あなたはどっち?今すぐできるイエローベースとブルーベースの見分け方とは

自分に合うメイクや髪の色がよくわからない…そんな人は、自分がイエローベースなのかブルーベースなのか知っておきましょう♪自分に合った色を選びやすくなります。

・イエベ
・ブルベ

という言葉はよく耳にすると思います。しかし、意味がわからなかったり見分け方がわからないという人も多いはず。

そこで今回はイエローベースとブルーベースの意味や特徴、見分け方を紹介していきます。

イエローベースとブルーベースを覚えよう

イエローベース、ブルーベースとは肌の色味を大きく2つの特徴に分け、黄色ベースの色と青色ベースの色に分けるベースカラーのことです。

自分がイエローベースなのかブルーベースなのか知っておくと、メイクやヘアカラーの色を選ぶときに自分に合う色を見つけやすく、便利です。

出典:gahag.net

イエローベース、ブルーベースの人の特徴とは、いったい何でしょうか?

イエローベースの人の特徴

黄色よりの肌の色で、日焼けをすると肌が黒くなるタイプの人はイエローベースです。瞳、髪の色が黄色寄りのブラウンです。

イエローベースの人には、黄みよりのピンクなど黄みがかった暖色系の色が似合います。

ブルーベースの人の特徴

よく色白と言われ、日焼けをすると肌が赤くなる人がブルーベースタイプです。瞳や髪が、赤色寄りの黒色です。

ブルーベースの人には、青みよりのピンクなど青みのある色が似合います。

自分簡単にできる見分け方とは?

自分がイエローベースなのかブルーベースなのか見分けることができると、メイクやファッションの色選びでとても便利です。

自分簡単にできる見分け方とはいったい何でしょうか?

見分け方その① 血管の色で見分ける

手のひらを上にして、腕の血管を見てみましょう。

ブルーベースの人は血管が青っぽく、イエローベースの人は血管が緑っぽく見えます。他の人と自分の血管の色を比べてみると、よりわかりやすいですよ。

見分け方その② 白目で見分ける

自分の白目に注目してみましょう。

ブルーベースなら白目がやや水色っぽく、イエローベースなら白目がややアイボリーのような色味をしています。

出典:gahag.net

見分け方その③ 似合うアクセサリーで見分ける

欲しいアクセサリーがあるけど、なんだか自分には似合わない..そんなことはありませんでしたか?

イエローベースの肌にはゴールド系色のアクセサリーが肌の色になじみやすく、ブルーベースの肌にはシルバー系の色のアクセサリーが肌の色になじみやすく似合うとされています。

自分にはどちらの色のアクセサリーが似合うかで判断する、とても簡単な見分け方です。

イエローベースにおすすめのメイク

メイクが自分になじんでいないと感じていた人も、自分のベースカラーに合う色を使えば自分によく馴染む自然なメイクになります。

もう悩むことはありません!こんなメイクを実践して今よりも美しいあなたになりましょう💄

おすすめのアイメイク

イエローベースの肌には、黄色やオレンジなどの暖色系やブラウン、ベージュ、グリーンなどのアースカラーが似合います。

アイシャドウには、ブラウン系やグリーン、カーキ系を選ぶと目元によくなじむのでおすすめです。

目元に華やかさをプラスしたい場合はピーチ系のカラーやオレンジベージュ系がおすすめですよ。

おすすめのリップ&チーク

リップやチークも、イエローベースの肌に馴染みやすいオレンジ系がよく似合います。

ピンク系なら、サーモンピンク、コーラルピンクなど黄色の色味が入ったカラーがおすすめです。

ブルーベースにおすすめのメイク

ここまではイエローベースにおすすめのメイクを紹介しました。では、ブルーベースにおすすめのメイクとは何でしょうか?

ブルーベースの肌の人はぜひ参考にしてみてくださいね♪

おすすめのアイメイク

ブルーベースの肌には青や緑、パープルなどの寒色系が馴染みます。

その他、ラベンダーやミントグリーンなどのパステルカラーやモノトーンもよく似合います。

ブルーベースの肌におすすめなアイシャドウは、ピンクやパープルなどのカラー。肌の透明感を引き立てるだけでなく、華やかさもプラスしてくれます。

ピンク系のアイシャドウが苦手な人は、モーヴブラウンがおすすめですよ。

おすすめのリップ&チーク

ブルーベースの肌には、青みピンクやローズなどのリップやチークがおすすめです。

その他に、赤系のカラーもおすすめ。赤系のカラーはブルーベース肌の白さと透明感を引き立ててくれますよ。

イエローベースの人が注意すること

青みのあるカラーは避ける

イエローベースの人が注意することは、青みのあるカラーを避けることです。

青みピンクやパープルなどを使うと肌がくすんだように見えたり、老けている印象にも…

メイクに青みのあるカラーを使うのは避けましょう。

ブルーベースの人が注意すること

黄みの入った色は避ける

ブルーベースの人が注意することは、黄みの入ったカラーを避けることです。

クリーム系やオレンジ系など黄みの強いカラーを使うとメイクが派手な印象になってしまうので、できる限り避けましょう。

さいごに

イエローベースとブルーベースとは何かわかりましたか?

今まで自分に合う色がわからなかった、メイクが馴染まないことで悩んでいた人は、この記事を参考にしてください。

自分がどちらなのかをチェックして、毎日のメイクをさらに楽しんでくださいね!

関連記事

インナードライ肌を改善する化粧水とおすすめのファンデーション

コスメデコルテのフェイスパウダー♡全5色徹底まとめ【口コミ付き】

【時短で化粧直しをするやり方】きれいな人は1日5回やっている!!

〜2017年完全版〜無印良品で本当に買うべきおすすめ美容アイテム♡