落ちにくい口紅の塗り方を知っておこう!ワンランク上の口紅テクニックも!

口紅を塗る前にしておきたい下準備

突然ですが皆さんは1日にどのくらい口紅を塗り直しますか?朝一度塗った後はそのままという人もいれば、食事のたびに塗りなおすという人もいるでしょう。いずれにせよ、必要であれば塗りなおすという作業がありこれを億劫に思っている女性も多いのではないでしょうか。また、外出時やフォーマルな食事会などなかなか口紅を塗りなおす機会が取れない場合もありますよね。

しかし実は、ある一手間を加えるだけで塗った口紅を長持ちさせる、あるいは落ちにくくさせるテクニックがあるとしたらどうでしょう。きっと知っていて損はないですよね。今回は、そんなワンランク上の口紅テクニックをご紹介していきたいと思います。身につければ役に立つこと間違いなしですので、是非最後まで読んでみてくださいね。

リップクリームを塗る

多くの種類が市販されている、唇に油分や潤いを与えるためのリップクリーム。実はこれを下地としてしっかりと塗ることで唇が保湿された状態になり、その上からのせる口紅のノリが良くなったり発色が良くなるのです。朝の忙しい時間帯などは特に、この一手間を省いてしまいがちですが欠かさず行うことで1日の口紅の持ちが良くなります。

また、あらかじめ唇に油分を与えておくことで乾燥も防ぎ、塗りたての美しい口紅もキープできるのです。時間が経つと出てしまう唇の縦じわ予防にも効果的ですよ。

塗った後数分そのままにする

口紅を塗った後、数分置くことで塗った口紅が唇に馴染み落ちにくくさせることができます。また、この時もちょっとしたテクニックがあります。それは、口紅を塗布後、上下の唇を擦り合わせてから数分置くことでリップマスク効果が生まれ口紅の持続力が高まるのです。是非試してみてください。

ティッシュで軽く押さえる

このテクニックは耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか。まず、口紅を塗ってから一度ティッシュオフします。こうすることで唇の余計な油分が取れ口紅を落ちにくくさせる効果があります。

これは口紅の密着力を高める方法ですので、数回に分けて行うとより効果があります。パーティーや食事会など、なかなか塗りなおしの機会が取れなそうな日の前には何度か時間をかけてティッシュオフしながら口紅を重ねて塗るとかなりの時間、口紅をキープできるかもしれません。

初心者向け落ちにくい口紅の塗り方


口紅を長く持続させる様々なテクニックがわかったところで、仮に口紅の塗り方が間違っていたらせっかくのテクニック効果も半減です。併せて、落ちにくい口紅の塗り方も知っておきたいですよね。もちろん初心者にも易しい、塗り方のコツを具体的に紹介していきます。

リップライナーで輪郭を取り全体的に塗る

口紅を長持ちさせるには、リップライナーを上手く活用する方法があります。リップライナーまたはリップペンシルとは、もともとは唇の輪郭を取って形を整えたり強調する際に使用するものですから、疑問に思った人もいるかもしれませんね。

本来はそのような用途で使うのが一般的ではありますが、実は唇全体に使用することもできるのです。まずは通常通り、唇の輪郭に沿ってラインを引いた後そのまま全体をぬりつぶすように塗っていきましょう。リップライナーで下地を塗る感覚ですね。この一手間を加えるだけで、その上にのる口紅の持続力を高めてくれるのです。

この時注意したいのが、下地にリップクリームが塗ってある場合には油分をティッシュなどでオフしてからリップライナーを使用しましょう。唇の油分が過剰なままだとリップライナーは塗りにくくなってしまいます。

リップブラシで口角から真ん中へ塗る

多くの人は、スティック状の口紅であれば直接唇に塗布する場合が多いでしょう。しかし、口紅を長持ちさせるには口紅専用のブラシを使用することを強くオススメします。なぜなら、リップブラシを使用することで口紅をムラなく塗ることができるのでスティックよりも余分な口紅がのりにくく、かつ唇の表面にある細かい溝にまでしっかり色が入るからです。結果、口紅落ちる因子を防ぎ長持ちさせることができるという仕組みです。

リップブラシでの口紅の塗り方はとてもシンプルです。口角から唇の中心に向かってブラシを滑らせて塗っていきましょう。コツとしては、横ばかりに動かすのはなく唇の繊維に合わせて縦方向にも動かして細かい隙間にも色を入れていくと長持ちしますよ。

ティッシュで唇を軽くあてる

唇に余計な油分があったり、口紅を適量以上に塗ってしまうとかえって口紅が落ちてしまう原因になります。ですので、一度塗り終わった後にはティッシュで余計な口紅をオフしながら重ねて塗っていくと、唇に色がしっかりと入り口紅が落ちにくくなりますので試してみてくださいね。

ここで要注意なのは、塗ってすぐのティッシュオフはしないこと。口紅を塗ってからしばらく置き、唇に色が馴染んできたなというタイミングを見極めてティッシュオフしてくだいね。この一手間を一回でも加えるだけで、ずいぶん口紅が長持ちするといわれています。

口紅にもうひと手間!おすすめのテクニック

口紅を落ちにくくする下準備や塗り方がわかったところで、さらにワンランク上のオススメテクニックも併せて紹介していきたいと思います。最初は慣れない作業に億劫さを感じるかもしれませんが、この一手間で口紅の見た目も持ちも以前よりぐっと良くなること間違い無しですから是非実践してみてくださいね。

コンシーラーで輪郭を消す

メイクの下地や気になる部分をカバーしたい際に活用するコンシーラーですが、実は口紅を塗る前にも活用できる優れもの。こちらも使い方はとてもシンプルで簡単です。まず口紅を塗る前にコンシーラーで唇の輪郭を囲うように塗っていきましょう。

これは、唇と肌の境界線をはっきりと分けさせる目的があります。こうすることで肌と唇それぞれの境目が強調され、見た目にも美しく口紅を塗ることができます。メイクの仕上がりにもメリハリが出て今までと違った印象になりますよ。

リップブラシで仕上げる

多くの方は、リップをそのまま直塗りする方が大半だと思いますが是非オススメしたいのがリップブラシです。めんどくさい、と思ってしまう人もいるかもしれませんが慣れてしまうと、直塗りよりも早く綺麗に仕上がることもありますよ。

それに、何と言ってもリップブラシを活用する利点は多くあります。1つは直塗りよりも細かい部分を塗るのに適していること。直塗りだと塗りにくい口角の部分などははみ出してしまって塗り直し、なんてこともしばしばですがリップブラシなら綺麗に仕上げることができます。また、直塗りだと厚塗りやムラになりがちなのもリップブラシなら適量を塗ることが可能です。さらには細かい唇の繊維まで色が入っていくので持続力も高くなるのです。

指を使って直塗り

ブラシを使うのはやっぱりめんどくさい、という方には指で塗る方法もオススメです。こちらもリップスティックから直塗りではなく一度指に乗せることで適量に抑えることができるので、塗りすぎを防止できます。また、直塗りよりも細かい部分を塗っていくには適していると言えますね。

その日のアイメイクや出掛ける場所によっては口紅は控えめにしたい、なんていう時もこちらの方法はオススメです。指でポンポンと少量乗せることで直塗りにはできない淡いリップメイクが簡単に出来上がります。

人気が高いおすすめの口紅

口紅の効果的な使い方や使用方法が理解できたところで、今度は実際に販売されている口紅の中で特に人気の高い商品もチェックしておきたいですよね。また、人によって口紅に求める仕様やテクスチャーはそれぞれ。それだけ製品も多様化していますから初めて口紅を使ってみようかな、という人もすでに愛用している口紅がある人も是非参考にしてみてくださいね。きっとあなたにぴったりの1本が見つかるはずです。

バーツビーズ (Burt’s Bees) リップスティック #513 ダウスド ローズ


口紅を塗ると物によっては唇に合わず皮膚が剥けてしまったり荒れてしまう、なんて方いませんか。そんな人にぴったりの口紅がこちら。ミツロウをはじめとした天然由来成分100%で構成されており、唇に優しいアイテムです。さらに、複数のオイルも配合されているのでテクスチャーは非常に滑らか。美しい発色と保湿効果を備え合わせた口紅と言えるでしょう。また、とても軽くのるので重めの使用感が苦手、という人にもオススメです。

ナチュラグラッセ ルージュ モイスト 05 (フレッシュピンク) 口紅


とても滑らかなつけ心地で定評のあるこちらのアイテム。セミマットな使用感が、大人っぽくかつ自然なメイクに仕上げてくれます。カラー展開も豊富でナチュラルなシーンからパーティーシーンまで様々なメイクに対応できるお色味が揃っているところもポイント。日本人の肌に馴染みやすいカラーばかりなので、どの色にするか迷ってしまいますね。1本あると重宝しそうです。

シュウウエムラ ルージュ アンリミテッド OR 540


なんともフレッシュな発色が美しいこちらのアイテムは、見ているだけで元気になれそうなリップスティック。鮮やかな発色だけではなく、保湿成分もたっぷり入っているのでメイクしながらリップケアまでできるという優れものです。冬場の乾燥しがちな唇もこれ1本でふっくらジューシーな唇に。洗練されたパッケージもおしゃれでついつい持ち歩きたくなります。

ヤダー ラブリー リップ ティント スティック (02. ピーチ スラッシュ ) 4.3g | 色つきリップ ピンク リップティント 色つき リップス 口紅 オーガニック uv リップバーム 無添加 リップライナー マット リップグロス ワックス リップクリーム


キュートなパッケージが目を引くこちらは女性らしさを引き出してくれるピンクカラー。唇の温度や水分量に反応して鮮明な色に発色をします。また、時間が経つほどに唇本来の美しい色を引き出しそれを長時間持続させることができるのです。また、潤い成分が唇の温度で溶けて水分の蒸発を防ぐことで時間が経っても潤いを失いません。化学成分は不使用なので唇が敏感な方にもオススメしたい1本です。

まとめ

いかがだったでしょうか。リップメイク1つをとっても、落ちにくくするための様々な工夫やテクニックがあることをお分かりいただけたかと思います。口紅の持ちが悪く困っていた方や、長時間メイク直しが出来ない方などは今回のテクニックを是非実践してみてはいかがでしょうか。

美しい唇をしているだけで、周りの方の印象はきっと大きく変わるはずです。これを機会にワンランク上のリップメイクを習得してみてくださいね。