no-image

効果を最大限に発揮する!!ボディオイルの種類と選び方

肌の潤いを保つためのケア用品の1つである、ボディオイル。ボディオイルはベタベタするからちょっと・・・なんて思っている方も多いようですが、実はローションやミルクタイプと比べるとオイルは保湿性が非常に高く、いろいろな活用法があるんですよ。

今回はそんなボディオイルの効果、種類、選び方、裏技、さらにはおすすめのボディオイルまで盛りだくさんにご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね♪

注目されているボディオイルの種類

出典:instagram.com

?tagged=%E3%83%9C%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%AB

ボディオイルには必ずベースとなるオイルが存在します。‟キャリアオイル“と呼ばれるものです。

これは、エッセンシャルオイルの濃度を薄めると同時に、肌上にその成分を留めておいてくれたり、さらにはその成分を体内に運んでくれる役割があります。

このキャリアオイルは、体はもちろん、髪の毛や顔にまで使えるオイルになります。キャリアオイルにはホホバオイル、スイートアーモンドオイル、アプリコットカーネルオイル、グレープシードオイル、ローズヒップオイル、ココナッツオイル、セサミオイルなど多くの種類が存在します。

出典:instagram.com

?tagged=jojobaoil

肌のタイプや利用方法、効果などを参考に、自分に適したボディオイルを見つけることが重要になります。

すべての肌質に使いやすいボディオイルはホホバオイル、スイートアーモンドオイル、アプリコットカーネルオイルです✨

・ホホバオイル
ホホバオイルはビタミンEが配合されており、皮脂の分泌を整える効果もあります。さらに、反バクテリア作用をもっており、ニキビの原因となるアクネ菌の繁殖を防ぐ効果もあります。背中ニキビなどある方にはお勧めです。

・スイートアーモンドオイル
スイートアーモンドオイルは、メラニン細胞を作るメラノサイトの育成を抑制する効果があると言われています。美白を目指したい方には適したオイルです。
他にも、エモリエント効果と言って皮膚を柔らかくし、肌に水分と栄養を閉じ込める効果がとても優れています。
赤ちゃんでも使えるくらい低刺激性であり、炎症やかゆみを抑える作用もあるので乾燥しやすく敏感肌の方には適しています。

・アプリコットカーネルオイル
アプリコットカーネルオイルも、スイートアーモンドオイルと効能は似ています。皮膚を柔らかくし、炎症やかゆみを抑える作用があります。スイートアーモンドオイルと比べると使い心地がさらっとしているオイルです。

ボディオイルの効果とは?

出典:instagram.com

?tagged=bodyoil

ボディオイルはボディクリームよりも保湿力が高く、伸びが良いのが特徴です。また、マッサージをしながら全身に伸ばすことで、ボディオイル中に含まれる美肌成分も浸透しやすくなります。

使うタイミングとしては、お風呂上がりの濡れた肌に使うのがベストです。お風呂で体も温まり血行が良くなっているため浸透しやすく、お肌に水分が残っている状態なのでより保湿には効果的です。

こんなボディオイルはNG

出典:instagram.com

?tagged=cry

美肌や保湿を目指して使用するはずのオイルが、逆に肌荒れなどのトラブルを起こしてしまった・・・。なんてことが起きないよう、ボディオイルには十分に気を付けましょう。

出典:instagram.com

?tagged=jojobaoil

オイルには化粧品用食用がありますが、食用と化粧品用とでは精製の方法が違います。肌につけるものは、分子量が小さく不純物をできるだけ取り除いていますが、食用では、分子量が大きく不純物が含まれていることが多いです。

なので、食べれるから肌につけてもいい!とは思わず、肌に塗るものは化粧品用のものをチョイスしましょう。

また、純度が高いオイルほど、美容効果が高く肌にも優しく安心です。純度が低いと酸化もしやすく、酸化したオイルは肌への刺激性が高まるといわれています。

オイルは光や熱に弱く、揮発します。熱や光によって酸化反応が促進され、また光や熱で性質が変わることで本来の効果が得られなくなったり、逆に体に悪影響を与えることもあります。保存するときもなるべく日に当たらないところで、フタをしっかり閉めて保管しましょう。

出典:instagram.com

?tagged=%E3%83%9C%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%AB

さらにオイルには、天然由来である「植物性オイル」、「動物性オイル」と石油を原料として合成・精製された「鉱物性オイル」が存在します。

植物性オイルには上でも紹介したように、ホホバオイル、マカデミアナッツオイルやセサミオイルなど、動物性オイルには馬油などがあります。

鉱物性オイルは安価ですが肌への効果はあまり良いものではありません。

天然由来の美容オイルは植物性、動物性ともに人の皮脂と似ており、肌馴染みもよく美容成分も多く含まれています。

おすすめボディオイル5選

オーガニックホホバオイル

オーガニックホホバオイル

100%オーガニックの認定を受けた世界最高品質のホホバオイルです。
ホホバオイルに含まれるワックスエステル、ビタミン群は、「肌荒れ」「ニキビ・吹き出物」「敏感肌」などのケアに最適です。

人工心臓の潤滑油としても使用されるほど信頼性が高く、様々な肌質の方にお使いいただけます。

ビオオイル アルガンオイル 50ml

ビオオイル アルガンオイル 50ml

自然由来成分:100%
オーガニック成分:100%
エコサート認証を得た100%ナチュラル。

低温圧搾の一番搾りだけを使用。心地よい使用感を保つため2度濾過し、肌のうるおいとハリをサポートする、オレイン酸やリノール酸、ステロールなど美肌成分が豊富。キメの整ったふっくらとしたハリ肌へと導き、エイジングケアにも適しています。

アーユスオイル 20mL

アーユスオイル 20mL

アーユスオイルは、しっとりと潤いベタつかずサラリとした付け心地を合わせ持つようオレイン酸とリノール酸のバランスを考え、肌にスーッとなじむ感覚を実現したオイルです。肌の炎症を抑えながら、肌の疲れや老廃物を排出するデトックス効果で、自ら潤う艶やかな肌に導きます。

MAMA BUTTER(ママバター) フェイス&ボディオイル 80ml

MAMA BUTTER(ママバター) フェイス&ボディオイル 80ml

天然の保湿成分・シアオイルの他、オリーブオイルやホホバオイルをブレンドした100%天然由来のフェイス&ボディオイルです。べたつかずすっと肌になじみ、柔らかく潤う肌に仕上げます。保湿はもちろん、マッサージにもおすすめです。

エルバオーガニックス ベビーボディオイル 120ml

エルバオーガニックス ベビーボディオイル 120ml

赤ちゃんのピュアな肌に、うるおいを与えるエルバオーガニックスのボディオイルは、全体のうち99%もオーガニック成分が占めます。刺激を与える人工的な原料ではなく、自然の恵みを最大限に生かした植物性オイルです。

ベタつかないサラリとした使い心地で、うすいヴェールのように天然の皮脂膜となって乾燥から赤ちゃんを守ります。ラベンダーとカモミールのやさしい香りはリラックスには欠かせません。

さいごに

出典:instagram.com

?tagged=%E3%83%9C%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%AB

いかがでしたか?ボディオイルを正しく選び、正しく使うことで保湿はもちろん、美白やハリのあるお肌にすることができます。種類もたくさんあり、効果もさまざまです。

ピカピカ・ツルツル・モチモチのお肌を目指してお風呂上がりのボディケア、ぜひ実践してみてください♪

関連記事

あわせて読みたい

むくみ解消におすすめ♡ボディオイルの使い方&人気商品5選

続きを読む

あわせて読みたい

ボディオイルはお風呂で使う!効果的な使い方&注意点

続きを読む

あわせて読みたい

オーガニックで厳選♡人気ボディオイル7選

続きを読む

- 1 / 1ページ -