汗臭くない!?汗の臭いを消す6つの対策

暑い夏がやって来ると気になるのが汗臭さ。汗臭さの元になっているのは皮膚の表面にある雑菌が原因です。この雑菌がなくなれば汗は無臭のままでいてくれます。

汗は体温調節には不可欠な存在。特に暑い日には汗をかくことで体の表面を冷やしてくれて、体温がこれ以上上がらないように調節しています。でも汗をかくと気になってくるのが臭い。今回は汗と上手に付き合って夏を楽しめるよう、汗臭さを消す対策方法をご紹介していきます。

①汗を放置しない

汗は元々無臭なのですが、そのまま放置しておくことで雑菌が繁殖します。そのため汗の臭い対策として、汗をかいたらこまめにふき取ることです。

本当はシャワーで洗い流すのが一番いいのですが、汗をかくたびにシャワーには入っていられません。仕事中や外出中だったりすると到底無理ですよね。そこで汗をかいたらタイムリミットを1時間として、それまでに濡れたタオルやウェットティッシュなどで、しっかり汗を拭き取る習慣をつけましょう。

ニオイの元となる雑菌は、ニオイを発するまで1時間かかると言われています。こまめに拭き取ればニオイの防止になりますよ。

汗をふき取るポイント

乾いたタオルではなく湿らせたタオルを使ってください。なぜなら乾いたタオルで汗を全部ふき取ると、余計に汗が噴き出してきます。適度な水分を肌に残してベタベタ感も取れる濡れタオルで拭き取りましょう。

②冷房の効いた部屋もニオイの原因

冷房が効いた部屋は涼しいのでかいた汗は引きますが、雑菌はそのまま残ります。だから臭いの元もそのまま。たとえ涼しい場所に入っても肌に残った汗を濡れタオルなどで拭き取らないと、ニオイは発生するので気を付けましょう。

③外出前にはシャワーと制汗スプレー

脇の下から出る汗は悪臭になりやすいのが特徴。脇汗を抑えるなら、外出前にシャワーを浴びるのが効果的です。

朝起きたらシャワーを浴びて、寝ている間にかいた汗と増えた雑菌をリセットした後に、制汗スプレーを一吹きましょう。制汗スプレーは清潔な肌に使うと、更に効果を発揮してくれるのでおススメです。

④夏の衣類の素材にも注目

安価なポリエステル素材は水分を吸収できないので、かいた汗はそのまま溜まりやすく脇汗として残ってしまいます。

でも木綿なら吸湿性に優れているので◎。汗っかきで肌の敏感な赤ちゃんの肌着にも木綿が多いですよね。速乾性には落ちますが、肌にはいい素材です。

様々な衣類の種類

最近では各衣料メーカーから、吸水性や速乾性の両方に優れた商品も出ていますよね。汗が気になる夏は、服の素材にこだわるといいでしょう。できるだけゆったりした風通しのいい服がおススメです。

⑤わき毛のお手入れ

もちろんオシャレ女子のみなさんは、ムダ毛の処理も欠かさずしていますよね?わき毛があると、汗のニオイが悪臭になりやすいのでしっかり除毛、または脱毛することがニオイ対策になります。

脇の下は特にべとべと汗が出やすい箇所。そんなところにムダ毛ちゃんを放置しておくと、毛の一本一本に汗が付着して雑菌の増殖を広めることになってしまいます。それにわき毛があると汗をかいてもふき取りにくく、制汗スプレーも肌まで届きにくくなります。肌を出す機会が多い夏なので、面倒でもわき毛のお手入れはしましょうね。

⑥サラサラ汗が理想的

一日中クーラーの効いた部屋で生活をする人は、汗腺機能を弱めて汗が出にくくなっています。そうなると確かに涼しくて快適ですが、弱った汗腺から出る汗は、成分が濃いのでニオイが臭くて、ドロドロベタベタです。

汗腺を鍛えるには汗をかくことが一番。ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動をしたり、ホットヨガなどをすると汗腺が鍛えられてベタベタ汗から臭くないサラサラ汗に体質を変えることができます。

まとめ

汗の臭いをおさえるなら運動を習慣にするのも対策です。汗がかきやすい体質に改善していくことで、汗のニオイ対策に繋がります。

開放的で出会いも多い夏。そんな夏の恋も思いっきり楽しんでくださいね。