1日2,000kcal超えでも太らない?!守ることは3つだけ【食べ合わせダイエット】の方法

ダイエット、というと、おいしいものはすべて絶ち、ひたすら運動、カロリー消費、ツライ…
なんて思っていませんか?
本来食欲とは我慢するものではないんです。
太ってしまう人はその食べ方、食べ合わせに問題あり!
逆に言えば、その「食べ合わせ」をちょこっと変えるだけで私たちの体は勝手に体内で燃やし排泄してくれる。
だから太らないんです。
そう、世の中には2000kcal摂っても太らない人だっているんです。
そんな、「食べ合わせテクニック」を今日はご紹介しましょう♪

食べ合わせダイエットの効果って?我慢しなくていいんです

食べながら痩せられる

食欲は我慢。食べたいけど我慢。そんな我慢ばかりのダイエットをしてきた方、うまくいきましたか?

おそらくリバウンドを経験したり、辛くて続かなくなってしまった方が多いのではないかと思います。今回ご紹介する食べ合わせダイエットは「食べて痩せる」ダイエット法です?

食べ合わせダイエットは代謝もあがる

食事ダイエットにありがちな、筋肉量が落ちたり代謝が下がる心配もなし。食べて内側から燃やし、脂肪をつけにくくするダイエット方法です。きちんとバランスよく食べるので、代謝を上げて痩せやすくなる効果も期待できます。

食べ合わせダイエットを駆使すればこんなに食べられるの?

 

充分な栄養をとるのに必要なカロリーは、体型や私生活で大きく個人差がでますが、目安として大体1,800~2,000kcalとされています。

このカロリーって、意外とがっつり食べられるでしょう?こんなにたくさんのカロリーを摂取したら痩せれるわけない・・・!そう思う方もいるのではないでしょうか?

確かに極端な話、お菓子ばかりで毎日2,000kcalも食べれば、激太りしたり体調不良になります。しかしバランスのとれた食事で2,000kcalにすれば、痩せやすい体質になるのです。

大事なのはカロリーではなくバランスなのです!

食べ合わせダイエットのポイント♡カロリーじゃなく「バランス」

食べ合わせダイエット①○○を食べない、はNG?!

ダイエットには炭水化物はNG!脂肪分はNG!
いろんな情報がありますよね。

どれが正しいの?と言いたくなりますが、「NGな食べ物」なんて本来ないんです。

食べ合わせダイエット②組み合わせて初めてパワーになる

栄養はそれ単体では何の意味もないんです。
タンパク質もそれだけでは筋肉を作ることができません。
炭水化物と合わさって初めて身体に吸収され、脂肪を燃やしてくれるんです。

出典:instagram.com

?taken-by=akaikumin

食べ物はみんな私たちの身体を作り、脂肪を燃やしてくれる大切なエネルギー源。
ただ、太る人はそれを太るように食べているだけ。

太る人がやっているNGな食べ合わせ

思い当たる食べ合わせがないか、チェックをしてみてください。

NGな食べ合わせ① 単品食べ

出典:instagram.com

炭水化物が太る、脂質が太るといっている方の大部分にありがちなのが、単品食べ

例えば、朝食はパンだけ。昼食はおにぎりだけ。

基礎代謝カロリーで納めるなら問題はありませんが、それ以上食べると、単体では代謝されず、脂肪に回ってしまいます。

また炭水化物×炭水化物も危険⚠️
ラーメンにチャーハン
おこのみやきとごはん
うどんとどんぶりもの
一見オシャレなパスタにバゲットなんて組み合わせも。

NGな食べ合わせ② タンパク質×炭水化物

出典:instagram.com

?tagged=%E7%89%9B%E4%B8%BC

タンパク質と炭水化物は脂肪燃焼に欠かせないのですが、これだけだと、酵素不足に陥ります。

タンパク質と炭水化物を分解するのに必要な酵素は種類が違うといわれています。なので食べ合わせテクニックとしては必ず「野菜」を挟むこと。逆に野菜×炭水化物、タンパク質×野菜の組み合わせはgood?

焼肉に行った時は、ごはんではなくサンチュを頼みましょう✨

NGな食べ合わせ③ カロリーばかりにこだわる

出典:instagram.com

1食あたり300kcal?500kcal?
今日は○○kcalとったからあとは△△kcal以内!などと電卓をはじいている方。
結構無駄な努力かも。

おなじ100kcalでも、野菜でとる100kcalと、菓子パンからとる100kcal
どちらが太りやすいかは言うまでもありませんよね?

カロリー計算をしている方も
カロリーだけでなく食べたものもちゃんと記録する事が大切です?

NGな食べ合わせ④ 1日1食がっつり食べ

よくあるのが、どうせ夜は食欲が我慢できないから、我慢できる朝昼を抜いて夜は好きなものを!としている方。

ぎくっ?

これって、確かにトータル摂取カロリーは減らせますが、あんまり体重って減らないんです。
むしろ身体がそのカロリー内で活動しようとするので、燃費は悪く、代謝は落ちます。
結局無駄に食欲ばかり我慢する「我慢大会」な結果に。

夜食欲が我慢できない、という方はおそらく日中の食生活に問題あり。
炭水化物や糖質量、削りすぎていませんか?

1日トータルで足りていない栄養素を夜、身体は欲求してくるので、
食べたくて眠れないなんてことになっている方は慢性的に何かが不足している可能性があります。

食べ合わせダイエットの方法♡3つのポイントを守れば痩せられる♡

食べ合わせダイエットのポイント①「炭水化物:タンパク質:脂質=4:3:3

アメリカのシアーズ博士による、「ゾーンダイエット理論」から話題になったダイエットの比率が4:3:3!

炭水化物が、タンパク質よりちょっとだけ多く、脂質とタンパク質は同じくらいの割合がベスト?

この比重をまもれば、あとは身体が勝手に消費、消化し代謝してくれるというものです。
炭水化物の比重が結構多いことに驚きますね。
糖質制限!などと力んでいた方も、このバランスを守れば炭水化物を食べても太ることはなかったんですね?

食べ合わせダイエットのポイント②タイミングは「朝:昼:夜=3:4:3」

1:1:1とする説もありますが、敢えてこの数字をチョイスしました。というのも、ポイントは「昼間しっかり食べること」だからです。逆に、昼食の割合が多くなればあとはあまり気遣う必要はない、ということです。

朝、胃もたれがしてたべられなくとも、朝食<昼食>夕食となるようにすればok
これが一番太りにくい食べ方です。

出典:instagram.com

?taken-by=akaikumin

つい私たちは夜がっつり食べてしまいがちですが、昼間のほうが、活動により消費しやすいですよね。

それに寝る前にがっつり食べると、安眠を妨げてしまう効果もあり、胃腸にもよくありません。
アメリカなどでは最近、健康や美容のため、ランチタイムを豪華にする、派手目なランチが主流のようです。
寝るだけで1ヵ月-1㎏!?話題の【睡眠ダイエット】でみるみる痩せ体質へ♡

食べ合わせダイエットポイント③お弁当は「ごはん:野菜:おかず=3:2:1」

ごはん:野菜のおかず:肉、魚、卵などのタンパク質を含むおかず=3:2:1
ちょうどランチボックスに入れても
彩のバランスもとれるといわれている比率です。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

大切なのは何事もバランス。
身体もバランスを崩しては太ったり痩せたり、お肌が荒れたり便秘したりの悪循環。
バランスさえしっかり保てれば、あらゆるトラブルから私たちを守ってくれるとも言えます。

食べ合わせダイエットで
バランスよく食べて、食欲の我慢大会はもう卒業しちゃいましょうね。

食べて痩せたい人はこちらもチェック♡

【たくさん食べているのに細い人と太い人】には遺伝以外の誰でもできる特徴があった!!!