化粧ノリを良くする方法はお肌の状態改善!!!翌日の化粧ノリがぐ~んとよくなる3つの方法

2016/04/27

新生活がスタートし新しい環境に変わった方、特に疲れが出てくるのがこの季節ですよね。

5月病なんて言葉もあるように、疲れやすい=肌荒れしやすい季節とも言われています。

化粧ノリはお肌の状態と深い関係があります‼️

本日は化粧ノリが良くなるお肌の疲れ改善方法をご紹介いたします!

化粧ノリはお肌の状態で決まる

忙しくて睡眠不足が続いていたり、肉体的にもお疲れがたまっていると
お肌の状態も悪くなりますよね?

朝起きて体もだるい、お肌の状態も最悪、化粧ノリも悪いとなれば、もう1日のスタートは最悪。

また、疲れている時はつい食生活も崩れがち。

ついつい食べ過ぎたり、偏った食事ばかりになってしまい胃腸に負担がかかり、肌荒れを引き起こします。

化粧ノリが悪くなる!!!お肌の状態が悪い時の症状

肉体的な疲れはお肌にすぐに出てきてしまうもの。

疲れ切ったお肌だと以下のような症状が現れてきます。

化粧ノリが悪い時の原因① 肌の水分量が減少してカサカサに

疲れや寝不足は体の代謝が下がり、血液循環が悪くなります。

その結果、水分や油分がお肌の隅々にまで行き渡らず、カサカサの砂漠のようなお肌になってしまいます。

疲れた日の朝は、化粧ノリが悪かったり、ファンデーションが浮いて粉を吹いたりします。

化粧ノリが悪い時の原因② 毛穴のつまりやニキビ

お肌の状態を回復させないと、いつまでもお肌は乾燥状態のまま。そこで身体は乾燥のダメージから肌を守ろうと皮脂を分泌します。

いつもより皮脂がたくさん分泌され毛穴の詰まりやニキビを引き起こす結果にもつながるのです。

すぐにメイクが崩れてしまい、化粧ノリが悪くなってしまいます。

疲れ、寝不足が続くと代謝が下がり、お肌は受けたダメージを回復させることが出来ずニキビがいつまでも治らずシミとなって残ったり、日焼けあとの色素沈着といった原因にもつながります。

化粧ノリが悪い時の原因③目の下のクマ、くすみ

寝不足や疲れがたまると皮膚が薄い目の下はうっ血しやすく、色素が透けて見えがち。

朝起きたら目の下にクマが出来ていたり目の回りの色が悪いのはこのためです。

さらに血流も悪くなっている状態なので、顔全体が血行不良を起こし、顔色が悪く、化粧をしても老けて見える結果に。

化粧ノリを良くする方法!食事+睡眠+休息+スキンケア

疲れたまま翌朝を迎えると、化粧ノリは悪いし、気持ちも憂鬱になってしまいますね。

疲れた時こそ、きちんとお肌の状態を回復してあげることが重要です。

食事、睡眠、休息。

これにスキンケアを加えることでお肌の状態は回復します。

化粧ノリが良くなる3つのポイントをチェックしていきましょう!

化粧ノリを良くする方法①メイクは必ず落とす

どんなに疲れていても化粧は落としてから寝ましょう。

汗、皮脂、雑菌まみれのメイクが毛穴を塞ぎ翌朝肌はテカテカ、目の周りはがさがさの状態に…。

化粧を落とさずに寝るだけでお肌は3歳老けるといわれています。

お肌の老化も早め、化粧ノリも最悪です。

もう化粧を落とす気力もない、というくらい疲れがたまっている場合はベッド回りにさっと化粧落としを置いておきましょう。

化粧ノリを良くしたいならば、化粧はきちんと落としましょう。

話題のオイルでお手軽クレンジング

肌疲労回復にお勧めなのがオイルによるメイク落としはオイルクレンジングです。

オイルといっても、使うのは、家庭用のオイルでokです。ただし、オリーブオイルやホホバオイルといったオレイン酸を含んだ良質なオイルを選んでください。

おすすめのオイル

  • オメガ9 (オレイン酸が多い油)
    オリーブオイル、なたね油
  • オメガ6 (リノール酸が多い油)
    紅花油、コーン油、ひまわり油、グレープシードオイル、大豆油など
  • オメガ3 (EPA、DHA、アルファリノレン酸が多い油)
    えごま油、亜麻仁油、ココナッツオイルなど

オリーブオイルは、保湿性に優れ、毛穴を開き中の汚れをごっそり溶かし出す効果が期待できます。

オリーブオイルなら、お家にあるという方も多くお手軽さもばっちりですよね。

ニキビ肌の方はホホバオイルやグレープシードオイルがオススメです。

オイルでお手軽メイクオフ♪

①オイルを手に取る

この時余裕があればちょっと温めると効果アップ

②Tゾーン~顔全体になじませくるくる広げる

③蒸しタオルやコットンでふき取る。

化粧ノリを良くする方法②血流を良くしましょう

できれば5分でもいいので湯船につかるのが理想です。

シャワーだけで済ませるより体の血の巡りがよくなり、睡眠の質も上がります。

湯船でマッサージしてあげれば更に効果が上がります。

血の巡り、睡眠の質が良くなれば化粧ノリも良くなります。

湯船には顔や体を洗う前につかるほうがベスト。前進の毛穴が開き、中の汚れをすっきり綺麗に落としてくれます。

このとき、蒸しタオルやホットマスクなどで顔の血流もよくしておきましょう。綺麗に化粧が落ちるだけでなく、クマ撃退、ニキビ予防の効果もあります。

お風呂のおともにお水を持ちこみ水分をしっかり摂ることも意識しましょう。

水分を飲みながらお風呂に浸かれば沢山汗をかき、お肌のデトックス効果もあり。翌日の化粧乗りもぐんとよくなります。

肌疲労解消法③保湿ケアは念入りに

しっかり保湿♡おすすめ美容オイル

寝る前までに保湿ケアを徹底して行いましょう。

お疲れの時は特にお肌の水分が奪われがちです。

お風呂上がったら化粧水→乳液→クリームでスキンケアを行いましょう。

お手軽コットンパックが疲れた肌の救世主

パックする元気がなくても、化粧水とコットンがあればすぐにできてしまうお手軽美容方法コットンパック」が化粧ノリを良くするためにお勧めです。

お値段もパックに比べてぐんとお安いのも魅力的。

正しいコットンパックの方法

①コットンを2枚に裂く。
②指で引っ張って伸ばしたコットンに軽く蒸留水または水を含ませて湿らせたら、化粧水を含ませる。
③コットンを気になる部分にon♪数分おく。
④乳液または美容液で蓋をする。

乾燥でお悩みの方は化粧水+保湿性のある美容液やオイルをプラスしたコットンで♪

逆にオイリー肌の方やニキビでお悩みの方は収れん化粧水やニキビ用化粧水でパックをしましょう♪

しかしパックをしたまま寝てしまわないよう注意!
目安の3~5分は守らないと逆に乾燥を招いてしまいます。

コットンの水分や油分が蒸発するタイミングで、肌表面の水分や油分が一緒に奪われてしまうためです。
化粧ノリが逆に悪くなります。

これで化粧ノリのいいお肌に

化粧ノリを良くする方法はお肌の状態を良くすること。

お肌の疲れをためないように意識して薄メイクでも盛れる化粧ノリのいいお顔を目指しましょう!

PAGETOP