美容院の定休日で月曜日や火曜日が多いのはなぜ?

考えた事がありますでしょうか?美容院の定休日は月曜日や火曜日が多い理由を!今回は美容院の意外と深い意味があった定休日についてご紹介していきます。

美容院の定休日には地域差がある

全国的に見ると美容院や理容院の定休日は月曜日がほとんどですが、関東では火曜日が大半になっています。このように美容院の定休日には実は地域差があるのです。ではなぜ休みが土曜日や日曜日ではないのか?単なる集客目的で設定されているのではないのです。これには昔のパーマ事情が深く関係していたようです。

月曜日が定休日なのは戦前のパーマ事情

1920年代からパーマは女性のオシャレとして普及していて、当時は電気で行っていました。そのためかなりの電量が必要だったようです。現在のパーマはロットに薬液を付けてカールさせますが、昔は熱がないとウェーブを出すことが出来なかったので、ロットの1本1本に電流コードを付けて熱を利用してパーマを作っていたようです。このスタイルは1923年頃から始まって電気パーマと呼ばれていました。

当時のパーマは大量の電気が必要だった

日本が戦争に入ったことで電力不足に陥りました。電気パーマは電気を大量に使っていたのでパーマが出来ない日が出てきたようです。これが現在の定休日と深く関係しています。

第二次世界大戦前後では水や石炭などの資源はもちろん電気の供給も追い付かない状態で、電気の使用制限だけでは対応できず、電力の供給を一切停止する休電日が設けられていたようです。

休電日が月曜日だった

電力不足は現代も同じですよね。夏場の電力不足はお馴染みになってきました。戦後は電気の供給をストップさせた日が主に月曜日でした。そのため美容院もお店を閉めざるを得なかったようです。

関東の美容院が火曜日なのは?

関東は月曜日ではなく火曜日が電力の供給をストップさせていたようです。そのため火曜日を定休日に設定していたそうです。関東以外の地域でも定休日はバラバラでしたが、戦後は関東を除いて美容院や理容院の定休日を月曜日に統一してしまったため、関東だけが火曜日定休になってしまったようです。

今も美容院の定休日に月曜日が多いのは?

戦争が終わって深刻な電力不足は解消されたのに、なぜ今でも月曜日定休が多いのでしょうか?

もともと美容院や理容院の定休日がしっかりと決められたのは昭和35年前後だと言われています。その頃美容業界の組合が定休日や給料、営業時間を決めるようになりました。ただ現代では、公正取引委員会の指導で完全に自由になっているようです。そのため何曜日にお休みにしても良いのですが昔からの名残なのでしょうか、組合などが行うヘアショーやセミナー講習が月曜日や火曜日に行われることがほとんどなので、今でも月曜日や火曜日の定休日が多いのです。もちろん店主の都合で休日を決めているお店もあります。

まとめ

美容院の定休日が戦前戦後の電力事情で決まっていたとは驚きです。電気パーマはかなりの電気を使っていたのだと想像できます。

余談ですが、当時は電力が強すぎて髪の毛が焦げてしまうこともよく合ったのだとか?それでもオシャレを楽しみたい女性には人気だったようです。

駅ビルに入っている美容院では駅ビルのお休みに合わせて定休日を設定している美容院も多いですし、年中無休なんていうサロンも増えてきました。ただやっぱり今でも美容院の定休日と言えば月曜日か、関東なら火曜日が一般的になっています。

美容院の豆知識はこちらもチェック

美容院のシャンプーってなんで気持ちが良いんだろう?美容師のシャンプーの仕方を真似しよう

美容院で美容師と話すのが緊張するなら読むべき5つのテクニック