シャンプーに砂糖!?頭皮と髪を蘇らせる意外な方法♡

抜け毛や頭皮のトラブルの予防には、きちんとした頭皮ケアが必要です。市販のシャンプーには、種類によっては化学物質が含まれていることが多いため、髪や頭皮にダメージがあって弱っているときに使うと、更に状態を悪化させてしまうこともあるので注意が必要です。

今回は、そんな心配の全くない自然の素材のみで自分で作ることができる、お砂糖の成分が入った手作りシャンプーについてご紹介していきます。頭皮や髪にはもちろん抜け毛にも役立つので、サラツヤな髪になること間違いなし!

黒糖シャンプーのすすめ

砂糖と言っても特におススメなのが黒糖です。サトウキビを絞って煮詰めると、砂糖の原料になる黒糖エキスが出来ます。この黒糖エキスには身体に良い成分がたっぷりと含まれています。白砂糖より栄養価が高く味も良いので、そのままお茶菓子として食べることもあります。

黒糖エキスのパワー

ミネラルやビタミン補給にぴったりの黒糖。疲れを取って集中力を上げる効果もあります。また地肌を含む肌荒れや肌の炎症も防ぐ働きがある強い味方なのです。頭皮が荒れて炎症が長引くと、毛根に影響が出るので抜け毛や髪の毛が細くると言うトラブルが引き起こされるので、美髪を作るには健康な頭皮が不可欠なのです。

頭皮や髪の毛の再生にも役立つ

肌荒れを防いでくれる働きがある黒糖エキスを、直に頭皮に付けることで頭皮トラブルが改善します。ただ直接塗りこむと刺激が強いので、黒糖入りの黒糖シャンプーとして使います。

黒糖シャンプーの効果

黒糖エキスとオーガニックシャンプー、あるいは石鹸シャンプーを混ぜて作ります。石鹸シャンプーにこだわる理由は天然成分で作られているので、同じ天然成分の黒糖エキスと相性が良いからです。実際に使った人の感想を見てみると、髪が太くなりコシが出来た、頭皮のべた付きがなくなりフケもなくなった、抜け毛が減ったという結果が出ているようです。

黒糖シャンプーの作り方

それでは早速黒糖シャンプーを作り方をご紹介します。
?材料(1回分)?
粉末黒糖 大さじ1
ぬるま湯 小さじ1
レモン汁 2~3滴
市販の石けんシャンプー 適量

黒糖シャンプーの作り方は材料を全て混ぜ合わせるだけ。まず粉末の黒糖をぬるま湯で溶かします。完全に溶けたらその中にレモン汁と石鹸シャンプーを加えて、よく混ぜ合わせます。石鹸シャンプーの量はいつも使っている量で構いません。ロングヘアでシャンプーの量が多い人は、それに合わせて黒糖エキスの量も調節してください。

全てが混ざり合ったらいつも通りにシャンプーとして使います。使う時は手の平でしっかり泡立てて、頭皮や髪の毛にもまんべんなく黒糖成分が染み渡るように髪を洗いましょう。ここでの注意点は、シャンプーはいつもより念入りに洗いましょう。また合成界面活性剤の入っていない石鹸シャンプーを使うことがポイントになります。無添加で天然成分である石鹸シャンプーを使うことで、黒糖成分がより一層吸収されやすくなりますよ。

まとめ

食べても美味しい黒糖ですが、何と髪や頭皮にも良い効果があるとは驚きです。女性の抜け毛は頭皮に炎症があるなど、頭皮トラブルが原因で引き起こされるのがほとんどだそうです。そんな頭皮トラブルを防ぐためには、毎日のケアが欠かせませんが、髪に使う製品は出来る限り自然の成分で出来た負担の少ないものを選びたいものです。

近年はオーガニック系のケア製品や天然素材のみで作られたシャンプーも売られていますが、値段が高いのが難点。黒糖シャンプーは格安でできるにもかかわらず、市販の製品と同じくらいの効果が期待できます。黒糖シャンプーのように天然成分のみを使った自分オリジナルシャンプーで、あなたも美髪を目指してみませんか。