【悪酔い防止×ダイエット効果♡】太らない、美しいお酒の呑み方を教えちゃいます♡

新年度がスタートしました。
新しい環境で慣れない方も多いのではないでしょうか。

そしてこの季節といえば、新歓、コンパ、飲み会に花見大会。
何かと呑んで食べるイベントが目白押し。
楽しい一方、ダイエット中女子や酔いやすい女子はちょっと複雑だったり…。

そこで今日は、悪酔いを防ぎ、このシーズンを太らずに乗り切る方法をお教えしましょう♪
ちょっとコツさえ守れば、イベント続きでも元気に、そして太る心配もなし゚+。(ღ▻ ܫ◕)b゚+。

イイ女はお酒の呑み方も上手♪

職場においても、学校やサークルでもお酒の付き合いって結構重要。
ここで人間関係の輪が広がったり、仲良くなるきっかけにも繋がります?

女子たるもの、べろんべろんに泥酔して記憶がない…
呑みすぎて目も当てられない状態に…
翌日、二日酔いで潰れて仕事にならない…
なんてことはないですよね?
…(〟-_・)?

お酒の悪酔いはおデブを招く!ダイエットによくな〜い

お酒の呑みすぎ、悪酔いはお肌やダイエットにも大敵。
飲みすぎた翌日、むくみで顔がパンパン、
お肌は荒れてボロボロ、

お腹が苦しくてチャックが上がらない!
…なんて事態にもなりかねません?

お酒の呑み方も正しければダイエットも心配無用♡

そこで大切なのが悪酔いしないこと。
正しく飲むことで、アルコールの排泄もスムーズになり、飲んだ翌日もすっきり。
むくみや肌荒れ予防にもつながります。
そして、酔った勢いの食べ過ぎも防ぐことが出来るのでダイエット中も安心♡

ダイエットに成功するポイントは
お酒を呑む前、飲んでいる最中、飲んだ後の3つのタイミング♪

これで太らない、ダイエット中の美しいお酒の呑み方【呑む前編】

朝、昼は抜かない

今日は飲むからせめて摂取カロリーを控えておこうとしているあなた。
それは逆効果ですよっ。

空腹時にいきなりアルコールで乾杯すると
一気に酔いが回ってしまいます?
そして急激に血糖値が上がるので、カロリーをぐんぐん吸収し脂肪に変わります。

なによりおなかペコペコじゃ、食べ過ぎてしまうリスクがアップします。

お勧めはキャベツ

もちろん、呑みを意識して事前にカロリー控えめにすることはOK♪
できればキャベツやダイコンといった消化酵素を含む食品を選びましょう。
意識して野菜をしっかりとるとgood♪

飲み会前に何かちょっと食べておく

そしてお酒を呑む直前に少しお腹に軽い食べ物を入れておくこと。
これで、血糖値が急に上がるのを防いだり、アルコールの回りを穏やかにしてくれます。
すきっ腹で乾杯が一番ダイエットに危険⚠️

悪酔いを防ぐ効果があるのが「野菜ジュース」や「乳製品」。

野菜ジュースならトマト系のジュース、青汁などがおススメ。
乳製品ならば、牛乳や豆乳、チーズなどがいいですね。

胃に膜を作り、アルコールから消化器を守ってくれます。
当日はこっそりバックに忍ばせておきましょう。

これで太らない、ダイエット中の美しいお酒の呑み方【本番編】

かんぱ~い?!

一気飲みしたいところですが、ダイエット中は我慢。
基本的なことですが、ゆっくり飲みましょう。

「お酒を飲む → 血液中のアルコール濃度が上昇」という行程にはタイムラグがあります。
一般的に血液中のアルコール濃度は飲んで30分後にピークを迎えるといわれています。

実際は、食べながら呑むので
アルコール濃度の時間はもう少しかかるともいわれています。

平気平気♪と思って調子に乗りすぎないよう
ゆっくりペース配分を考えながら、「食べながら呑む」のがベストです。

ダイエット中のお酒のおつまみは野菜とタンパク質♪

居酒屋メニューって上手に選べば
ヘルシーでダイエット向けのものが多いといえます。

中でもおすすめは「枝豆」や「サラダ」。
枝豆はタンパク質が豊富でアルコールの分解を促す成分がたっぷり。
お通しに枝豆、というのは意味があるのですね。

他、タンパク質も、アルコールの分解を助けます。
焼き鳥や焼き魚、豆腐や卵焼きなどは良質のたんぱく質源。
どの居酒屋にも必ずといっていいほどありますよね。

お酒と共に水も積極的に摂る

水分は積極的に摂りましょう。
お酒のグラスの横にお水またはソフトドリンクを。
1口呑んだら1口飲む、くらいのつもりで飲むと、お酒のアルコールが早く分解されます。

これで太らない、ダイエット中の美しいお酒の呑み方【呑んだ後編】

水分とカリウムでアルコールを流しだす!

呑み会終了後から、酔いが抜けるまでに意識したいのが「水分」
むくみが心配で、といって控える人がいますが逆効果。
少しでもお酒のアルコールを体外に出すためには水分が欠かせません。

出典:instagram.com

排泄を促す「カリウム」も意識しましょう。
余分な塩分や水分の排泄を促し、むくみを解消してくれます。

水をがぶがぶのむよりも。
カリウムも同時に摂ることが出来るスポーツ飲料、野菜ジュースがおすすめです。

水のほうが太らなさそうですが、大切なのはカロリーではなく、身体のバランス。

お酒を呑んだ翌日の食事は「お腹がすいてから」

呑みすぎた翌日、いかに調整できるかが勝負!
呑んだ翌日こそしっかり食べたほうが太らない!
翌日はスムージーでデトックス!

いろいろ言われていますが
結局どうすればいいんだ!って感じですよね。
_| ̄|○

どれも間違いではないのですが
お酒を呑んだ翌日の食事、特に朝は「体に正直に聞く」のが一番。

呑んで胃もたれをしていたら、水だけ、ジュースだけ。
普通にお腹がすいていたら、消化によさそうなものを食べる。
気持ち悪いけれどスムージーならいけそう、ならばスムージーを作ってみる。

基本的に
お酒を呑んだ次の食事は、お腹がすいてから。
そのうえで
いつもより野菜多め、そしてカロリー控えめを意識すれば充分。

二日酔いに効果のある食べ物飲み物は以下の通りです。
積極的に取り入れてみて♪

この呑み方をマスターすればお酒も大丈夫♪

お酒は太るといいますが
呑み方さえ意識すれば大丈夫?
難しいことではないのでぜひ実行してみてくださいね✨

お酒好きな方はこちらもチェック♡

【ディズニーシー編】女子必見!絶対SNSに投稿したくなる♥︎可愛いTDSフード7選♥︎