一重さんもアイメイクで印象的な目元になれる!

一重さんのアイメイクのコツや注意点


クールな印象をもつ一重。目が小さい、陰気に見える、メイク映えしない等、それぞれに悩みがあると思いますが、アイメイクを変えるだけで、パッチリとした可愛い目もとをつくることができることをご存知でしょうか。そのアイメイクを手に入れるコツ、メイク時の注意点について、アドバイスします。

コンシーラーでくすみを消しておく

目もとを明るく見せるアイシャドウを付けても、何だか綺麗に見えない。そんな悩みには、目もとのくすみを消してくれるコンシーラーを使いましょう。コンシーラーには、塗りやすいスティックタイプ、肌にピタッとフィットするジェルタイプ、肌に潤いを与えてくれる美容成分配合のクリームタイプ、肌への馴染みの良いリキッドタイプ等があります。

色の選び方についてですが、ニキビ肌、赤ら顔の人は赤みを消してくれるグリーンを、くすみをカバーしたい人にはイエロー系のコンシーラーをおすすめします。コンシーラーの使用方法についてですが、目もとに乗せたら、指の腹を使い肌に馴染むようにすり込んでいきましょう。

その際、量が多い部分、少ない部分があると、アイシャドウのパウダーが綺麗につけられない場合があります。慣れるまでは、量を少なめに取り、ゆっくりと均一に、均等につけられるよう、こまめにつけることをおすすめします。

グラデーションでまぶたに陰影をつける

一重の目を綺麗に見せるには、アイシャドウのグラデーションは不可欠です。グラデーションは、目もとに陰影をつけてくれる効果があり、立体的な顔に変えてくれる救世主ともいうべきテクニックになります。

グラデーションのつけかたは、単色使いでもパレット使いでも慣れれば、そう難しいことはありません。単色使いでも綺麗に色を出すことができますが、初めての人はパレットを購入しましょう。つける順番はメーカーの公式サイト上で掲載されております。慣れるまでは、その順番を守り、つけていくことをおすすめします。

単色でグラデーションを出す場合ですが、使用する指は、人差し指、もしくは中指になります。指の腹に少量を取り、まずアイホールからつけていきましょう。続いて、目頭から目じりにかけ、まつ毛の生え際にそって、ゆっくりと引いていきます。引けたら、一度目を開け、グラデーションの流れを確認しましょう。最後に、目じりに強めのラインを入れて完成です。

ラメやパールは基本的にNG

一重の目は暗く見えがち。だからといって、ラメ、パールのキラキラ要素のあるアイシャドウはおすすめできません。一重の目がもつクールな印象を守りつつ、顔に似合ったアイメイクの方法を手に入れましょう。

なぜ、ラメ、パールが危険なのか。それは、一重の目を腫れぼったく見せてしまうからになります。ラメ、パールはアイホールにつけますが、そのつけた部分のみが光って見えてしまうために、腫れぼったくなってしまうのです。一重の目には、マット系のアイシャドウがおすすめ。もし、ラメ、パールが入ったアイシャドウを使いたい場合には、少し深みのあるアイカラーを選ぶようにしましょう。

なりたいイメージ別のアイメイク法


顔の印象を決めるアイメイクは、なりたい顔をイメージして選ぶことが基本になります。キュートな顔、ナチュラル美人、クールに見えるシャープな印象をつくるには、どのようなアイメイクを心がければ良いのでしょうか。

キュート

若い女性のもつ活発な印象、可愛らしい様をキュートと表現しますが、キュートなメイクは、若い女性だけのものではありません。大人女性でも、アイメイクの方法を変えれば、簡単に手に入れることができます。どんなアイメイクを行えば、キュートな目もとをつくることができるのでしょうか。

まず、絶対に選んではいけないものがピンク系のアイシャドウになります。ピンク系は、可愛いイメージがつくりやすく選びがちなアイカラーになりますが、一重の目には腫れぼったくなってしまい、キュートな印象どころか、ただの勘違いメイクになってしまう恐れがあり、危険です。

一重の目には、ベージュに近いブラウン系アイシャドウがおすすめです。ですが、単色では寂しい印象になってしまうとの不安がある人には、ピンクより深い色合いをもつローズ系のブラウンアイシャドウをプラスしましょう。

ナチュラル


ナチュラルな目もとをつくるには、実は、かなりの腕が必要になります。一重の目は、二重の目と違って、アイシャドウのカラー選び、つけかた次第で、目もとの印象が変わりやすく、肌のトーンに合わせたカラーが選びにくいというデメリットがあります。

そのデメリットを解決し、尚且つ、ナチュラルな目もとをつくってくれるアイシャドウのカラーは、ベージュ系ブラウンアイシャドウになります。ベージュ系といっても、白に近い色は、まぶたを腫れぼったく見せるため、おすすめできません。

肌に馴染むブラウンカラーを選んだら、アイホールに薄くぬって、目頭から目じりにかけて、重ねづけしましょう。ツヤ感のある保湿系アイシャドウならば、つけ過ぎる心配もなく、指で綺麗に広げることができます。

シャープ

シャープな目もとは、一重の目がもつ最大の魅力ではないでしょうか。クールな印象を残したい時はグレー系のアイシャドウを、更にシャープな目もとをつくりたい時は、ブルー系、もしくはカーキ系のアイシャドウを選びましょう。

よりクールな目もとをつくるには、ベースメイクが重要な役目を果たします。ベースメイクには、肌のトーンに合わせ、イエロー系、ブルー系の2色があります。ちなみに、イエロー系にはブラウンをはじめ、ベージュ、オレンジ、カーキ、グリーン等の色がおすすめ、ブルー系のベースにはパープル、ブルー、グレー、ボルドー等の色をおすすめします。

いろんな色をつかったアイメイク法


単色使いが難しい人には、様々なカラーを使ったアイメイクをおすすめします。カラーのチョイスが難しい場合にはメーカー等から発売されているパレットアイシャドウを選びましょう。

緑やブルーのアイシャドウもおすすめ

一重の人が、明るく元気な、活発な印象をもつ目もとを目指すには、はっきりとしたカラーを選ぶこともアイメイクの手段の一つになります。中でも、緑、ブルーといったカラーは、目もとを爽やかに見せ、肌を明るく見せてくれる効果のあるカラーとなっております。

まぶた全体に緑、ブルーのアイカラーをつけると腫れぼったくなってしまうので、使用する際は、目頭、もしくは目じりに差し色として使用しましょう。

濃いめピンクは目尻の3分の1にのせる

目もとを華やかに見せてくれる濃いめピンクのアイカラーは、一重の目にはNGとされるカラーになりますが、目じりに差し色として入れるピンクは、可愛らしい雰囲気を醸し出し、年齢よりも若く見せてくれるという効果をもちます。

但し、入れる時は、目じり3分の1ほどが基本になります。濃いめピンクでも、ピンク同様、腫れぼったく見せてしまうため、メインカラーとしての使用はおすすめできません。

トレンドの赤やボルドーもこののせ方ならOK

今、トレンドのアイシャドウは、赤、ボルドーと言われております。赤みが強いカラーは、一重の目にはNGとなりますが、差し色としての使用なら、問題ありません。

入れ方は、目じり3分の1ほどの部分になります。目を開けた際、目じりにほんの少し赤やボルドーの色が見えていると、それだけで大人っぽく、艶っぽく見えるものです。大人女性を目指す人におすすめのアイカラーとなりますが、ただ一点だけ、注意点があります。

赤、ボルドーのアイシャドウを購入する際、肌に馴染む色合いのものを選ぶことになります。どうかするときつく見える印象をもつ赤、ボルドーのアイシャドウは、肌に馴染むカラーでなければ、目じりだけが浮いてしまい、ただの派手な顔になる人も少なくありません。

おすすめ商品

一重の目には、どの商品がおすすめなのか。今、トレンドの、ベストセラーの人気商品を3つ紹介します。

資生堂 マキアージュ トゥルーアイシャドー 3.5g RS721


資生堂 マキアージュ トゥルーアイシャドー 3.5g RS721は、資生堂の中でも大人気のシリーズであるマキアージュが誇る人気の高いアイシャドウになります。長時間持続、ツヤ感が、このアイシャドウの人気を支えておりますが、ただそれだけの商品ではありません。

5色すべて使用するだけで、立体的な顔、目もとを演出してくれるカラー展開となっており、グラデーション初心者の人でも、簡単に手軽に目もとをつくることができる商品になります。

愛用中のお客さまからも、毎日使いのブラウン系、何回もリピしています、目の下用のハイライトがくすみを消してくれる、グラデーションが苦手な私でも5色全部使っている、説明通りにつけていくだけで陰影ができる等、高い評価をもらう資生堂コスメの中でも、随一の人気を誇るアイシャドウとなっております。

クリスチャンディオール サンク クルール デザイナー 【並行輸入品】 208ネイビーデザイン


在庫切れ続出の、クリスチャンディオール大人気のアイシャドウになります。ディオールのブルーと言えば、こちらの商品を思いだす人も多いのではないでしょうか。見たままの発色、つけた時の滑らかさ、モチの良さは、他メーカー、ブランドと一線を画しております。

一重の目に合いやすいシックな濃いめのブルーは、肌に馴染みやすいマット系を主流に、ハイライト、ミディアムと使いやすい5色がセットになっております。ただ、こちらの商品は、海外商品となっております。日本国内で販売されているショップを探す手間、到着に多少の時間がかかることがデメリットとなりますが、探す手間、時間がかかっても、待つ甲斐のある商品と言っても過言ではありません。

カネボウ ルナソル LUNASOL カラフルスカイアイズ 02 Blue Green


発色の良さ、コスパ、カラー展開に好評のあるカネボウが販売しているルナソル LUNASOL カラフルスカイアイズ 02 Blue Greenは、一重の目におすすめのアイシャドウとなっております。メイン、ライト、ニュアンス、シェードと5つのカラーがセットになっておりますが、説明書通りにつけていけば、グラデーションができあがります。

ちなみに、カネボウ ルナソル LUNASOL カラフルスカイアイズ 02 Blue Greenには、差し色にもなる爽快なブルーとグリーンのメイン2色に、オフ白とグレーのニュアンスカラー、ライトカラー、目じりを引き締める効果をもつグレーのシェードがセットされております。

まとめ


一重の目は、どちらかと言えば、暗い、大人しい、陰気に見える等、明るい印象を受けにくい目もとになります。ですが、そのデメリットとなっているマイナス要因をアイメイクで克服することができれば、クールでシャープな、すっきりとした目もとをつくることができます。アイシャドウのカラー選び、つけかたを研究し、お気に入りの目もとをゲットしましょう。