パーマにも種類がある!それぞれの仕上がり&特徴一覧

「パーマをかけたいけど、どの種類のパーマを選んでいいかわからない…」そんなお悩みを抱えた方も多いのではないでしょうか?

パーマの種類はたくさんあり、美容室ごとに呼び方が違っていることも…そこで今回はパーマの種類や特徴・仕上がりについて詳しくリサーチしてみました。

自分がなりたいイメージに近付けるパーマがどれか迷ったら、ぜひ参考にしてみてください!

あなたにおすすめなパーマとは?


自分に合ったパーマはご存知ですか?パーマと言っても様々な種類があり、実際自分にはどのパーマがいいのか、わからない方も多いのではないでしょうか?

あなたの髪質やヘアセットの方法、ウェーブのニュアンスによってパーマを選ぶ必要があります。

数多くあるパーマの特徴や特質を理解して、自分に合ったパーマを選びましょう!そこで今回はパーマの特徴や仕上がりについて詳しくまとめてみました。

パーマの種類を紹介!

こちらで紹介する7つのパーマ

  • デジタルパーマ
  • 水パーマ
  • エアウェーブ
  • コスメパーマ
  • コールドパーマ
  • クリープパーマ
  • ストレートパーマ

デジタルパーマ


デジタルパーマはパーマ剤と共に熱加工を行う形状記憶パーマです。再現性も高く髪の毛が乾くことでカールが出てくるので、お手入れやスタイリングも簡単です。

またパーマの中でも持続性があり、パーマが完全に消失するまで半年から1年ほどの期間がかかるそうです。パーマがかかりづらい方には特におすすめしたいパーマです。

デジタルパーマはふんわりとした大きめのカールが特徴なので、細かいウェーブパーマを希望する方は避けたほうが良いでしょう。

水パーマ


水パーマはスチームを当てながらパーマをかけていきます。たっぷりと水分を含ませながら優しくカールをかけていくので、髪へのダメージが他のパーマよりも少ないと言われています。

仕上がりとしては外国人のような、クセ毛風のふんわりとした柔らかいカールが特徴です。また髪の毛が水分を含んでいる時にパーマが出てくるので、ヘアセットは髪の毛を濡らしてから行うのがおすすめです!

エアウェーブ


エアウェーブはロッドにつないだチューブから空気を送り、ウェーブをかけていくパーマです。低温での施術で髪の毛へのダメージも軽減されます。

ふんわりとした仕上がりなので、根元や後頭部のポイントパーマとして用いられることもあるそうです。特に髪の毛をボリュームアップしたい人におすすめのパーマです。

コスメパーマ


コスメパーマは化粧品系の薬剤でパーマをかけていきます。ふんわりとした柔らかいカールが特徴で、美容室によってはデジタルパーマにコスメパーマの薬剤を使用することもあります。

細く柔らかい髪質や太く硬い髪質にはかかりにくいと言われています。ブラッシングすることでキレイなストレートヘアにすることもできます。カールもストレートも楽しみたい方にはおすすめのパーマ施術です。

コールドパーマ


コールドパーマはパーマの基本中の基本で、多くの美容室で受けることができるそうです。ロットを巻き付けた髪に1液・2液を順番に塗布することでパーマを形作っていきます。

ロットの大きさはいろいろと選べるので、好きな大きさのカールでパーマをかけることができ、部分的にカールの大きさを変えることも可能です。

熱を加えることなくパーマをかけるので髪へのダメージも少なく、ふんわりとしたヘアスタイルに仕上がります。

クリープパーマ

クリープパーマもコールドパーマのように1液・2液と塗布してウェーブを作っていくパーマ施術ですが、使っている薬液がコールドパーマと違います。

クリープパーマの最も優れた点は持続性です。髪へのダメージを最小限に抑えながら、カールの持続は他のパーマに比べ1.2倍~1.5倍となっています。

デメリットは施術にかかる時間が長いということ…。クリープパーマをする時は時間に余裕がある日を選びましょう!

ストレートパーマ


ストレートパーマはその名の通りストレートを再現するパーマです。縮毛矯正よりも自然な仕上がりで、ヘアアレンジも楽しめます。

しかしクセの強い髪質の改善にはあまり向きません。その場合は縮毛矯正をおすすめします。縮毛矯正よりも安価に施術できるので、髪質と合わせて選択してみましょう!

まとめ

パーマの種類や特徴について紹介しましたが、自分に合ったパーマを見つけられたでしょうか?

数多い種類の中から自分に合ったパーマを選ぶのは大変…!今回ご紹介したパーマ以外にも、まだまだいろんなパーマの種類があります。

自分が気になるパーマがあれば、施術前に美容師さんに相談してみましょう。きっと自分のイメージに合ったパーマが見つかるはずです!