それ合ってる?意外と知らない本当に正しいシャンプーのやり方

シャンプーは毎日している人が多いと思います。つまり生活の中で頻繁にする行為なので、頭皮や髪に与える影響はとても大きいと言えるでしょう。特にシャンプーの仕方によって頭皮の状態は非常に変わります。

どんな方法が正しいシャンプーのやり方なのか、自分のやり方で間違ってはいないか、今一度見直してみませんか?

無意識にしている悪いシャンプーの仕方

髪を洗うときに爪を立ててゴシゴシ洗だてていませんか?髪を擦るようにしていませんか?案外間違ったやり方で髪を洗っている人は多いもの。

また洗浄力の強すぎるシャンプーを使っている人も要注意。シャンプーのやり方を見直すだけで、髪のトラブルが解消することだってあるのです。

正しいシャンプーの仕方①ブラッシングをしよう!

ブラッシングをすることで髪や頭皮の汚れを浮かせて、シャンプーするときに落ちやすくなり、泡立ちも良くなります。

ブラッシングは毛穴に詰まった汚れや皮脂を取りやすくする役目があるので、ぜひシャンプーする前にはブラッシングをしましょう。

正しいシャンプーの仕方②ぬるま湯でしっかり素洗い

ブラッシングをしたら38度前後のぬるま湯で、十分に髪を濡らして素洗いしましょう。熱いお湯は頭皮を乾燥させたり、反対に皮脂の分泌を過剰にさせてしまうので注意してください。

ちょっとぬるめかな、と感じる温度でOK。シャンプーの前の素洗いでかなり汚れは落ちます。その後シャンプーで頭皮の脂や皮脂汚れを落とすイメージで洗っていきましょう。

正しいシャンプーの仕方③泡立ててから使う

実は以前シャンプーの原液をそのまま直接地肌に付けて洗っていた筆者。これは刺激が強すぎてかぶれやフケの原因になってしまいます。シャンプーは手の平で十分泡立ててから使うのが正しいやり方です。

シャンプーの量

よく適量、という言葉を目にすると思いますが適量というのはショートヘアだと100円玉くらい、ロングヘアならその3倍くらいのシャンプーを使います

シャンプーは多ければいいのではありません。多すぎると洗い残しの原因になるので、あくまでも適量を意識してくださいね。基本的は1回洗いで十分ですが、汚れが気になる時や超ロングヘアの人は2度洗いをおススメします。

正しいシャンプーの仕方④泡立ちを見て足りなければ足す

シャンプーするときにポイントになるのが泡立ち。髪と頭皮は泡で洗うことが大切です。髪というより頭皮を中心に洗うと考え、頭皮までキチンと泡が届くように量を確認して下さい。

もしも泡立ちが足りないと思ったら、シャンプーを少し足します。またお湯を少しだけ足すと泡立ちが良くなりますよ。いずれも手の平で十分に泡立ててから洗うようにしてくださいね。

正しいシャンプーの仕方⑤マッサージしながら頭皮の汚れを落とす

シャンプーは泡立てて洗うとお伝えしましたが。この時頭皮ケアを目的としてマッサージしながら洗うこともおススメです。両手の指の腹を使って優しく洗うことで、髪にも頭皮にもとても効果があります。

頭皮マッサージの効果

マッサージすることで頭皮の血行が良くなり、抜け毛予防になります。また毛穴汚れもマッサージによってしっかりと綺麗にすることができます。

正しいシャンプーの仕方⑥洗い残しがないようにすすぎはしっかり

頭皮のトラブルに多いのがシャンプーの洗い残しです。すすぎが不十分でシャンプーの成分が地肌に残っている状態です。これはかぶれや毛穴詰まりを引き起こし、トラブルの原因になってしまいます。

せっかく頭皮マッサージで丁寧に洗っても、すすぎが不足していると意味がありませんよね。シャンプーのぬめりが取れても、実はまだ成分は頭皮に残っています。

すすぎは思った以上に念入りに丁寧に時間をかけて行ってください。目安としては3分から5分ほど。これで頭皮を清潔な状態に保つことができますよ。

まとめ

知っているようで知らなかった正しいシャンプーのやり方。これでサロン帰りのようなサラサラツヤ髪を目指しましょう。