no-image

髪を乾かすだけではもったいない!!美容効果ありなドライヤーのおすすめな使い方

ドライヤーって普段の生活の中で当たり前のように使うけど、実は髪以外の美容にも役に立つ素晴らしいアイテムなんですよ♡今回はドライヤーの美容効果ありなおすすめの使い方をご紹介致します。

①化粧が崩れ防止になるドライヤーの使い方

夏は特に化粧が崩れやすくて気になりますよね。でも、このドライヤー裏ワザ方法を使うとメイクがほとんど崩れないと今話題なんです♡

1. たっぷりの化粧水や美容液で肌を整えます。
2. ドライヤーの冷風(ここ重要!!)を肌が冷たくしっとりするまで当てます。
3. 下地・ファンデーションを塗ったら必ずスポンジを軽くポンポンと肌に当て、余分なものを落とします。
4. 再度ドライヤーの冷風を当てます。
5. メイクを全部仕上げたら最後にもう1度ドライヤーの冷風を当てます。

以上です!!簡単ですよね♡今ご紹介した裏ワザ方法。以前はドライヤーの風がでる部分に保冷剤を使って、肌を冷やし化粧崩れを防ぐことが流行っていたのですが、冷風のドライヤーの方がまんべんなく顔全体を程良く冷やすことができるので最近このドライヤーの使い方が話題なんです♡

②ドライヤーがホットビューラーになる使い方

やっぱりくるりんとなったまつげって憧れですよね♪まつげパーマができない方にとっても、ビューラーは本当に必要不可欠です✨

ビューラーだとカールが長持ちしない…とお困りの方必見です♡ドライヤーでできるホットビューラーのやり方は簡単です。

1. ビューラーのまつげを挟む部分をドライヤーで5~6秒温めます。
2. 温まったら冷めないうちに、いつも通りにまつ毛をカールさせます。
3. 冷たいビューラーでもう一度カールさせると取れにくいカールができ上がります。
4. マスカラを塗った後、マスカラが乾く前にドライヤーの冷風をまつげの下から煽るようにあてます。(指などを使ってまつげを持ち上げるように下から支えると効果的です。)

※温度が冷えることでカールが形状記憶されるので、ドライヤーは必ず冷風を当ててください。たったこれだけで、まつげのカールが驚くほど長持ちするんです♡

③肩こりにも効くドライヤーの使い方

肩こりは血行障害を起こし、顔色は悪く見せてしまうと言われています。顔色は印象にすごく影響しますし気になりますよね。

肩こりは温めるのが1番です!ドライヤーの温風を肩から30センチくらいの距離から当てて、温めてください♡温まると血行が促進されるので、肩こりも軽減されて顔色もずいぶんとよくなります♡

直接ドライヤーを当てると熱いという方は、肩にタオルなどをかけてその上からドライヤーを当ててみてさいね😍

最後に

いかがでしたか?普段の生活で当たり前のように使うドライヤーは、髪の毛を乾かす以外にもありがたい美容効果を果たしてくれるんです。

今回ご紹介したドライヤーの使い方はどれも簡単な方法なので、ぜひみなさんも試してみてください♡おすすめです😍

ドライヤー美容はこちらもチェック♡

状況別♡効果がUPする正しいドライヤーの使い方7選
その日から効果を実感!お風呂あがりのドライヤーのかけ方で変わる髪の艶