no-image

好きな人への告白!!成功するにはタイミングが大切です♡

好きな人に告白するときは、とても緊張するものです。それに断られたくない、OKの返事が欲しい!!と誰もが思います。告白の言葉はなんて言えばいいのか、どうやって告白すると成功するのか、いろいろ考えますよね。

ただその考えが間違っていると、告白の結果は残念なことになるかもしれません。そこで今回は、告白するときに気を付けたいポイントをご紹介していきます。告白の予定があるあなたはぜひ、参考にしてみて下さいね。

告白はタイミングが大事

まず考えて欲しいのが告白のタイミングです。相手の状況や気持ちをきちんと考えてから、タイミングを図りましょう。失敗する例として、自分の感情と都合だけで告白するパターン。「今日は告白するぞ!」と意気込んでもそれはあなたにとってのベストタイミングであり、自分の気持ちの都合ですよね。

相手の状況を配慮しよう

相手が仕事や勉強で忙しいピークの時に、告白されたらどう感じるでしょうか?今は仕事が忙しくてそれどころではない!!と思うはずです。しかも大きなプロジェクトやまたはトラブルを抱えて苦戦している時なら、尚更ですよね。相手が学生の彼でも試験勉強の真っ最中とか、就活で時間がない、部活の大きな試合が控えている、そんなデリケートなタイミングの時に告白しても失敗する確率の方が高いと言わざるを得ません。

告白するタイミングはとても大事です。相手が今どんな状況にあるのか、どんな精神状態なのか考えてから行動に移しましょう。

相手の気持ちが安定している時がベストタイミング

相手の感情が落ち着いていて、環境も安定しているタイミングを見計らって告白しましょう。例えば大きな仕事を終えた後や、トラブルを収めた後、試験がおわった後
、内定をもらった後、などのタイミングがベストです。彼のテンションが嬉しくて高くなっているときに告白すると、イエスの返事をもらえる確率も高くなります。

服装や身だしなみには気を配る

相手に自分の気持ちを伝える告白なわけですから、あなたの見た目の印象もものすごく重要になってきます。かと言ってあまり気合いを入れすぎて、普段と違いすぎるファッションになったり、ヘアスタイルも激変させるのはおススメしません。

いつもと変わらない服装とメイクにした方が◎。男性はふんわり系のファッションやナチュラルメイクが好きな人が多いのです。

遠回しな言い方は止めてダイレクトに伝えよう

タイミングとファッションに気を配ったら、実際の告白の言葉を考えましょう。失敗の原因でダントツに多いのが、自分の気持ちが相手にきちんと伝わっていないパターンです。

緊張しすぎて遠回しな言い方になったり、遠慮がちに告白すると失敗します。「好きです。私と付き合ってください。」とダイレクトに言えないタイプの人に多く見られます。

告白に余計な雑談は必要なし

さあ告白するぞ~と思っていたのに、その場になって尻込みして余計な話を始めてみたり…。肝心の告白のときも雑談の延長のように相手に受け取られ、自分の意志が伝わらないケースが多いようです。

相手がこれは告白なんだと理解してくれないと、あなたの告白は全く意味のないものになってしまいます。ドキドキし過ぎて遠回しな言い方をすると、相手にとっては意味不明で何言っているの?と逆に不快に思われるかもしれません。

告白のセリフは何回も練習しよう

当日にどぎまぎしないで落ち着いて告白ができるよう、セリフを考えたら紙に書いて何回も声に出して練習しましょう。そのセリフがスラスラ言えるようになるまで練習あるのみ。友達を相手に告白の練習をするのも効果的です。

まとめ

告白するときは心臓がバクバクして最高潮に達しますよね。これってとても自然なことです。

今回ご紹介したポイントをチェックして、成功する告白の準備をしましょう。大事なのはたおみんぐです。あなたの恋が成就しますように。