お気に入りジーンズの色落ちを防ぐ♡正しい洗濯の仕方&洗わないで済むコツ

みなさん、デニムのジーンズは何回履いたら洗っていますか?
ジーンズの洗濯は実は難しいものです。
意図的に色落ちさせたい場合もありますが、買った時の色をそのまま維持したい時もありますよね?

デニムジーンズは洗わない方がいい、なんて言う話を耳にしたことがありますが、やはり洗濯した方がベター。
履き続けることで形も変わってきますし、膝が出てくることもありますもんね。
それに汚れやニオイも気になる…。
このようにデニムジーンズは洗わないわけにもいきません。
色落ちが気になるので洗うことに抵抗があることも理解できますが、今回はデニムジーンズを洗濯するときの
正しい洗い方と洗わなくてもいコツについてご紹介していきます。

ジーンズ・・・本当は洗濯しないのがベスト

お気に入りのジーンズ
買ったときのままの色を維持したいのなら、やはり洗濯しないことがベスト。
よくジーンズ好きのタレントさんの中でも、高級なビンテージのジーンズは一回も洗ったことがないと言う話も聞きますよね。
でも型崩れや衛生面で気になるので、洗濯しない方法をご紹介しますね。

ジーンズを洗濯しなくていい方法①オイル加工のデニムを買う

洗っても色落ちしないジーンズという画期的なデニムがあります。
それは仕上げにオイル加工されたデニムです。
オイル加工されたジーンズは
G-Star RAW(ジースター・ロウ)、DIESEL(ディーゼル)、SOMETHING(サムシング)などのジーンズに多く
反対に実はリーバイスは色落ちしやすいです。

今度ジーンズを買う時にショップのスタッフさんに、オイル加工のジーンズについて聞いてみても良いでしょう。
ただし洗濯を重ねていけば多少色は変わっていきます。

ジーンズを洗濯しなくていい方法②同じジーンズばかり履かない

他の衣類にも共通して言えることですが、同じジーンズを続けて履かないこと。
最低でも2週間は間を開けてから同じジーンズを履くようにします。
暑い夏は極力洗濯を避けるため、汗をかいたら裏返しにして陰干しをしましょう。
そうすれば汗やニオイも気にならなくなりますよ(´ー`)

ジーンズを洗濯しなくていい方法③デニムの下にストッキングを履く

ジーンズの中にストッキングを履くのは究極の方法ですが、ジーンズと直接肌が付かないようにすれば汚れなんか気になりませんよね。
男性の場合は難しいですが、女性なら夏以外は出来ますよ。

色落ちさせないジーンズの洗濯方法

ジーンズが傷まないように極力洗濯は避けたいとことですが、そうもいかないので?
10回くらいの頻度で洗濯すると良いでしょう。
デニムの最大の魅力はあの色合い。
色落ちをさせないために慎重に洗濯しましょう。

色落ちさせないジーンズの洗濯方法①裏返して洗う

洗濯機で洗う場合も手洗いする場合も、ジーンズは裏返して洗うのが大前提。
洗濯機でソフト洗いやドライコースを選んでジーンズを洗えば問題ありません。
しかし手洗いの方が色落ち具合が分かるので、少し面倒ですが手洗いで洗うのをおすすめします。

色落ちさせないジーンズの洗濯方法②同じ色味同士で洗濯する

洗濯機には同じ色合いのデニムを入れて洗濯します。
違う色味の服を混ぜてしまうと、色が移ってしまう危険があるので気を付けてください。
また洗濯機で洗う場合は洗濯ネットに入れてから洗うのを忘れずに。
ジーンズ一本一本洗濯ネットに入れて洗濯機に投入しましょう。

色落ちさせないジーンズの洗濯方法③干すときは裏返す

ジーンズなどのデニム生地は、直射日光に当たると変色する性質があります。
よって裏返して干すことが鉄則。
また仕上げに柔軟剤を使うと、柔らかくなるので履き心地が良くなります。
キレイにジーンズを履きたいなら、アイロンがけがおススメ。ジーンズを裏返したままでアイロンしてください。

まとめ

色落ちをふせぐジーンズの洗濯方法や洗濯しなくて済むコツをご紹介しました。
頻繁に洗うとやはり色落ちもそれだけ早くなります。
正しいお手入れをしっかりして
お気に入りのジーンズをいつまでも大切に履いてくださいね。