一重さんもアイメイクで印象的な目元になれる!

クールな印象をもつ一重ですが、目が小さい・陰気に見える・メイク映えしないなど、悩みを持つ人も多いのが特徴です。そんな一重でも、アイメイクを変えるだけでパッチリとした可愛い目もとを作ることができます。
  • 一重さんのアイメイクのコツや注意点
  • 一重さんにオススメのアイシャドウの塗り方&アイメイク方法
  • いろんな色をつかったアイメイク法
  • おすすめアイメイクアイテム

について紹介しましょう。

一重さんにオススメのアイシャドウの塗り方&アイメイク方法

ここからは、一重を可愛く綺麗に見せるアイシャドウの塗り方やアイメイク方法を紹介します。簡単にできるので、ぜひ参考にしてみてください。

ナチュラル可愛い、基本の一重のアイメイク

まずは基本のアイメイクの手順を紹介します。

ミディアムカラーをまぶた全体に入れていく

細めの筆を使ってミディアムカラーをまぶた全体に入れていきます。目頭から目尻方向に、全体をぼかしながら丁寧に入れていきましょう。

下瞼、目尻1/3にも乗せていく

下まぶたの目尻から1/3の部分にもカラーを乗せていきます。指で下まぶたを少し下におろし、キワの方に丁寧に入れていきましょう。鏡で確認して、塗り方の足りない部分があれば足していきます。

ピンクを筆に取り、まぶた全体に入れる

ピンクのカラーを筆に取り、まぶた全体に入れていきます。ときどき指でなじませながら、手早く軽やかな感じに入れていきましょう。

下瞼にも乗せる

ピンクのカラーを下まぶたにも乗せていきます。下まぶたには中指を使って乗せましょう。軽く、付け過ぎないのがコツです。

ハイライトカラーを筆に取り、眉下と目頭に入れていく

ハイライトカラーを筆に取って、眉の下の外側1/3と目頭に入れていきます。眉下は内側から外側に向けて流すように、目頭は軽く回すようにして入れましょう。

指に取り、涙袋の一番高い位置にも乗せる

ハイライトカラーを指に取り、涙袋の一番高い位置に軽く乗せましょう。涙袋にもハイライトを入れることで、目もとを明るく見せることができます

アイラインを引く。目尻1/3にも乗せていく

次にアイラインを引いていきます。目頭から目のキワに丁寧に引いていきましょう。目尻に近づくほど太くなるように入れていきます。下まぶたの目尻から1/3の部分にもキワに沿って丁寧に引いていきましょう。

濃いブラウンを、アイラインをぼかすように乗せる

濃いブラウンを筆に取り、アイラインをぼかすように乗せていきます。アイラインの境界をぼかしてなじませるように、手を細かく動かして入れていきましょう。下まぶたのアイラインを引いた部分も同じく乗せていきます。

完成!

以上で、基本のアイメイクが完成です。続いて、デカ目効果がある一重さん向けメイクを見ていきましょう。

デカ目効果も!キュートな雰囲気の一重アイメイク

次に、一重でも大きくぱっちりした目に見せることができる、簡単なアイメイク方法を紹介します。

アイホールに一番明るい色を筆で乗せ、指でぼかす

一番明るい色を筆に取り、アイホール全体に乗せて指でぼかします。一重の目もとを明るく見せるポイントなので、丁寧に乗せていきましょう。

中間の色を、アイホールの真ん中に乗せていく

中間の色を、アイホールの真ん中を中心に外側に向けてぼかしていきます。立体的で魅力的な目もとを演出できるでしょう。

アイラインを目の上と目尻1/3に乗せていく

アイラインを目のキワに丁寧に引いていきましょう。目頭から目尻に向かい、チョンチョンと細かく引いていくのがコツです。下まぶたの目尻から1/3の部分にも引いていきます。目のキワに沿って、丁寧に引いてください。

一番濃い色を太めに乗せる

一番濃い色を筆に取り、アイラインをぼかすように太めに乗せていきます。アイラインと色がなじむように丁寧に入れていきましょう。下まぶたのアイラインを入れた部分も忘れずに乗せてください。

完成!

以上のステップで、一重さんのデカ目メイクが完成です♡

目力がアピールできる、パッチリとした目を印象付けたい方はぜひ試してみてください。

一重さんのアイメイクのコツや注意点

一重の人がアイメイクする場合、目を大きくするためのコツや注意点があります。詳しく見ていきましょう。

コンシーラーでくすみを消しておく

画像引用元:latte

アイシャドウを付けても綺麗に見えない時は、目もとのくすみを消すコンシーラーを使いましょう。コンシーラーの色は、ニキビ肌、赤ら顔の人は赤みを消すグリーンを、くすみをカバーしたい人にはイエロー系のコンシーラーがおすすめです。コンシーラーは目もとに乗せ、指の腹を使って肌になじむようにすり込んでいきましょう。

その際、つける量が多過ぎるとアイシャドウのパウダーが綺麗に乗らない場合があります。量は少なめにして、均一につけるようにしましょう

グラデーションでまぶたに陰影をつける

一重の目を綺麗に見せるには、アイシャドウのグラデーションは不可欠です。グラデーションは目もとに陰影をつける効果があります。

グラデーションのつけ方は、慣れてしまえば難しいことはありません。単色使いでも綺麗に色を出すことができますが、初めての人はパレットを使いましょう。つける順番はメーカーの公式サイト上で見ることができます。慣れるまではその順番を守ると失敗が少ないでしょう。

単色でグラデーションを出す場合、使用する指は人差し指もしくは中指になります

 

指の腹に少量を取り、アイホールからつけていきましょう。

続いて目頭から目尻にかけ、まつ毛の生え際に沿ってゆっくりと引いていきます。

引き終わったら一度目を開け、グラデーションの状態を確認しましょう。

最後に、目尻に強めのラインを入れて完成です。

 

ラメやパールは基本的にNG

画像引用元:latte

一重の目は暗く見えがちですが、ラメやパールのキラキラ要素のあるアイシャドウはおすすめできません。つけた部分のみが光って、一重の目を腫れぼったく見せてしまいます。

一重の目が持つクールな魅力を引き出すアイメイクにするには、マット系のアイシャドウがおすすめです。もし、ラメやパールが入ったアイシャドウを使いたい場合には、少し深みのあるカラーを選ぶようにしましょう

 

いろんな色をつかったアイメイク法


単色使いが難しい人には、さまざまなカラーを使ったアイメイクがおすすめです。具体的に見ていきましょう。

緑やブルーのアイシャドウもおすすめ

画像引用元:latte

一重の人が明るく元気な印象を持つ目もとを目指すには、はっきりとしたカラーを選ぶのがおすすめです。中でも緑やブルーは目もとを爽やかに見せ、肌を明るく見せる効果があります。

まぶた全体に付けると腫れぼったくなってしまうので、目頭、もしくは目尻に差し色として使用しましょう

濃いめピンクは目尻の3分の1にのせる

濃いめピンクのアイカラーは一重の目を腫れぼったく見せるのでNGですが、目じりに差し色として入れる分には可愛らしい雰囲気を出す効果があります。目尻の3分の1ほどに入れるのがいいでしょう。

トレンドの赤やボルドーもこの乗せ方ならOK

画像引用元:latte

今、トレンドのアイシャドウは、赤やボルドーです。赤みが強いカラーは一重の目にはNGですが、差し色として使うなら問題ありません

入れ方は、目尻の3分の1ほどの部分です。目を開けた時に目尻にほんの少し赤やボルドーの色が見えていると、それだけで大人っぽく見えるでしょう。大人女性を目指す人におすすめです

ただし赤やボルドーのアイシャドウを選ぶ時は、肌になじむ色合いにしましょう。赤やボルドーはきつい印象を与えるので、肌になじむカラーでなければ目尻だけが浮いてしまいます。

おすすめ商品

一重の目におすすめで、今トレンドの人気商品を3点紹介しましょう。

資生堂 マキアージュ トゥルーアイシャドー 3.5g RS721


資生堂のマキアージュが誇る、人気抜群のアイシャドウです。長時間ツヤ感が持続するのが特徴。立体的な目もとを演出するカラー展開で、グラデーション初心者の人でも簡単に美しい目もとを作ることができるでしょう

クリスチャンディオール サンク クルール デザイナー 【並行輸入品】 208ネイビーデザイン


在庫切れ続出という、クリスチャンディオールの大人気アイシャドウです。見たままの発色で、付けた時の滑らかさや持ちの良さは、他メーカーやブランドとは一線を画しています

一重の目によく合うシックな濃いめの色合いで、アイシャドウベース、2色のアイシャドウにハイライトライナーという使いやすい5色がセットになっています

カネボウ ルナソル LUNASOL カラフルスカイアイズ 02 Blue Green


5つのカラーがセットになっていて、説明書通りに使えば綺麗なグラデーションができあがります

差し色にもなる爽快なブルーとグリーンのメイン2色に、オフ白とグレーのニュアンスカラー、ライトカラー、目尻を引き締める効果を持つグレーのシェードカラーがセットされています。

まとめ

一重の目はどちらかと言えば、明るい印象を受けにくい目もとです。しかし、そのマイナス要因をアイメイクで簡単に変えることができます。クールでシャープな、すっきりとした目もとを作ることができるのです。アイシャドウのカラー選び、つけ方を研究して、注目される美しい一重を手に入れましょう!