シャンプーの成分表で注目するべき!!シャンプーの危険成分まとめ

シャンプーはほとんどの人が毎日行いますよね。

でもそのシャンプーに髪や頭皮に対してリスクのある成分が含まれているとしたら?頭皮環境を整えるためのシャンプーで、頭皮環境を悪化させているとしたら?

あなたのお使いのそのシャンプー、本当に大丈夫ですか?気になったらすぐさま確認してみましょう!

危険成分がもたらすシャンプーの効果

出典:instagram.com

?tagged=%E6%B6%B2%E4%BD%93

普段何気なく使っているシャンプー。そんな毎日のケアのはずのシャンプーが逆にリスクになっているなんて言われてもあまりピンとこないかもしれません。

ですがそこが落とし穴!
気にせず使い続けていると取り返しのつかないことになってしまうかも・・・

そもそも危険っていうけど、実際どんなリスクをもたらすのでしょうか?

薄毛・抜け毛

女性もですが特に男性が気になるのが薄毛。刺激の強すぎる成分は頭皮の環境を悪化させてしまう危険性があります。頭皮環境が悪化してしまうと、抜け毛が進行して薄毛になってしまうのです。

カサカサ乾燥肌・ベタベタ脂性肌

出典:instagram.com

シャンプーの成分の中には頭皮をより乾燥させてしまったり反対に脂っぽい肌に進行させてしまう成分もあります。「やたらと乾燥しやすい」「きちんとシャンプーしてるのになんだかべたつく」と感じている方は、もしかしたらシャンプーが原因の一つかもしれませんよ。

フケ・かゆみ・かぶれ

出典:instagram.com

?tagged=%E9%A0%AD%E3%81%8B%E3%82%86%E3%81%84

市販のシャンプーの中でも特に値段が安いものは強い成分が使用されていることが多いので要注意です。

あまりに洗浄成分が強いと頭皮に必要な皮脂までも洗い流してしまうのでカサカサの乾燥頭皮になりやすいのです。一般的にフケの原因とされるのは細菌のバランスの問題とされていますが過剰な乾燥肌も原因の一つ。ひどくなるとかゆみやかぶれに進行してしまう危険もあるので気をつけてください!

シャンプーのちょっと危険な成分まとめ

出典:instagram.com

?tagged=%E6%B6%B2%E4%BD%93

シャンプーの成分にどんなものがあるのかご紹介していきます。シャンプーを買うときには成分表を見ることをおすすめします。

「え!このメーカーがこれを使ってるの!?髪に良いってCMしてたのに!?」なんて、思わぬ発見をしてしまうかも・・・

ラウレス硫酸

出典:instagram.com

?tagged=%E3%83%80%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%98%E3%82%A2

危険成分の代表的なものといえば「ラウレス硫酸」洗浄剤の一種で、いわゆる界面活性剤と呼ばれるものです。

安価で高い洗浄能力を持っていることから市販のシャンプーに多く使用されています。高い洗浄力で汚れと共に頭皮に必要な皮脂までもうばってしまうのでちょっと危険です。十分な皮脂の無い頭皮は当然カサカサになり、頭皮環境は悪化していってしまうのです。

ラウリル硫酸

出典:instagram.com

?tagged=%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%AA%E3%83%AB%E7%A1%AB%E9%85%B8na

こちらもシャンプーの成分としてよく名前があがります。役割としては先ほどのラウレス硫酸と似ていて、より泡立ちがいい成分になっています。歯磨き粉や洗剤などに使われていることもあるようです。

ラウレス硫酸よりも分子が細かいので浸透性が高く、必要な皮脂はおろか頭皮を正常に保つための常在菌まで殺してしまうそうです・・・そうなってしまうと頭皮の環境悪化は避けられません!

薄毛に悩む人などは特に注意が必要な成分です。

危険ではないけど避けたい成分

出典:instagram.com

?tagged=%E6%B3%A1%E7%AB%8B%E3%81%A1

シャンプーやコンディショナーの成分の中には、その人に必要なものもあれば不必要なものもあります。傷んだ毛の人には補修成分を、パサついた毛の人には潤うものを。逆に健康毛の人には必要ないものですよね。

危険というほどではないですが、場合によっては避けておいたほうがいい成分などもあるのでいくつか紹介していきたいと思います。

シリコン(○○ポリマーなど)

出典:instagram.com

?tagged=%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%83%A1

シリコンをダメという人もいれば必要という人もいます。特に傷んだ毛髪でない限りは特に必要のない成分ですので避けておいたほうが無難です。

また、「○○ポリマー」などの合成ポリマーと呼ばれる成分はシリコンではないのですが同じような効果を持っているのでこちらも避けたほうがよいでしょう。

ものによっては「ノンシリコン」シャンプーにも、シリコンの代わりになる別の成分が入っていることもあるので少し注意が必要です!

防腐剤(パラベン、フェノキシエタノールなど)

出典:instagram.com

?tagged=%E9%98%B2%E8%85%90%E5%89%A4

化粧品の使用期限を延ばすために入れられるのがこの防腐剤です。メチルパラベン、エチルパラベンなどのパラベン系、フェノキシエタノールなどのアルコール系、安息香酸系などなど様々な種類がありますが当然肌にいいものではありません。

フェノキシエタノールなどはオーガニック系の商品にも使われてもいるので、そういったものはできるだけ避けたほうがよいでしょう。

まとめ

出典:instagram.com

?tagged=%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%AC%E3%82%B9%E7%A1%AB%E9%85%B8na

いかがでしたでしょうか?意外と知らないシャンプーの成分をご紹介しました。

シャンプーは毎日行うことですので影響がないはずがないんです。これをキッカケにご自宅にあるシャンプーや、これから買うであろうシャンプーの成分表、気にしてみてはいかがでしょうか??

- 1 / 1ページ -