天然パーマは武器になる!!前髪のセット方法やおすすめの髪型集

天然パーマなので髪の扱いが大変!前髪がいつもうまくきまらない!縮毛矯正は傷むし、お値段もそれなりにかかるからしたくないな…とそんなお悩みを持つ方必見です。

天然パーマは実は、“かわいい”をつくる武器になるんです!今回は天然パーマを活かした髪型をご紹介させていただきます。

天然パーマは武器になる!

天然パーマで毎日のスタイリングが憂鬱。前髪がいつも上手くきまらない。雨の日や湿気の多い日は、特に大変ですよね。

しかし、その悩みの種の天然パーマをしっかりと活かせば、かわいい髪型をつくる武器になります♡直毛が嫌で天然パーマに憧れる人もいるほど♡

縮毛矯正をかけるだなんてもったいない!あなたの髪の毛はそのままでも、カットの仕方次第や、セットの仕方でまとまりのある髪型に変身するんです!

正しいくせ毛の扱い方を学び、悩みの種をあなたのオシャレヘアの武器にしてみませんか?

天然パーマの前髪セット方法

前髪は印象を決める大事なパーツです。前髪がいつもうねってしまう方も、ぱっくり分かれてしまう人も、コツさえ覚えればきれいに前髪をセットすることができます

真っすぐ下ろすことも、横に流すこともできます♡まずは根元からしっかりと、前髪を濡らした状態でスタートしてください。

前髪を真っすぐ下ろしたい


ぱっくり分かれてしまう人は、分かれる方向と逆向きに引っ張りながら乾かしましょう。この時、必ず根元中心に乾かしてください!

根元が乾いたら板付きシングルピンなどで固定し、くせが戻ってしまわないようにします。次に毛先を引っ張りながらブローし、真っすぐにします。

最後に必ず冷風を当てることを忘れずに!ブローだけで真っすぐになりきらない場合は、アイロンを使いましょう!ワックスやスプレーで形が崩れないようにすると、なお良しです♡

前髪を横に流したい!

真っすぐに下ろすときと同様、根元の生え癖をしっかりなくします。これが大事です!そしてまずは流したい方向と逆向きに、ドライヤーを当てます。

次にロールブラシで内側に巻きながら、ドライヤーをから当てます!マジックカーラーを巻いて、温風を当ててもOKです!冷風も必ず当てましょう◎

最後に流したい方向に流せば完成です☆前髪の内側にヘアスプレーをかけると、モチが良くなります。スプレー後に乾くまで触らないのもコツです!

前髪を作るときのポイントを抑えよう!


きれいな前髪にするポイントは、根元からしっかり濡らしてブローし、最後に冷風を必ず当てることです。乾いた後に、濡れてしまったり汗をかいてしまうと元通りになってしまうので、上手くスタイリング剤を使いましょう♡

また、前髪を上にあげたりするときも、まずはしっかりと癖をとってからのほうがいいですよ!

天然パーマの方におすすめの髪型

ショートヘア


天然パーマを思う存分活かせるのがショートヘアスタイルです!襟足やサイドの毛はすっきりさせましょう♡気になるうねりが、おしゃれ上級者のパーマスタイルのようになります♡

ボブヘア

天然パーマを活かし、ふんわりとした雰囲気になれるボブスタイルもおすすめです◎丸いシルエットでとても女性らしく仕上がります♡

コテやアイロンを使わずにかわいくなれます♡さらにパーマを当てるのもアリです!

ロングヘア

伸ばすのは大変かもしれませんが、ロングヘアもぴったりです!髪の重さでおさまりやすくもなります!

くせ毛風パーマなんて言葉もあるほど、天然パーマが羨ましがられることもあります!無理に縮毛矯正などをして、髪を傷めてしまうならその天然パーマを活かしましょう♡

人それぞれ髪のうねりやくせが違うので、どんなヘアスタイルが自分に合うのか、美容師さんと相談することも大切です☆

まとめ

いかがでしたか?天然パーマをどうにかしたい!と思ったらすぐ縮毛矯正ではなく、素材を活かしたヘアスタイル作りをするのも一つの方法です♡

天然パーマと上手に付き合い、かわいいヘアスタイルを手に入れましょう!

- 1 / 1ページ -