髪の傷みや広がりに悩む方必見!パドルウェットブラシが優秀すぎ!特徴6選

繰り返しのブリーチやパーマで髪が傷んでいる、なんてお悩みを抱えている方も多いと思います。そんな方におすすめなのが「パドルウェットブラシ」。

  • 髪の毛が広がる原因
  • パドルウェットブラシの特徴
  • パドルウェットブラシの使い方
  • パドルウェットブラシの購入方法

を見ていきましょう。

髪の毛が広がっちゃう!その原因は?

「髪の毛の広がりがひどい・・・」そんなお悩みを持っている女性は多いのではないでしょうか?髪が広がってしまうと顔が大きく見えたり、お手入れしていないように見えたりするデメリットも。

髪が広がる原因は主に以下の3つです!

 

・髪が傷んでいる

・水分が足りない

・自毛が太い、くせ毛

 

ボリュームを抑えながら乾かせる!「パドルウェットブラシ」の特徴6選

ロングヘアだと髪がもつれやすい、太い髪質だとブラッシングだけでも大変、さらに、髪が濡れているとよりとかしにくい。

そんな時に大活躍してくれるのがこの「パドルウェットブラシ」。濡れた髪でも簡単に指どおりの良い髪に整えてくれるブラシで、アメリカの美容院では必需品と言われるほどの人気だとか。

どんな特徴があるのか見ていきましょう。

頭皮をマッサージしながらブラッシング

パドルウェットブラシは約150個の柔らかいピンで構成されています。

このブラシのピンは細くてしなやかなのが特徴で、適度な硬さのピンが頭皮をマッサージ。髪の毛の根元からしっかりブラッシングが出来ます。

どんな髪質にも使える

適度な硬さのピンのおかげで、ロングヘアに限らず、細い髪の毛やカラーリングでダメージを受けた髪、軽くて絡みやすいウェーブヘア、太くて堅い髪、エクステがついた髪などにも使えます。

子どもの細くて絡まりやすい髪の毛にも使えるので、家族で使えますよ!

手が濡れても使いやすい

朝シャンや洗顔後に手が濡れたまま髪をブラシすることもありますよね。しかし、パドルウェットブラシは持つ部分の形状がしゃもじのようになっているので落としにくいんです!

また、重さも軽い(110g)ので、ロングヘアを長時間ブラシしていても手が疲れません♪

エアホールでいつでも清潔

パドルウェットブラシの背面にはエアーホールという穴がたくさん空いてます。これによりブラシに湿気がたまらないようになっていて、濡れた髪に使ってもカビないんです!

バスルームなど湿気がたまりやすい場所で使っても、ブラシに湿気がこもらないので安心です。

見た目もかわいい!

パドルウェットブラシは、色が

  • シルバー
  • グリーン
  • ピンク
  • パープル
  • ブラック
  • ピアノブラック
  • ダイヤモンドシルバー
  • ハッピーシルバー
  • サファリピンク

の9色から選べます。どの色もかわいいので、毎日のブラッシングが楽しくなりそうです。

手が届きやすい価格

気になるお値段は2,160円(税込み)です!!

本当に使いやすいブラシなので、末永く使えることを考えれば安い買い物ではないでしょうか。

パドルウェットブラシの使い方

パドルウェットブラシの使い方は、上の画像のようにドライヤーをあてながらブラシをするだけ!

5割くらい乾かしてから使い始めるのがおすすめです。熱が髪の根元まで届くので、いつもより髪の毛が早く乾くはず。エクステをつけてる方にもとってもオススメ!

また、普段髪のボリュームが少なくて悩んでる人は、持ち上げながら乾かすと根元からふわっとしたヘアスタイルになってくれますよ。

パドルウェットブラシはどこで購入できるの?

パドルウェットブラシは美容院のほか、通販などでも取り扱いがあるので購入も簡単です。

なお、通販の場合は偽物もあるので気をつけてください⚠

まとめ

マリンスポーツをした後やビーチにお出かけした日にも活躍しそうなパドルウェットブラシ。どこでも髪をきれいにキープできるのはオシャレ女子の強い味方ですね。気になる人はぜひチェックしてみてください!!