正しいヘアオイルの使い方と、おすすめの裏ワザ♡あなたは知ってた?おすすめアイテムも紹介

ヘアオイルは髪の毛を熱のダメージから守り、潤いとツヤを取り戻してくれる優れものです。でも、あなたのヘアオイルの使い方、本当に正しいでしょうか?さまざまな効果が期待できるヘアオイルも、正しく使ってこそ力を発揮します。

この記事ではヘアオイルに期待できる効果や正しいヘアオイルの使い方について、詳しく紹介しましょう!

ヘアオイルに期待できる効果とは?

ヘアオイル1本あるだけで、いろいろな場面で髪をケアできます。ここではヘアオイルに期待できる髪への効果を見てみましょう。

ドライヤーの前に♡ヘアオイルで髪の毛をケア

ヘアオイルは髪をコーティングすることでドライヤーの熱から髪を守る効果が期待できます。さらに髪にしっとりとした潤いとツヤを与え、水分の蒸発を防ぐことでぱさつきがちな髪の毛もしっとりとまとめてくれるでしょう

ブラッシング等の摩擦をバリアしてくれる

ヘアオイルでコーティングすることで、ブラッシング時の摩擦からも髪を守ります。髪への負担を最大限に抑え、美髪を維持してくれるでしょう。

パーマやカラーリングで傷んだ髪のケア

ヘアオイルは保湿力に優れているので、パーマやカラーリングで傷んだ髪をケアします。特にアルガンオイルなどベタつきのないオイルを選べば、シャンプーの後に洗い流さないトリートメントとして使うことができます。傷んだ髪をコーティングして潤いを保ち、パーマやカラーリングの持ちも高めてくれるでしょう。

ホットパーマのトリートメントはヘアムースよりもオイルが最適

ホットパーマをかけた髪は、乾いている時にウェーブがよく出ます。そのため、ヘアトリートメントはヘアムースよりもヘアオイルがピッタリ。乾かした時に綺麗なウェーブが出るでしょう。

あなたは知ってる?本当に正しいヘアオイルの使い方

ヘアオイルは髪にいいとわかっていても、その正しい使い方を知らない人は意外に多いものです。使い方を間違っていると、せっかくのオイルの効果を期待することができません。そこで、ヘアオイルの本当に正しい使い方を紹介しましょう。

手順1 濡れた髪の毛に付ける

髪は濡れることにより、髪の毛の表面を覆っているキューティクルが開いている状態になります。そのため、ヘアオイルの成分が浸透しやすくなります。軽くタオルドライした後の髪の毛につけてあげましょう。

ヘアオイルはドライヤー前と後の2回に分けて付けるとベスト

ドライヤーの前にヘアオイルをつけたら、ドライヤーの後にも付けましょう。乾いた髪に付けることで髪の表面に艶を与え、髪をコーティングして外部の刺激から髪を守る役割をします。ドライヤーの前と後の2回に分けて付けると覚えておいてください。

手順2 髪の毛にダメージを与えない適切な量をつける

ヘアオイルの使い方の基本は、適量を使うこと。少なすぎても多すぎてもダメです。「沢山つけたらその分、髪の毛がツヤツヤに」なんて思っていると、頭皮や髪の毛がベタベタになってしまいます。目安は2プッシュです

手順3 髪の毛の毛先から、揉みこむようにつける

ポイントは優しく揉みこむこと!べったりつけるのは絶対NG!

適量のオイルを出したら、まずは手のひらの体温でよく馴染ませます。十分馴染んだら、髪につけて優しく揉みこんでいきます。ここでオイルをつけ過ぎるのはNG。見た目もべったりと重い雰囲気になってしまいます。必ず適量をつけるようにしましょう。

つける手順は、コチラを参考にしてみてください。

もう迷わない!正しいヘアオイルの付け方3ステップ

1.まずは、枝毛ができがちな毛先によく馴染ませる

2.髪の毛の下半分を目安に内側から揉むように馴染ませる

3.手のひらの余った少量のオイルを髪の表面にサッと馴染ませる

この3ステップでヘアオイルを髪に付けていきましょう。

手順4 ドライヤーで髪を乾かす

ヘアオイルを髪の内側と表面、両方にしっかり揉み込んだら、ふだんのお風呂上がりと同様に髪を乾かしてください。ヘアオイルがドライヤーの熱から髪の毛を守ってくれます

お出かけ前に♡ヘアオイルの使い方 ヘアセット編

お出かけ前のヘアセットにも、ヘアオイルを使いましょう。髪を保湿し、乾燥や紫外線から髪を守ってくれます。ヘアオイルを使う手順は次の通りです。

手順1 髪をブラッシングする

まずは髪をよくブラッシングします。しっかりブラッシングすることでホコリなど髪についた汚れが落ち、オイルが馴染みやすくなるでしょう

手順2 髪の毛の毛先から、揉みこむようにつける

ドライヤーやヘアアイロンをする前に、ヘアオイルを髪に馴染ませます。少量のオイルを手に取り、手のひらの上で馴染ませてください。そのあと髪の毛先から揉み込むように付けましょう。

手順3 通常通り、髪をセットする

ヘアオイルを髪に馴染ませたら、いつも通り髪をセットします。髪にツヤが出て、スタイリングもしっとりとまとまるでしょう。

【番外編】こんな使い方もおすすめ!ヘアオイルの裏技

ヘアオイルの使い方は、まだまだあります。裏技としての使い方を紹介しましょう。

紫外線対策としてお出かけ前の乾いた髪の毛に少量付ける


ヘアオイルは紫外線防止の役割もします。「油焼けするんじゃないか」と思う人もいるでしょう。しかしそれは、石油系の鉱物油などの不純物が入っている場合です。純度の高い上質なヘアオイルであれば、油焼けどころか髪を紫外線から守る働きもしてくれます

出かける前の乾いた髪に少量付けるだけで、紫外線対策ができるでしょう。

髪の毛・頭皮の日焼け対策は、意外と目が行き届かないもの…

紫外線や空気の乾燥

髪や頭皮は、顔の3倍以上の紫外線を浴びているということを知っていますか?頭は全身の中で一番太陽に近い部分。それなのに、日焼け対策の中では意外と見落としがちです。

紫外線は髪や頭皮の痛み、抜け毛、枝毛の原因になるもの。そんな髪の大敵・紫外線対策にヘアオイルは役立ちます。お出かけ前に、少量をサッと髪の表面に付けてみてください。

いざ実践!本当におすすめのヘアオイル4選

これまでの記事を読んで、早くヘアオイルを使ってみたいと思った人は多いはずです。そう思ってお店に行くと想像よりもはるかにたくさんのヘアオイルがあって、「どれを選べばいいか分からない」と迷うでしょう。そんなあなたのために今すぐ役立つ、本当におすすめのヘアオイルを紹介します。

おすすめヘアオイル その①モロッカンオイル

髪の毛に、弾力・柔らかさ・艶を与えてくれる大人気オイルです。ダメージを受けやすい毛先を中心に髪の毛を補修し、艶のあるスタイリングしやすい髪に仕上げます。ハリウッドセレブも御用達なのだとか。女子なら誰もが好きな、バニラムスクの甘い香りも魅力的です

あわせて読みたい

ヘアケアの王道商品!!MOROCCANOIL(モロッカンオイル)の口コミやおすすめな使い方まとめ♡

続きを読む

おすすめヘアオイル その②大島椿

某メディア、ベストコスメ大賞では殿堂入り!信頼と実績を兼ね備えた伝説のヘアケア商品です。口コミでは高評価を多数獲得。厳しい基準をクリアした椿油だけを使用した、無香料・無着色・天然椿油100%の植物性オイルです

40mlで1100円(税別)というプチプライスも、高い人気の秘密です。

おすすめヘアオイル その③ケラスターゼ NU ソワン オレオ リラックス

こちらも某メディア、ベストコスメ大賞殿堂入りです。まとまりやすさ重視のあなたはこちらがオススメ♡

まとまりやすさの秘密は、植物由来成分で作られたニュートリオイル。乾燥などでダメージを受けたまとまりにくい髪を、潤いのある美しい髪へと導きます

おすすめヘアオイル その④ミルボン ディーセス エルジューダ MO

口コミでも常に高評価のヘアオイルです。髪が比較的細く、特にダメージを受けやすい方、ふんわりとしたスタイリングを作りたい人におすすめ。しなやかな髪質に整え、仕上げのスタイリングもしやすくなるでしょう。オリーブスクワラン(スクワラン/毛髪補修成分)の働きで、しっとりとまとまる髪に仕上がります

おわりに

ヘアオイルは、その使い方さえ間違えなければ得することばかり♡この記事を読んで、ぜひ美髪になる知識を増やしてください。美髪はすてきな女性を作る必要不可欠な要素です。ヘアオイルを使って、あなたも、美しい髪を手に入れましょう!

あわせて読みたい

濡れ髪完全再現!Davines(ダヴィネス)のオーセンティックオイルが優秀すぎる♡

続きを読む

 

- 1 / 1ページ -