血液が注がれると、深い眠りにつくことができません。なので、理想は3時間前、少なくとも2時間前には食事は終わらせましょう。

お腹がすいて眠れないときは、消化によいホットミルクや豆乳、スープなどがいいですよ。カロリーより、消化に良いもののほうが、逆に質の良い睡眠がとれて、結果としてダイエットにつながります♪

鉄則3:お風呂タイムも効果的に♡

できればシャワーではなく、湯船につかりましょう。身体が芯まで温まり、安眠効果が期待できます。

でも、お風呂に上がってすぐ寝ると、まだ体温が下がりきる前に寝床に入ってしまい、逆に目がさえて眠れないんです。私たちの体は、お風呂で身体を温め、その熱が下がるときが最も入眠に適しているといわれています。

なので睡眠の2時間前くらいに入浴を終わらせるのがベストタイミング♪そしてしっかりリラックスしましょう♡

【お風呂上がりに】6stepの簡単美容お家エステ

鉄則4:7時間睡眠

ショートスリーパーなんて言葉も流行っているようですが、基本我々の体は7時間睡眠が理想と言われています。毎日は無理でも、7時間を意識して生活したいですね。ちょっとテレビを早く切り上げて、遊びも早く切り上げて、睡眠時間を確保するような生活を心がけましょう♪

美容マニアは7時間絶対に寝ている【安眠対策】

鉄則5:起きたら太陽の光を♡

そして質の良い睡眠は目覚めの時で決まるともいえます。睡眠を促す、メラトニンというホルモンは太陽の光を浴びてから14~15時間後に分泌されます。なので朝一番の太陽光が必須なんです。

太陽の光は体内時計を正常化し、体のバランスを整えてくれます。太陽の光を浴びるとセロトニンという物質も分泌されて、これは食欲にも作用するので食べ過ぎ防止にもつながりますよ。

最後に・・・♡

いかがでしたでしょうか。睡眠の力、侮るべからず。キレイの基本は食事、運動、そして睡眠で作られるんですね。

美しく痩せたければ、毎日しっかり眠って、すっきり目覚めてテキパキ動く!ほら、スマホいじりは入眠を妨げますよ?早めに切り上げてさっさと寝ましょう♪