あなたは大丈夫?爪が栄養不足のときの症状&原因

あなたは普段から爪の状態をチェックしていますか。意識して爪を見てみると、爪の表面や生え方に気になる点が…。そんな状態には、爪の栄養不足が大きく関係しています。

今回は、あまり意識したことのない爪と栄養の関係について詳しくリサーチしてみました。ネイルを楽しむためにも、ぜひ参考にして爪の健康を意識してみましょう!

大丈夫?爪の栄養不足チェック

ネイルオイルで美しく健康的な爪に

爪が栄養不足に陥ると、様々な変化が現れます。変化にちゃんと気付けるように、普段から爪をチェックしておくことが大切です。爪の栄養不足のサインを見逃さないようにしておきましょう!

爪の色をチェック

健康な爪はキレイなピンク色の状態です。しかし栄養が不足してくると全体的に白くなってしまいます。

また栄養がなくなってくると爪のツヤもなくなりがちに…。爪にツヤがなく白っぽくなってきた場合は栄養不足の可能性があります。

爪表面の凹凸をチェック

爪表面がボコボコしたり、縦や横に線が入ったりすると栄養不足のサインです。特に爪を生成し健康を維持するためのタンパク質やビタミン、鉄などが不足することでこの症状になりやすいと言われています。

爪表面の症状は、栄養状態の影響を受けやすいと言われています。また一度凹凸や線が入ってしまうと、爪の状態が元に戻るまで、数カ月かかってしまうので、特に注意が必要です。

爪の割れや二枚爪をチェック

爪が栄養不足に陥ると、爪の生成が正常に行われにくくなります。その結果、爪を健康な状態に保つことが難しくなり、二枚爪にもなりやすくなります。この2つも栄養不足のサインです。

こんな症状があったら特に注意

ネイルオイルで爪美人を目指せ!効果的にケアするには?

その① 巻き爪

巻き爪とは爪が両端から内側に食い込んでいく状態です。

巻き爪が悪化してくると、皮膚に食い込む痛みが生じるようになり、炎症を起こしたり膿が溜まったりと、爪全体の健康を損なってしまうことになってしまいます。

巻き爪は皮膚科や形成外科などで治療することができるので、悪化する前に受診をお勧めします。

その② 爪の反り返り

爪が外側に反り返るこの状態は別名スプーンネイルとも言われています。特に女性がなりやすいとも言われており、鉄分不足が大きな原因になっています。

月経などの影響で貧血になりやすい人は特に注意が必要です。特に痛みなどはありませんが、爪の形成以上が目立ちやすいため、早めに改善することをおすすめします。

その③ 爪が剥がれる

栄養不足になると、爪が剥がれやすくなってしまうこともあります。剥がれ落ちてしまうまでには、色の変色や表面の凹凸などの症状も現れている可能性があります。

爪の栄養が不足し、不安定になると爪を維持することが難しくなってしまい、剥がれてしまうので、そうなる前にケアすることが重要になります。

爪が栄養不足になる原因

爪は主にタンパク質で形成されています。特にケラチンと言われるタンパク質が不足することで、爪の健康を損なうことになってしまいます。

またケラチンの働きをサポートするビタミン・亜鉛・鉄なども重要な栄養素です。不規則な生活や偏った食生活を続けていると、この爪の生成・維持に必要な栄養素が不足し、爪に様々な症状が現れる原因になってしまいます。

特に爪は体の末端にあるので、なかなか栄養が行き渡りづらい場所でもあります。
体の不調や栄養不足は、爪の状態として現れやすいので気を付けておきましょう。

対応策

対策にはやはりバランスの良い食生活が最も効果的です。爪の健康的な形成・維持に必要なタンパク質・鉄・亜鉛・ビタミンなどの栄養素をしっかり摂取するように心がけましょう。

また食生活で補えない栄養素は、サプリメントなどを上手に取り入れることも有効です。

日常生活ではしっかり睡眠をとり、爪の生成が正常に行われる環境を整えるようにしましょう。

さいごに

爪は思っている以上に繊細で、体の変化を表しやすい部分です。爪からのサインをしっかりキャッチして早めの対処を心がけましょう!

特にネイルをしている時は、爪の状態がわかりづらいです。たまにはネイルやマニキュアをお休みして、爪の状態を確認しながら、爪を休息させる日をつくってみるのもおすすめです。