また服を買いすぎた〜!!!服の買い物上手になれる6つの方法

街の中をぶらぶらウィンドウショッピングをするだけでも楽しいもの。
ついつい一目惚れした服を衝動買いしてしまった・・・という経験は女子ならよくありますよね。
でもせっかく買っても結局サイズや好みに合わなくて、タンスの肥やし確定ということもしばしば。
買い物上手さんはこんな服の無駄遣いはしません。
今回は上手に服をお買い物するためのルールをご紹介していきます♫

また服買っちゃった。買い物上手になりたい・・・

一目惚れした服を衝動買いしていくと、何だかストレスも発散されていい気分。
でも 家に帰って着てみると、想像していたのと違ったり、自分が持っている他の服と合わなかったり…。
お金も無駄になりますよね?
こんな買い物悲劇を繰り返さないために、服の買い物上手になるルールを学びましょう!

服の買い物上手になる方法①家にある服を確認しよう

雑誌で見て即効で気に入った服。
この服が欲しい!と思う前に、ちょっと待ってください。

この服と似たようなものは持っていませんか?
衝動買いしてしまう人に共通しているのは、
似たような色や形のアイテムを既に持っていること。

また自分の今持っている服と
コーディネートが想像できますか

服単体が可愛くても
コーディネートが出来なければ可愛く着こなせません。

服の買い物上手になる方法②欲しい服をあらかじめ絞り込む

クローゼットを確認出来たら
今の自分が持っていない服が明確になります。

パンツ?ワンピース?シャツ?
これが絶対欲しい!とハッキリすれば、他に欲しい服が現れても
節約のためにガマンできるし、必要なものを買えて買い物へ行っても激しい目移りはしないで済むはずです。

服の買い物上手になる方法③試着は必ずしよう

オシャレさんが多いパリジェンヌ。
パリジュンヌはあまり服を買わないことで有名です。

例えファストファッションのTシャツ一枚でも、必ず試着をしてから買うかどうかを決めるそうです。
しかも服を買いに行ったら試着だけで、トータル3時間も費やすことがザラなんだとか?
Tシャツ一枚くらいならデザインだけ見て、パッと買ってしまう人が多いと思いますが、買い物上手なパリジェンヌはしっかり試着するのですね。

買い物上手が試着で細かくチェックする場所

試着で服のチェックをするポイントは
着丈、後ろ姿、フィット感やシルエットなど。
本当に自分に似合っているのか、徹底的に確認するわけです。
そこまで徹底的にできない、という人でも試着は必ずした方がベター。

好きな服と似合う服は同じではありません。
実際に着てみて違和感があれば、買うのは辞めた方が無難です。

服の買い物上手になる方法④一目惚れをしたら一度お店を出る

恋は盲目という言葉があるように、好きになると相手の欠点が見えないときがあります。
これは服にも当てはまり、欲しいという気持ちだけでは、その服の良い部分しか見えません。
そのためあえて、服に一目惚れをしたら一度お店を出て気持ちをクールダウンさせましょう。
本当に欲しい服か?持っている服とコーディネートできるか?似たようなデザイン、色は持っていないか?
冷静に思い出して分析しましょうね?

服の買い物上手になる方法⑤新しく買ったら古いものは処分する

新しい服を買ったら古いものは捨てましょう。
そうしないとどんどんモノが溢れて、クローゼットに収まり切れなくなりパンパンになってしまいます。
新しい服を買ったら、最近は全然着ていないなぁと思う服を処分します。
捨てるのがもったいないような服なら、リサイクルショップや古着屋へ持って行きましょう。
服の状態にもよりますが、ちょっとしたお小遣いになるかもしれませんよ?

服の買い物上手になる方法⑥あらかじめ予算を決める

特にバーゲンセールをしていると
ついつい余計なものまで買ってしまい
お金を使い過ぎてしまいます。

こんなことを避けるためにも、買い物で使う予算をあらかじめ決めておきましょう。
予算を決める前に、行きたいお店の下見をしておくのも1つの方法です。
時間と気持ちに余裕があると、本当に欲しいアイテムなのか判断もしやすいですよ。

ただどうしても買いたい!欲しい!という服があったら
多少予算はオーバーしても買ってOK?
買わずに後で後悔はしたくありませんよね。

服の買い物上手になる方法♡まとめ♡

今回ご紹介した
服の買い物上手ルールを実践すれば、
オシャレもできるし無駄遣いも減って、クローゼットもスッキリ✨
いいことだらけなので、ぜひ実行してみてくださいね。